すべて

【事例あり】生成AIをマーケティングに活用するメリットとリスク|おすすめ生成AIも紹介します

生成AI マーケディング(アイキャッチ)

近年、マーケティングに生成AIを導入する企業が増えてきました。学習したデータを活用してオリジナルデータを生成するAI「生成AI」は、クリエイティブな成果物を生み出せることから「業務効率の向上」「コストの削減」「提案力の強化」に非常に有効的です。

生成AIの活用を通じて、生産性の向上が実現できることはもちろんのこと、現在リソース不足により外注化を図っている企業も内製化に転換できる可能性があります。

今回は、マーケティングの業務に生成AIを活用するメリットやリスク、活用事例をご紹介します。おすすめの生成AIも紹介するので、現段階で導入する生成AIが決まっていない企業の方も、ぜひ一度ご覧ください。

1.生成AIの活用によりマーケティング領域でできること

生成AIをマーケティングに活用することで業務効率の向上やコスト削減、提案力の強化が実現できます。単純作業やルーティンワークから解放され、施策立案や戦略策定に時間を割けるため、より精度の高いマーケティング戦略が打ち出せるようになるでしょう。

それでは以下から、生成AIの活用により具体的にマーケティング領域でできることを紹介します。

<生成AIによりマーケティング領域に活かせること>

 

消費者心理・市場の分析

まず一つ目として、生成AIの活用により、消費者心理や市場などの分析を効率化できます。人間が手動で収集・分析するには相当な時間と労力がかかり、さらに情報に主観的要素や偏りが出ることも少なくありません。しかし、人と比べて生成AIは膨大なデータを正確に収集することが得意です。データから趣向、行動、履歴などさまざまな切り口で分析することにより、精度の高い分析結果を導き出してくれるでしょう。

AIが分析したデータに基づき検討することで、効果的なマーケティングが実現できます。

コンテンツ・広告の作成・分析

コンテンツ制作や広告作成は非常に労力がかかる仕事であり、自社のリソースを圧迫したり、外注のコストがかかったりと、企業を悩ませる要因のひとつでもあります。しかし近年台頭した生成AIを用いることで、リソースもコストもかけずに簡単にコンテンツや広告の作成が可能になったのです。

具体的に言うと、文章や画像、イラストや動画、広告文などを素人でも簡単に、かつ短時間で作成できます。また、制作はもちろんのこと、効果予測や効果分析まで行えるツールも多いため、改善までをスムーズに行えるでしょう。制作に割く時間が減ることで施策立案に割ける時間が増え、より綿密かつ正確性の高い戦略を実行できるようになります。

Webサイトのデザイン

近年では、Webデザインを行ってくれる生成AIも少なくありません。これまでWebデザイナーを採用したり、外部に発注して作成していたものが、ボタン一つで求めるデザインを作れるため、多くの企業で採用されています。デザインやプログラミングの知識がなくても、簡単にバナーやWebサイトが作成できるため、コスト削減やスケジュールの短縮にも貢献してくれるでしょう。

Webサイトは、集客面や売上に繋がる非常に重要なものです。それらがコストの関係やリソースの問題で改善できないとなれば、企業としても損失に繋がりかねません。企業の経営を支える要素として重要なWebサイトの改善にも、生成AIの活用は役立つでしょう。

SNSの自動運用

現代において、SNSを通した販売促進活動が活発ですが、簡単に見えてネタ探しや投稿内容の作成、バナーの用意、とSNSの運用は非常に労力がいるものです。しかし、生成AIを利用することで、ある程度SNSの自動運用もできてしまいます。

たとえば、最適なハッシュタグのレコメンドやSNSの投稿文章を自動作成、簡単な指示での画像作成など、現在はあらゆる生成AIツールがあるため、運用にあたって手動で行うことはほとんどなくなります。

また、トレンドや最新情報を簡単に入手できるツールもあり、投稿内容に頭を悩ませる日々からも解放されます。手動で運用するよりも客観的にお客様が求める情報を発信できる可能性も高く、SNSを少ない人数で運用できるようになるでしょう。

