コンサル就活専用登録フォーム

【戦略コンサルへの転職】転職を成功させる対策や人気のコンサルファームも紹介

戦略コンサルへの転職を成功させる方法!面接対策・人気のコンサルファームも紹介!

戦略コンサルタントという職種は、多くのビジネスパーソンにとって非常に魅力的なキャリアの一つとされており、人気の転職先です。

高い年収、クライアント企業のビジネス戦略に大きな影響を与える機会、そして成長し続けるための多くの挑戦がこの職種にはあります。

敷居が高く思われがちですが、求められるスキルを持っていれば未経験でも転職をすることは可能です。

目次

未経験で戦略コンサルへの転職は厳しい道?

「未経験で戦略コンサルへの転職は厳しい道?」こんな疑問を持っている方もいるのではないでしょうか?

確かに戦略コンサルタントという職種は専門性が高く、一見敷居が高いように思えます。

しかし、実は未経験者でも成功する道は存在します。

未経験の場合、専門知識をもっていないのは当たり前のこと。そのため、ポテンシャルをみて採用か否かを決めてもらえます。

近年では未経験者歓迎の求人も増えているため、そのような求人に応募してみると良いでしょう。

なお、ポテンシャルで採用を決められる場合、以下のようなスキルをアピールできると、採用率が上がる可能性があります。

  • 論理的思考力
  • コミュニケーション力
  • プロジェクト管理力
  • 分析能力

戦略コンサルとして活躍したいならこれらのスキルは特に重要です。

転職しやすいのは何歳まで?

一般的に、30歳前後までが転職市場で最も転職成功率が高いとされています。
しかし、それは一概に戦略コンサルにも当てはまるわけではありません。

  • 20代後半:未経験でも受け入れられやすく、キャリア形成に柔軟な選択ができる
  • 30代前半:経験を活かせるポジションも増えますが、未経験での転職は20代に比べ大変
  • 30代後半以降:高い専門スキルや業績が必要とされる

年齢が進むにつれて転職が難しくなる可能性はありますが、適切なスキルとネットワークを持っていれば十分に転職できます。

戦略コンサルへの転職に年齢は関係ありますが、それ以上にスキルや経験、そして情熱が重要です。

戦略コンサルの仕事内容

戦略コンサルとして転職するにあたって、理解しておくべきことのひとつが仕事内容。

戦略コンサルでは、主に以下の階級に分かれており、仕事内容もさまざまです。

  • アナリスト
  • コンサルタント
  • マネージャー
  • パートナー

それぞれの仕事内容と求められるスキルについて、以下から説明していきます。

アナリスト

アナリストは入社直後などの、スタートポジションです。

主な業務内容は調査や分析で、企業の増資や製品開発の動向、収益や経営状態などを分析し、企業の未来を予測、導く仕事を行います。

コンサルタントの補佐的な立ち位置で、調査・分析の他、資料作成も行います。

<アナリストの仕事内容>

  • データ収集: 市場調査やクライアントからの情報を収集する
  • 分析作業: 収集したデータを分析し、戦略の方向性を決定する
  • レポート作成: 分析結果をまとめ、プレゼンテーション資料を作成する
  • クライアント対応: 分析結果をもとに、クライアントに戦略提案を行う

そんなアナリストに求められるスキルは次のとおり。

<アナリストに求められるスキル>

  • データ分析力
  • コミュニケーション力
  • プレゼンテーション力
  • 問題解決能力

これらは他の業界や職種でも必要なスキルであり、未経験者でも事前に準備ができます。

コンサルタント

コンサルタントは、新卒から3~4年ほどの経験を積むことで貰える階級です。

アナリストが調査した内容をもとに仮説立案をおこなったり、一定の裁量をもっているため、自ら目標達成のための業務をすすめて行きます。

スケジュールやタスク管理、またクライアントとの信頼構築や業務遂行の指示までを担います。

<コンサルタントの仕事内容>

  • 戦略立案: クライアントのビジネス課題に対する戦略設計
  • チームマネジメント: プロジェクトの進行を監督し、チームメンバーを指導する
  • クライアント対応: クライアントとのミーティングで戦略を説明し、フィードバックをする
  • 新規ビジネス開発: 企業に対して新しいプロジェクトやパートナーシップを提案する

