コンサル転職は年齢重視?未経験でも転職できる?必要なスキル・成功方法を解説

コンサルタント転職の際「年齢により有利・不利があるのか?」と、不安に感じる人は多いのではないでしょうか。求人票を見ていても明確に募集対象年齢が記されていないことが多く、年齢を気にせず応募してよいか迷うことも多いはずです。

ここではコンサル転職が年齢重視なのかについて解説します。未経験でもコンサル転職に成功する方法や、転職市場でコンサル希望者に求められるスキルについても解説します。

目次

コンサルへの転職は年齢が重要視されるって本当?

結論から言うと、コンサルへの転職で年齢が重要視されることは多いです。そのため、応募の際は必ず年齢をチェックされると思っておきましょう。

コンサル転職で年齢が重要視される理由として「未経験からの転職が多い職種だから」という点が挙げられます。完全異業種・異職種からの転職が多いコンサルの場合、長い目で教育・育成していくことを前提に、若手人材を積極採用していることが多いです。40代50代かつ未経験の人を採用する場合、育成してトップレベルのスキルを身につける頃には定年が近づいているなど、キャリアの終わりが近いことが懸念されます。そのため、ほとんどのコンサルティングファームでは若手を優先的に採用する構図になっているのです。

とはいえ、コンサルは明確な年齢制限を設けている職種ではありません。「〇歳以下(〇歳以上)はNG」というボーダーはないので、諦めずに応募し続けることも可能です。

コンサル経験者は重要視されない可能性が高い

転職市場において同業他社での実務経験年数や豊富な実績が評価されますが、コンサル転職では経験が重要視されないことも多いので注意しましょう。

もともとコンサルタント業界は未経験で転職してくる人が多く、最初から未経験を想定した採用活動になるのが一般的になります。コンサルタント経験のある人が少ないからこそ、あえて経験者に絞り込んで採用したいと考える企業も少ないのです。

また、重視されるのはコンサルタント経験ではなく、応募先のコンサルティング業務と過去の職種との親和性であるとも言われています。人事コンサルティングに転職したいのであれば人事職や人材紹介会社での経験が、会計コンサルティングに転職したいのであれば会計職や会計事務所での経験が活きることが多いです。そのため、コンサルタントの経験がなくても、不安に感じる必要はありません。過去の職種で培ってきたバックグラウンドをアピールしていけば、内定を得られます。

未経験からでもコンサルへ転職できる年齢は?

ここでは、未経験からでもコンサルへ転職できる年齢について解説します。コンサルタント転職では年齢を重要視されるシーンが多く、かつ若手人材の方が有利になりやすいからこそ、年齢のボーダーをイメージしておきましょう。

20代~30代半ばがメイン

未経験からコンサルタント転職を目指す場合、最も可能性が高いのは20代から30代半ばまでです。20代前半であれば第二新卒・既卒も多く、新卒同等の感覚で採用してもらえます。また、20代後半であれば、基本的なビジネスマナーと社会人経験を積んでいる若手人材として評価してもらえるため、未経験でも無理なく転職することが可能です。

ただし、同様の評価がされるのは30代半ば頃までであり、30代後半になるとハードルが高くなるため注意しましょう。どうしても30代後半の未経験からコンサル転職したい場合、応募先の業務と前職の関連性や高い専門知識など、光るアピールポイントがないと難しい場合が多いです。

40代~50代での転職はレアケース

40代50代で未経験の状態からコンサルタントに転職できるのは、非常にレアケースです。年齢制限のある職種ではないため可能性が全くないとは言えませんが、20〜30代と比較して、かなり厳しい転職活動になることは覚悟しておきましょう。大手企業でのマネジメント経験があり、かつ高いポテンシャルを感じられる場合にのみ限定されます。

一方、未経験でなければ40〜50代でもコンサルタントに転職できる可能性は高いです。大手コンサルティングファームでの管理職経験や高い実績、豊富な専門知識、輝かしい実績・評判を武器に40代以降でキャリアアップ転職する人は少なくありません。