ECサイト運用の自動化

ECサイトの運用においても生成AIが活躍します。たとえば何百もの商品詳細ページを管理できたり、現サイトの課題を提示してもらうこともできます。生成AIをECサイトに活用できれば、データ分析に基づく商品の販売予測や、ターゲティングしたユーザー向け商品の表示などが可能となります。それによりユーザー体験が向上し、売上・収益の増加も期待できるでしょう。

また、お問い合わせをチャットボットで行うECサイトも増えつつあります。お客様一人一人への対応は非常に手間で時間がかかりますが、チャットボットがマニュアルから自動で回答してくれることで、リソース不足の解消やお客様の満足度を向上させることが可能です。

議事録の要約や資料作り

生成AIは、議事録の要約や資料作りも得意としています。人が議事録を作成する場合、会議を聞きながらメモを取り、整理して文書にまとめるため時間と手間がかかり、ミスや漏れも発生します。

しかし、生成AIは入力された音声を認識して自動でテキスト化するため、手間もかからず漏れのない議事録が作成できるでしょう。

また、資料作りにおいても、さまざまな文章の要約や画像の検索などを生成AIが行ってくれることで、表現方法やまとめ方に頭を悩ませることが少なくなります。一から人が作るより、遥かに効率的な仕事が実現できるでしょう。

2.生成AIをマーケティングに活用する3つのメリット

生成AIはさまざまなビジネスに活用できる可能性を秘めていますが、特にマーケティングにおいて大きな効果をもたらします。以下から、生成AIをマーケティングに活用する3つのメリットを解説します。

業務の効率化

生成AI活用の1つ目のメリットとして、マーケティング業務の効率化があります。

マーケティングは、現状分析、課題の洗い出し、市場分析や競合分析、改善策の立案、実行と非常に幅広い仕事をこなさなくてはいけません。そのため、いかに効率よく仕事をこなすかが重要となりますが、リソース不足により中途半端な仕事になったり、ミスの増加、残業続きによるモチベーションの低下にも繋がりやすいのです。

しかし、生成AIを活用すれば、情報の入手が簡単となったり、施策に使用する画像や文章の作成を簡単に行うことができます。これによりマーケターは、集められた情報をもとに分析し、施策の立案に注力することができるようになります。つまり、リソース不足を解消できることはもちろんのこと、戦略をよく練ることができ、高い精度で効果が得られるのです。

生成AIで業務の効率化ができれば、生産性の高い業務に注力できるでしょう。

コストの削減

生成AI活用の2つ目のメリットは、企業におけるコストの削減です。

生成AIは、大量の業務を短時間で完了させることが特徴です。それまで人が担っていた業務を生成AIに切り替えることで、企業は労働コストを大幅に削減することができるでしょう。

デザインやプログラムなど専門人材を必要とする業務も、生成AIが活用できるようになると専門人材にかかるコストを抑制できるほか、製造プロセスに生成AIを導入すれば、生産コストの削減にも寄与します。

生成AIは、コスト削減において非常に強力な味方です。上手に活用することで、企業経営においても非常に良い影響を与えてくれるでしょう。

提案力の強化

生成AI活用の3つ目のメリットとして、提案力の強化も見逃せません。

人間が複数の提案パターンを考えるには多くの時間と労力がかかる一方で、生成AIは課題に対して広範囲の視点から複数のアイデアを一瞬で提供することが可能です。

生成AIのアイデアをもとに、より理想的な提案内容にブラッシュアップすることは非常に効率的です。まだ自分の考えがまとまらない場合でも、情報を生成AIに与えることでアイデアを生み出すきっかけになるかもしれません。

3.生成AIをマーケティングに活用する3つのリスク

生成AIは、メリットが大きい反面、リスクとなる可能性も秘めています。以下からは、生成AIをマーケティングに活用する3つのリスクについて解説します。

情報漏洩の可能性がある

生成AIの1つ目のリスクが情報漏洩です。

生成AIの中でも、誰でもインターネット上で利用できる「公開ツール」は、特に情報漏洩に繋がる危険性が高いです。生成AIは入力内容がサービス元のデータベースに蓄積され、生成AIの学習に使われます。もし、機密情報や顧客の個人情報を入力してしまうと、情報が外部に流出する可能性があるので注意しましょう。