必要なスキルとしてはこちらです。

<コンサルタントに求められるスキル>

  • リーダーシップ
  • 戦略的思考力
  • 高いコミュニケーション能力
  • プロジェクトマネジメント

これらのスキルは、多くのビジネスシーンで求められるもので、未経験者でも磨ける要素があります。

入社前にスキルを磨いておくことで、いざ実際にコンサルタントとして働く際にも、スムーズに業務を進行できるでしょう。

マネージャー

マネージャーは、アナリストやコンサルタントを経験したうえで、さらにそれらの人間を指揮する立場になります。

アナリストやコンサルタントのマネジメントはもちろん、プロジェクトの責任者としての役割を担うため、コンサルタントよりもさらに重大な責任を伴います。

<マネージャーの仕事内容>

  • プロジェクト監督: クライアントの要望に基づき、プロジェクトの全体計画と進行を管理する
  • チームリーダー: コンサルタントやアナリストの業務を指導し、パフォーマンスを最大限に引き出す
  • 戦略策定: クライアントと協力して長期戦略を構築し、ビジネスの成功に寄与する
  • 新規ビジネス開発: 会社の成長戦略に沿った新しいビジネス機会を発掘する

また、マネージャーに求められるスキルとしてはこちらが求められます。

<マネージャーに求められるスキル>

  • 高度な戦略的思考
  • チームマネジメント
  • クライアント対応力
  • ビジネスアキュメン

マネジメントの経験があれば有利ですが、完全未経験の場合は難しいです。

パートナー

パートナーは、コンサルティング企業の共同経営者のことを指します。

アナリスト・コンサルタント・マネージャーとはまったく異なり、主に企業の経営者として動くことになります。

<パートナーの仕事内容>

  • 顧客開拓・プロジェクト受注: 顧客を開拓し、新たなプロジェクトを受注する営業業務
  • 組織運営: 自社のビジネス運営にも深く関与し、組織の成長を促す

現場でのコンサルタント業務からは離れますが、クライアントへの提案書の作成といった細かな業務もあります。

また、人材をどう育てていくかや企業としてどのような成長戦略を描くのか、といったところも仕事のひとつです。

<パートナーに求められるスキル>

  • ビジネス開発能力
  • 高度なアナリティクス
  • チームリーダーシップ
  • コミュニケーション力

パートナーまで昇進できるのはほんの一握り。しかし、パートナー経験者に話を聞くと、コンサルタントはパートナーにならなくては真の魅力は分からない、と語る人も少なくありません。

今からコンサルタントとしての転職を考えている人は、将来的にパートナーになることを目標にしてみるのも良いでしょう。

戦略コンサルに転職するやりがい・魅力

コンサルタントは給料が良い、激務などさまざまな噂が飛び交う仕事ですが、実際のところ、やりがいや魅力がどんなことなのか知りたいのではないでしょうか?

以下から、戦略コンサルのやりがいと魅力について紹介していきます。

  • 高いレベルで仕事をする面白さ
  • 経営課題を解決する達成感
  • グローバルな環境での学びがある
  • 年収が高い

気になる方は、ぜひ参考にしてください。

高いレベルで仕事をする面白さ

戦略コンサルの仕事は、主に経営層がクライアントとなるため、経営視点にたっての業務遂行が必要となります。

つまり、経営に関する知識が必要不可欠で、さらにその企業の業種の知識も求められるということです。

企業の経営を左右する課題の解決を進めるため、非常に難しい仕事ではありますが、解決した後は非常に大きな達成感を得られます。

プロジェクトごとにチームが組まれ、そのチームがどういう戦略を立て、そしてその過程で起こる数々の課題など、それらを楽しめる人はコンサルタントに向いているといえるでしょう。

経営課題を解決する達成感

戦略コンサルタントの主な仕事は、企業や組織の経営課題を解決することです。その過程で高度な分析や戦略立案、プロジェクトマネージメントに従事することも少なくありません。

大きなプロジェクトであればあるほど、その過程で数多くの問題が起きがちですが、それらを含めて経営課題を解決することに注力する必要があります。

それらを楽しみ、最後までやり切った後の達成感は格別。

企業が成長し、その影響が多くの人々に及ぶ瞬間を直接体験できるのは、自分にとっても大きな成長をもたらしてくれるでしょう。

グローバルな環境での学びがある

戦略コンサルの仕事では、多国籍企業の経営戦略を設計したり、新しい市場に進出するための計画を策定する場合も少なくありません。これは、他の業界ではなかなか経験できないグローバルな環境での働きがいとなります。