なお、リスク回避のためには、以下の対応をおすすめします。

  • 「機密情報や顧客の個人情報などの重要な情報は入力しない」などのガイドラインを策定し厳格に遵守する
  • 利用する生成AIは「非公開ツール」を選択する
  • 「公開ツール」を利用する場合は、入力内容を学習しないモードを利用する

個人情報漏洩で企業の信用を失墜しないよう、十分に注意しましょう。

精度が悪いと修正や対応にかえって時間がかかる

生成AIの2つ目のリスクは、精度の問題です。

生成AIの生成物は、学習したデータをもとにAIが確率的に組み合わせたものであり、情報の正確性は加味されていません。

そのため、事実と異なる内容や矛盾した表現を出力する「ハルミネーション」が発生します。実際に、ChatGPTがある人物の名誉を傷つける誤情報を公開したために訴訟問題に発展した事例もあります。また、利用者側が正確性に欠けるデータを使用することで、生成AIが正確な分析ができず誤った判断をしてしまう可能性も否定できません。生成AIの活用は、企業の信頼性の失墜にも繋がりかねないため、使用する際は十分に気を付けましょう。

なお、このようなリスク回避のためには、以下の対応をおすすめします。

  • 人による真偽や内容の確認や修正を行う
  • 特に重要な情報は出典を明らかにする

誤情報に振り回されないように、最後は人が責任を持ちましょう。

著作権を侵害してしまう可能性がある

生成AIの3つ目のリスクが、著作権の侵害です。

生成AIが創り出した画像などのコンテンツが、著作権侵害となる可能性があります。著作権侵害は、既存の著作物と似ている「類似性」と、既存の著作物を利用して創作された「依拠性」を満たすと認められます。生成AIが生み出したコピーがすでに利用されている可能性も否定できません。

また、著作権を侵害していなくても既視感を与えるコンテンツはリスクが高いです。イラストやマンガなどは世間の目が厳しく、SNSで炎上するケースもしばしばあります。

そのため、リスク回避のために以下の対応を行ってください。

  • 生成AIのコンテンツ利用におけるガイドラインを策定する
  • マンガやイラスト風のタッチは極力避ける

4.マーケティングへ活用する際の生成AIの今後の課題

生成AIはメリットが非常に大きい一方で課題もあります。

1つは、正確な学習データによる精度の向上です。生成AIはデータをそのまま学習してしまうため、誤った情報や偏った情報を学習すると正確な生成物を作成することができません。そのため、いかに信頼性の高い情報を均衡化して学習させるかが課題となっています。

もう1つは、人とAIとの協働です。

「AIによって無くなる職業」という話をよく耳にします。確かに生成AIが代替する仕事もありますが、AIが人を補完する役割を果たすという考え方もあります。AIと人がそれぞれ得意な部分を活かすことで、新たな価値を生み出せるような協働関係を築くことが課題と言えます。

5.生成AIを企業で活用した3つの事例

生成AIのメリットやリスクを説明してきましたが「他社ではどのように活用しているのか」と疑問に思う方もいるのではないでしょうか。

実際の事例を知る方が理解が深まるでしょう。

ここからは、生成AIを企業で活用した3つの事例を紹介します。

ライブドア:生成AIによる自動ニュース配信

ライブドアは、ChatGPTや自動音声などの生成AIを活用した自動ニュース配信「ライブドアニュース24」を2023年9月にリリースしました。

記事のピックアップから、原稿作成、音声読み上げ、動画配信まですべて自動で行っており、人的リソースやコストの大幅削減につながっています。

また、キャスターには「速水(はやみ)」というキャラクターを採用し、デジタルネイティブ世代Bをターゲットとするとともに無人での24時間配信を可能としました。24時間いつでも見られることは、幅広い年齢層から支持を獲得しやすいと言えます。たとえば、近年では若者の政治への関心が離れているということが話題に上がっていますが、24時間配信をしていることで目に触れる機会も増え、興味や関心を引くことにもつながるでしょう。あらゆるジャンルに広がっていけば、多くの顧客獲得にも繋がることが考えられるため、経営成長の期待も大きいと考えられます。

コカ・コーラ:生成AIによる情報検索システム

コカ・コーラは、社内イントラネット上に生成AIによる情報検索システムを構築しています。さまざまな社内資料の情報を学習した生成AIが、ユーザーが求めた情報を効率的に探し出して瞬時に提供する機能です。探し出した情報を単純に提供するのではなく、生成AIが約100語に要約して提示してくれるので、社員が資料の概要を瞬時に理解できるようになっています。

これにより、コカ・コーラの社員は必要な情報を瞬時にピックアップでき、業務の効率化が図れています。

その他にもコカ・コーラでは、AIを活用したアート作品を制作するプラットホームを立ち上げたり、AIと商品を共同開発したりと、AIを先進的に活用しています。

江崎グリコ:生成AIを活用した需要予測

江崎グリコでは、生成AIを活用して新製品や各種商品の需要予測を立てています。売れ残りが生じると、在庫廃棄や特売につながり収益悪化の原因となってしまいますが、それぞれの商品の売れ行きを精緻に予測することで、売れ残りや販売機会損失の防止を可能としています。

さらに、生成AIの分析に基づき生産計画や広告戦略に反映させることで、より機動的な戦略変更を可能としています。江崎グリコは、これ以外にもAIチャットボットの導入や商品開発におけるAIの活用など、積極的にAIを活用している企業といえます。

2022年以降にはAIベンチャー出身の長谷川順一氏を常務執行役員として迎えるなど、あらゆる変革を起こしているため、今後も生成AIを活用したマーケティング戦略に注目です。

6.【文章作成AI】マーケティングに役立つ生成AI3選

マーケティングに生成AIを利用するうえで、文章作成AIがまず思い浮かぶのではないでしょうか。ここでは、マーケティングに役立つ文章作成AI3選を紹介します。

  • ChatGPT
  • Bard
  • Bing AI

以下から、特徴・料金についてご紹介するのでぜひ導入の参考にしてください。

ChatGPT

名称 ChatGPT
提供元 OpenAI
会員登録 必要
価格 無料版あり
有料版:20ドル/月

ChatGPTは、自然言語処理モデル「GPT」をもとにした対話型のAIチャットサービスです。検索エンジンで検索するのと同様に、自らが気になった情報を検索でき、チャットが瞬時に回答してくれます。検索エンジンで情報を探し当てる手間がなく、簡単に知りたい情報を得られることで、利用者の支持を得ています。

ChatGPTでは、人間とチャットしているような対話を通じて、メールやコンテンツの作成、テキスト要約や翻訳などあらゆる文章作成も可能です。文章作成の規定を作成し、チャットに投稿することで、規定に沿った文章を生成してもらえるため、編集や添削作業の手間も少ないというメリットがあります。

また、各種プログラミング言語にも対応しているので、プログラム生成も可能です。スマホアプリもあり、非常に身近な生成AIといえるでしょう。

Bard

名称 Bard
提供元 Google
会員登録 Googleアカウントが必要
価格 無料

Bardは、Googleが大規模言語モデル「LaMDA」をもとに開発した無料の対話型AIサービスです。チャット形式でのやり取りが可能な点はchatGPTと相違ありませんが、クリエイティブなコンテンツ制作にはBardの方が優れています。たとえば、Webページの要約や最新情報の調査はもちろん、施策で利用しているバナーを画像検索にかけることで、キャッチコピーの改善案まで出してくれます。また、文章の長さやトーンなどもカスタマイズできる点も特徴と言えるでしょう。