世界中の専門家と交流して多文化の理解と尊重が必要とされるため、プロフェッショナルとしてのスキルだけでなく、人としての成長も促します。

日本に留まらず世界各国の人々と関われるのは、非常に魅力的と言えるでしょう。

年収が高い

戦略コンサルタントの年収は確かに高く、初年度から1,000万円以上が期待できるケースも少なくありません。

つまり、力量さえ示すことができれば、年齢や学歴に関係なく高収入を得られるのです。

その分、高いスキルと専門知識が求められますが、キャリアアップもでき高収入も得られる一石二鳥な仕事と言えます。

【高年収の要因】

要因説明
スキルレベル分析力やプロジェクトマネジメント能力などが評価される
実績過去の成功したプロジェクトや提案が報酬に反映される
役職マネージャーやパートナーなど、役職により報酬が増加
専門性特定の産業やテクノロジーに精通していると報酬がアップ

戦略コンサルに転職するデメリット

戦略コンサルタントへの転職は多くの魅力がありますが、反対にデメリットも存在します。

とくに未経験者がコンサルティング業界に飛び込む前に知っておくべきことを、以下から解説しますので、参考にしてください。

<戦略コンサルのデメリット>

  • 経営を左右するプレッシャー
  • とにかく激務
  • 常にインプットをし続ける必要がある

経営を左右するプレッシャー

戦略コンサルは、企業の経営課題を解決する役割を担っています。

そのため、時には企業の経営を左右するような重大な決断を下すことも求められます。

このプレッシャーは、一般的なビジネス職と比較しても非常に高く、ストレスが溜まりやすい職種であると言えるでしょう。

実際にそのプレッシャーに耐えきれず、退職を余儀なくされる人も少なくないのが実情です。

もし戦略コンサルになりたいなら、あらゆるプレッシャーに打ち勝つ強い精神力は不可欠と言えます。

とにかく激務

戦略コンサルタントは、企業が抱える複雑なビジネス課題を解決するための戦略を策定したり、その実行をサポートする仕事です。

そのため、非常に激務になると言わざるを得ません。

時には土日や祝日も返上して働くことになることを覚えておきましょう。

ただ、その分プロジェクトや経営課題が解決した際には、まとまった長期休暇がとりやすいメリットもあります。

給料も高いため、長期休暇の際は国内・内外問わず海外旅行へ行く人や趣味に没頭するなど、時間やお金を気にせず自由を得られるでしょう。

また、近年ではコンサルティング業界でも働き方改革をおこなっており、夜のMTG禁止や出産や育児をする女性のための制度をつくったりする企業も多くなってきています。

そのため、他業種の企業と比べて激務、という印象も薄れつつあります。

常にインプットをし続ける必要がある

戦略コンサルタントは、常に市場の動きや技術の進化、経済状況などを把握し、その知識を活かして高度な戦略を提案する役割です。

知識とスキルを最新のものにインプットし続け、経営層が納得できる戦略をまとめ、提案しなくてはいけません。

そのため膨大な量の知識を頭に入れる必要があり、その分疲労がたまりやすい傾向があります。

精神的にも肉体的にも強くなければこなせないため、注意しましょう。

戦略コンサルへの転職で求められるスキル・経験

戦略コンサルタントになるためには、特定のスキルや経験が求められる場合が多いです。

<求められるスキル>

  • 論理的思考力
  • コミュニケーション能力
  • 忍耐と体力

未経験から戦略コンサルに進む方や、年収や仕事内容について悩んでいる方向けに、戦略コンサルへの転職で必要なスキルや経験について解説します。

論理的思考力

戦略コンサルタントにとって、論理的思考力は極めて重要な能力。

企業の課題解決や戦略設計には、複数の要素を整理し、合理的な結論を導く力が必要とされます。

そのため「現状なぜこうなのか」「その状況を打破するためにはどうすべきか」「根拠はなんなのか」など、論理的に考えなければいけません。

感情論や根拠のない自信といったものでは、クライアントの信頼を得られないので注意しましょう。

コミュニケーション能力

戦略コンサルという仕事では、クライアントやチームメンバーとの円滑なコミュニケーションが求められます。

プロジェクトにおいて効果的な戦略を形成・実行するためには、明確かつ適切なコミュニケーションが不可欠です。

忍耐と体力

戦略コンサルの仕事は、忍耐力と体力が求められる職種です。

コンサルタントの仕事は、各種提案内容をまとめ、経営層への説明・理解を得るに移すに留まらず、関わるスタッフや部署の調整やプロジェクト実行・統括まで幅広く行われます。