なお、BardはGoogle検索を通じて直近の情報にアクセスして回答するので、最新情報や事実に基づく回答が期待できます。

Bing AI

名称 Bing AI
提供元 Microsoft
会員登録 不要
価格 無料

Bing AIは、Microsoftが検索エンジン「Bing」と言語モデル「GPT-4」から作り上げた対話型の会話型AIです。文章作成だけでなく、テキストから画像が生成できたり画像や動画を使って回答されたりする点が他のAIと異なります。詩や物語を含め、クリエイティブな文章作成も得意なため、マーケターの仕事にも役立つことでしょう。

なお、Bing AIはユーザーの検索意図と回答のマッチ率が高いとも言われています。会話型AIのため、こちらの意図しない回答も少なくないですが、マッチ率が高いことで、何度も検索し直す手間が省け、よりリソースの圧迫を防ぐことができるでしょう。

7.【画像作成AI】マーケティングに役立つ生成AI3選

文章だけでなく画像もAIで作成できれば、短時間でプレゼンテーションが可能になるでしょう。また、クリエイティブを使ったマーケティング施策にも役立ちます。そこで以下からは、マーケティングに役立つ画像生成AI3選を紹介します。

  • Canva
  • Adobe Firefly
  • Stable Diffusion
  • Canva

    名称 Canva
    提供元 Canva
    会員登録 必要
    価格 無料版あり
    Pro:1,500円/月

    Canvaは、無料でも利用できるグラフィックデザインツールです。デザインに関する専門知識がなくても、ブラウザ上でデザイン編集ができるのは、ちょっとした画像が欲しい際に非常に役立つでしょう。また、デザインセンスがないという人でも、多種多様なテンプレートから適したデザインを選んで編集できるため安心です。

    また、CanvaではAI 画像生成機能「Magic Media」が提供されており、キーワードを入力してスタイルを選択することで複数のAI画像が生成される機能もあります。生成された画像の編集機能も充実しており、イラストや文字を加えるなどでオリジナルで理想的な画像制作ができるでしょう。

    Adobe Firefly

  • 名称 Adobe Firefly
    提供元 Adobe
    会員登録 必要
    価格 無料版あり

    プレミアムプラン:680円/月

    Adobe Fireflyは、Adobeが提供する画像生成AIツールで「illustrator」や「Photoshop」などのAdobeサービスで利用できます。テキストや画像から新しいコンテンツを創り出すことができます。著作権の心配がない画像だけでAIを学習させており、著作権のトラブルが防止されているのも特長です。

    Stable Diffusion

  • 名称 Stable Diffusion
    提供元 Stability AI
    会員登録 必要
    価格 無料(一部有料あり)

    Stable Diffusionは、Stability AIが2022年に公開された画像生成AIです。テキストから画像を生成するツールで、安定して高いクオリティの画像を生成できます。Webブラウザ上で使えて、テキスト入力で画像生成が行えるため、専門知識がなくても安心です。

    また、照明の調整やフィルター設定が可能で柔軟性が高い特徴があります。なお、生成画像に対しての権利を主張していないため、商用にも自由に画像を利用できるのは嬉しいポイントと言えるでしょう。

    8.【動画作成AI】マーケティングに役立つ生成AI3選

    現在において動画もAIが生成してくれる時代となりました。ここからは、マーケティングに役立つ動画作成AI3選を紹介します。

    • FlexClip
    • Elai
    • Kaiber

     

    FlexClip

     

  • 名称 FlexClip
    提供元 PearlMountain
    会員登録 必要
    価格 無料プランあり
    プラスプラン:9.99ドル/月
    ビジネスプラン:19.99ドル/月

    FlexClipは、オンライン動画編集ツールであると同時に日本語対応している動画編集ソフトです。素材やテンプレ―トが豊富なため、自ら撮影に勤しむ必要もなく、スムーズに動画が作成できます。無料の場合は、最長1分のみの動画にはなりますが、TikTokやXなど、SNSマーケティングに活用する分には十分と言えるでしょう。有料版ともなれば、高画質に対応し、最大30分までの動画も作成できます。