もちろんその過程でのイレギュラーもつきもので、一度も問題が起きずスムーズに課題解決をするのは至難の技と言えるでしょう。

ただでさえ忙殺される状況で、イレギュラーの対処や軌道修正なども行わなくてはいけないため、限られた時間の中で結果を出すには強い忍耐力・体力が必要とされるのです。

戦略コンサルとして転職する際に優位になる資格

結論からいうと、戦略コンサルとして転職するにあたって必ずしも資格は必要ではありません。

しかし、転職活動を行う際に役立つ資格はあるので、次から紹介していきます。

どうしても行きたい企業がある場合は、転職活動で他者よりも優位にたてるよう、資格を取っておくと良いでしょう。

MBA(経営学修士号)

MBAは、経営学の修士号として世界的に認知されています。

この資格を持っていることで、多くの戦略コンサルタント企業が求める「ビジネス戦略の理解」「マネジメントスキル」「財務知識」などの多面的な能力が評価されます。

資格の有無年収の影響仕事内容への影響
高い幅広い
中~低制限あり

戦略コンサルとして転職するなら、まず取っておきたい資格と言えるでしょう。

TOEIC

TOEICは、英語のビジネスコミュニケーション能力を測定する試験です。

国際的なビジネスの場では英語が必須であるため、高スコアを持っていることでグローバルに活躍する能力があると評価されます。

スコア年収への影響仕事内容への影響
850以上高いグローバル案件参加可能
600-849地域依存
600以下低い地域依存、制限あり

中小企業診断士

中小企業診断士は、中小企業の経営課題を診断し、解決策を提案するための資格です。

この資格は特に、日本国内のビジネスシーンで高く評価されています。

資格の有無年収の影響仕事内容への影響
高い中小企業案件多数
中~低案件選定に制限あり

戦略コンサルの転職に向いている人とは

「戦略コンサルとして働いてみたいけど、自分は向いているのか…」と不安に思う人も多いのではないでしょうか。

年収も高くキャリアアップも望める戦略コンサルという仕事ですが、その分激務であったりと大変なことも事実。

そこで以下からは、戦略コンサルという仕事に向いている人がどんな人なのか解説していきます。

<戦略コンサルの仕事が向いている人>

  • 熱意をもって仕事に打ち込める人
  • コミュニケーション能力が高い人
  • 論理的思考力が身についている人
  • 分かりやすくプレゼンテーションができる人

一つでも当てはまっていれば、ぜひ戦略コンサルへの転職を検討してみてください。

熱意をもって仕事に打ち込める人

ただ単に業務をこなすのではなく、積極的にチャレンジする姿勢や、クライアントの成功を自分の成功と捉えるようなコミット力がある人には、戦略コンサルタントに向いています。

経営という高い領域の仕事をするため、熱意をもってコミットしていかなければ、大きな成果が期待できないためです。

コンサルタントが積極的に学び成長する意識を持つことで、チームの成果にも大きな良い影響を及ぼすでしょう。

コミュニケーション能力が高い人

コミュニケーション能力が高い人とは、言葉だけでなくしっかりと相手の意見を理解し、自分の考えも明確に伝えられる人を指します。

この能力は、クライアントとの信頼関係を築く上で非常に重要で、チーム全体の士気向上にも影響を及ぼします。

また、さまざまな人とコミュニケ―ションをとることで多角的な視点を持つことができるのもメリットの1つ。

それにより、クライアントの考えや企業の想いや事業を理解し、企業に寄り添った提案ができるでしょう。

論理的思考力が身についている人

論理的思考力が高い人は、複雑な情報や問題を整理し、明確で合理的な結論に導く能力を持っています。

このスキルは、戦略コンサルに限らず、コンサルタントとして非常に重要な資質。

感情に流されてしまったり、根拠のない自信で行動してしまうことがないため、より問題の本質を見抜くことができるのです。

分かりやすくプレゼンテーションができる人

戦略コンサルタントとして成功するためには、専門的な知識や高度な分析能力も必要ですが、それらを分かりやすくプレゼンテーションできる能力は特に重要です。

プレゼンテーションが得意なことで、クライアントの理解を得やすく、自分の提案を実行することができます。

プレゼンテーション能力は努力次第で身につくものです。

一目で理解できるような資料や話し方など、転職前に勉強しておくと良いでしょう。

人気の戦略コンサルティングファームとは?