    操作性も直観的で分かりやすく、動画編集の初心者でも簡単に使えますし、アプリのインストールが必要ないのもおすすめポイントです。

    Elai

  • 名称 Elai
    提供元 Elai.
    会員登録 必要
    価格 無料版あり
    Basic:23ドル/月
    Advanced:100ドル/月
    Custom:ask

    Elaiは、わずか3クリックでテキストからプロ品質の動画を生成できる動画作成AIツールです。プロ並みの動画が簡単に作成できると評判で、ビデオ制作に必要なテキスト、画像、音声、動画などを自由に組み合わせられます。AIアバターが話す動画を自動で生成できたり、映像内にクイズや質問を追加できたり機能が充実しており、使いやすいインターフェースが人気です。なお、プライバシー保護にも力を入れているため、企業で取り入れられるのも強みと言えるでしょう。

    Kaiber

  • 名称 Kaiber
    提供元 Kaiber AI
    会員登録 必要
    価格 無料トライアルあり
    Explorer:5ドル/月
    Pro:10ドル/月
    Artist:25ドル/月

    Kaiberは、Linkin ParkのMVを生成したことで話題にもなった動画生成AIツールです。テキストや静止画から動画を簡単に作成することができたり、映像からAIがシーンを抽出して編集する機能もあるため、映像制作者にとっては効率が大きく上がるでしょう。有料プランを使用すれば、商用利用も可能となるため、手軽にオリジナル動画を作成したい企業におすすめです。

    9.まとめ

    近年、業務効率の向上やコスト削減を目的として、マーケティングに生成AIを導入する企業が増えてきました。

    マーケティングに活用できる生成AIの利用用途は以下のとおりです。

    <生成AIによりマーケティング領域に活かせること>

  • 消費者心理・市場の分析
  • コンテンツ・広告の作成・分析
  • Webサイトのデザイン
  • SNSの自動運用
  • ECサイト運用の自動化
  • 議事録の要約や資料作り
  • マーケティング領域は、現状分析から市場調査、改善策の立案、実行と幅広い業務を行う必要があり、どの企業でもリソース不足に陥っています。生成AIはそれらを解消するために非常に有効的な手段であり、活用することで人間の柔軟性や生成AIでは成し得ない高度な戦略
    立案ができるようになるでしょう。

    マーケティング領域は、企業の経営を担う中核の存在です。より戦略的かつ有効的な戦略を実行するためにも、生成AIの活用は必要不可欠と言えるでしょう。生成AIは無料で利用できるものも多いため、興味がある方はぜひ一度試してみてください。

    みらいワークスでは、19,000名以上のプロフェッショナル人材が企業の経営課題を解決しております。マーケティングコンサルなど専門的な知識を持つプロ人材もアサイン可能です。興味を持った方は、ぜひお気軽にご相談下さいませ。



    (株式会社みらいワークス Freeconsultant.jp編集部)

関連記事

おすすめ記事

  1. アンゾフ成長マトリクスを活用したビジネス戦略とは?4つの成功事業事例も紹介

  2. マーケティングDXがもたらす変革とは?成功事例や成果を上げる3つの実装ポイントを解説!

  3. 【プロ監修】AIって何ができるの?今さら聞けないAIの得意なこと・不得意なこと

  4. 日本企業における金融DXの動向は? DX推進プロジェクトに役立つ成功事例9選

  5. 基幹システムとは? 業務システムやERPとの違い、リプレースのポイントもわかりやすく解説

  6. DX推進指標とは? DXの課題解決に繋がる指標の活用ポイントを解説

  7. 人事戦略におけるキャリア採用の重要性とは?自社導入する前に知っておきたいメリットやデメリットを解説!

  8. 【プロ監修】プロジェクトマネジメント成功の3つのポイントとは?

  9. 【活用事例あり】ブロックチェーンのビジネス活用が成長の鍵!?世界で急成長する市場規模にも注目!

  10. 【プロ監修】DX人材の採用戦略、成功のカギはチームの作り方

TOP