戦略コンサルティングファームとは、企業や組織に対して経営戦略の設計から実施、評価までトータルにサポートを提供する専門のコンサルティング企業のことを指します。

主な業務内容としては市場調査、競合分析、組織診断、そして戦略策定などがあります。

企業名特徴
マッキンゼー世界44カ国、80社以上の支社を持つ、世界最大規模の戦略コンサルティングファーム
PwCコンサルティング/Strategy&世界最大規模の会計コンサルであるPwCと経営統合して誕生した戦略コンサルティングファーム
ボストンコンサルティンググループ世界に50カ国以上、全90社以上を持ち、東京・名古屋・大阪・京都にオフィスを持つコンサルティングファーム
ベイン・アンド・カンパニー「コンサルタントがクライアントにお届けするのは単なるレポートではなく、『結果』である。」をモットーにするコンサルティングファーム
ローランド・ベルガー動く戦略を追及し、多くのクライアントから支持されるコンサルティングファーム
A.T. カーニー目に見える成果にこだわり、金融、通信、ハイテク…などさまざまな分野の戦略コンサルティングを行う
ドリームインキュベータ常に創意工夫を行うプロフェッショナルな人材が多いコンサルティングファーム
アーサー・ディ・リトル日本を代表する企業の出身者が多いコンサルティングファーム
経営共創基盤(IGPI)レポートから実行まで幅広くサポートする国内戦略コンサルティングファーム

業界・職種未経験者でも論理的思考力やプレゼンテーション能力が高ければ、積極的に採用しているため、気になる企業がある方は応募してみると良いでしょう。

戦略コンサルへの転職を成功させるための対策

戦略コンサルへの転職を希望する人は、総じて能力が高いものです。

そのため、少しでも優位に立つためには、あらかじめ対策をおこなっておくことが大切です。

  • 書類対策
  • 情報収集
  • 面接対策

以下から詳しく紹介していくので、ぜひ参考にしてください。

書類対策

履歴書や職務経歴書作成において、まず注目すべきは明確なキャリアゴールの設定です。目的欄に戦略コンサルタントとしての具体的な目標を書くことで、採用担当者はあなたが真剣にこのキャリアを考えていると感じるでしょう。
この一点だけで、他の応募者と差をつける可能性が高まります。

次に、特に未経験者の方はスキルの強調が不可欠です。

戦略コンサルタントとして必要な論理的思考力やプレゼンテーション能力が、過去の別の職種やプロジェクトでどのように培われたかを具体的に記載することで、未経験でも能力があると証明できます。

これが採用の決め手となる場合も少なくありません。

情報収集

戦略コンサルタントで転職を考える場合、情報収集は非常に重要なステップとなります。まず第一に、業界情報の把握が必要です。

この業界の基本的な知識や市場動向をしっかりと理解しておくことで、面接時に深い洞察力と理解力を示すことができます。また、業界全体の流れを把握することで、自分がどのように貢献できるか、またはどのようなスキルが必要かも明確になるでしょう。

戦略コンサルティングファームは多種多様であり、それぞれに独自の文化や専門分野が存在します。

自分の興味やスキルセットに最もマッチするファームを選ぶことで、長期的なキャリアを積む基盤が整います。その選定作業自体も、自己理解を深める良い機会となるでしょう。

面接対策

面接ではいくつかの典型的な質問が投げかけられることが一般的ですが、その対策をしっかりとしておくことで、より印象的な回答をすることができます。

「なぜ戦略コンサルタントになりたいですか?」という質問に対しては、自分が解決したいビジネスの問題や具体的なキャリアゴールを明確にしておくと良いでしょう。

これによって、単なる仕事としてではなく、具体的なビジョンに基づいて戦略コンサルタントになりたいと考えていることをアピールできます。

次に「過去の実績について教えてください」という質問があれば、数値や具体的な成果を交えて説明することが有効です。
これにより、単に「頑張ってきました」という抽象的な回答ではなく、具体的な成果によって自分の能力を証明できます。

最後に「この業界の現状についてどう思いますか?」といった質問には、事前に業界のトレンドや課題について調査しておくと有利です。そうすることで、単に仕事を求めているだけでなく、業界そのものに対する深い理解と関心を持っていることが伝わります。

質問タイプ対策例
業界知識業界報告、ニュースで最新の動向を把握
自己PR過去の実績やスキルを具体的に説明
ケーススタディビジネスの問題解決に対する論理的な思考訓練

フリーランスも検討するなら、コンサルマッチングサイトがおすすめ

戦略コンサルタントとしてのキャリアを積みたい方に、フリーランスとして活動する選択肢もあります。

特に、コンサルマッチングサイトはフリーランスとしてスムーズにスタートできるプラットフォームです。

フリーコンサルタント.jp

フリーコンサルタント.jp】はこれまでに850社以上の取引実績があり、月額単価100万円以上の案件も豊富にあることが特長です。

専門コーディネーターにより自分にあった案件を紹介してもらえるため「仕事を貰ったはいいけど上手くいかない」ということも少ないでしょう。また、案件が稼働している際は、みらいワークスの営業担当が企業との間に立ってくれるため、万が一トラブルがあった際にも安心です。

案件が終了した後は、次回に役立つ評価フィードバックを受けられます。企業からのフィードバックをもらえることで、自身の成長にも役立ちますし、次の案件に役立てることもできます。

おすすめポイント

  • 上場企業が運営している
  • 自分にあった仕事を紹介してもらえる
  • 営業担当が企業との間に入ってくれるため安心して仕事ができる

戦略コンサルに転職したい人からよくある質問

戦略コンサルタントへの転職を考えている方にとって、まだまだ気になることは尽きないのではないでしょうか?

ここでは、戦略コンサルタントに転職したい人からよくある質問にお答えしていきます。

<よくある質問>

  • そもそも戦略コンサルとは?
  • 未経験でも戦略コンサルになれる?
  • 戦略コンサルへの転職は社歴・キャリアが影響する?
  • 女性でも戦略コンサルに転職できる?
  • 戦略コンサルはなぜ忙しい?

そもそも戦略コンサルとは?

戦略コンサルタントは、企業や組織の長期的なビジョンを設定し、それを達成するための具体的な戦略や方策を提案する専門家です。

業務は市場分析、業績改善策の提案、経営戦略の設計など多岐にわたります。

未経験でも戦略コンサルになれる?

結論から言うと、未経験でも戦略コンサルに転職することは可能です。

しかし、そのためには以下の要素が非常に重要となります。

  • ビジネススキル: MBAやビジネス関連の資格があると有利
  • アナリティカルスキル: データ分析能力が求められる
  • コミュニケーションスキル: クライアントとのコミュニケーション能力も重要

戦略コンサルへの転職は社歴・キャリアが影響する?

社歴・キャリアは戦略コンサルへの転職に一定の影響を及ぼすことがありますが、それ以外のスキルや資質も非常に重要です。
とくに20代は、社歴やキャリアよりも資質が重要視される傾向になります。
また、30代以降はこれまでのキャリアやスキルが重要視されるでしょう。とはいえ、必要な能力をしっかりと身に着け準備を整えれば、成功する可能性は高まります。

女性でも戦略コンサルに転職できる?

女性でも戦略コンサルタントとして成功する道は十分にあります。

性別よりも、その職に求められるスキルや経験、そして熱意が評価されるため、女性であるからといって成功できないなんてことはありません。

戦略コンサルはなぜ忙しい?

戦略コンサルタントという職業は、一般的には忙しいイメージがありますが、その背景にはいくつかの理由があります。

  • 多様なプロジェクト: 戦略コンサルタントは多様な業界・テーマでプロジェクトを手がけるため、一つ一つのプロジェクトに深く理解する必要がある
  • 高度な分析と提案: 企業の経営層に対する提案が求められるため、その分析や提案には高度なスキルが必要となる
  • デッドライン: 企業の意志決定サイクルに合わせて、プロジェクトは短期間で高い出力が求められる

しかし近年では、働き方改革により、20時以降のMTG禁止、出産・育児のある女性の働きやすい制度を整えるなど、以前と比べて激務ではなくなってきているとも言われてます。

激務ということがネックになっている方でも、挑戦してみる価値はあるでしょう。

まとめ

戦略コンサルタントへの転職は、多くの人々にとって魅力的な選択肢と言えます。

未経験者でも、優れた分析力と問題解決能力があれば、この分野で成功するチャンスは十分にあるため、ぜひ転職を視野にいれてみてはいかがでしょうか?

また、戦略コンサルは多忙な職種とされていますが、その裏には多くの学びと成長の機会があります。プロジェクトごとに違う課題と向き合い、それを解決していく過程で得られる経験は、他の職種では味わえないものです。

さらに、多忙であるがゆえに得られる高い報酬は、その労力に対する十分な対価と言えるでしょう。

  • この記事を
    シェア
  • Facebookでシェア
  • Xでポスト
  • LinkedInでシェア
スカウトを受ける(無料登録)
目次