コンサル転職の難易度を年齢別で解説

ここからは、コンサル転職の難易度を年齢別に解説します。年齢ごとにどのような人物像が求められているか調べたうえで、自分と合致するのであれば十分挑戦してみる価値があります。

【第二新卒】20代前半でのコンサル転職

第二新卒とは「新卒として社内に出てから2~3年以内の人材」を指します。

コンサルティングファームによっては、新卒採用枠・中途採用枠とは別に第二新卒採用枠を設けている場合があり、第二新卒を積極採用しているファームも多く見られます。「第二新卒=短期離職者」とネガティブなイメージがあるのではと心配する人もいますが、第二新卒専用の採用枠があるコンサルティングファームであれば、応募することが可能です。

なお、採用時の条件は新卒と同等になることが多く、年収・待遇面で大きな交渉はできません。その分コンサルタントとしての基礎・基本から徹底的に教育してもらえるので、得るものが大きいとも言えます。第二新卒だからこそ求められる知識や経験も多くなく、転職しやすいのが特徴です。

20代後半でのコンサル転職

20代後半でコンサルタントに転職するのは、未経験でも難しくありません。30代になる前に転職したい人と、基本的なビジネスマナーや社会人経験が身についている人材を採用したいコンサルティングファーム側とのニーズが合致するため、コンサル転職のボリュームゾーンになっています。

コミュニケーション能力の高い人であれば即戦力として採用されやすく、基本的な研修を終えてから現場に出るまでのタイムラグも短いのがポイントです。「なぜコンサルを目指すのか」など志望動機が万全になっていれば、更に内定率を上げられます。

なお未経験の場合、20代前半での転職と同じく条件面での交渉は強くしすぎない方が良いでしょう。前職同等の条件になることが多いので、どうしても外せない条件以外を交渉するのは慎重になるのがおすすめです。

30代前半でのコンサル転職

30代前半でのコンサルタント転職も、20代後半同様に難しくありません。コンサルタント転職のボリュームゾーンであることも同様なので、年齢だけがネックになって採用を見送られることはないでしょう。

ただし、20代より実績や知識を求められることが多く、コンサルタント経験がない人でも注意が必要です。前職で得た経験やコンサルタントに対する熱意を的確に伝え、20代より有利になるよう対策しておくことが欠かせません。「なぜ前職で成果を上げられたのか」「自分のスキルがコンサルでも活きると考える理由はなにか」など、客観的な分析に基づく回答が求められるケースも多く、熱意だけで押し切れないのが30代です。

30代後半でのコンサル転職

30代後半になると、未経験からのコンサルタント転職は難易度が一気に上がります。コンサルティングファームにおける30代後半はマネージャーやリーダー、パートナーなどの役職にキャリアアップしていくことが多く、完全未経験で1から学ぶ人の数が減っていきます。30代後半からのスタートだと、マネージャーになれる頃には40代後半になっていることが多いため、キャリアパスも遅くなりがちな点に注意しましょう。

30代後半未経験からコンサル転職したいのであれば、これまでの経験で特筆できる実績を持っておく必要があります。または特定分野における専門性があったり、専門資格を持っていてハイレベルなコンサルティングができたりと、光るアピールポイントが求められるでしょう。

40代でのコンサル転職

40代以降にコンサルタントへ転職する場合、基本的にはコンサルティングファームにおけるマネジメント経験や高い実績が求められます。そのため、未経験で採用される可能性はかなり低く、目指すとしても相当の難易度になることを理解しておきましょう。

同じ未経験であれば、企業側はどうしても40代より20〜30代を優先して採用したいと考えるものです。マネージャーレベルの技術力を持つ頃には50代後半になり、定年間際になってしまうことも考えると、どうしても未経験40代に与えられるチャンスは少なくなります。

一方、プロジェクトテーマと親和性の高いスキル・経験を持つ40代であれば、前職のコンサルティングファームより良い待遇で内定が出ることもあります。これまでの経験に自信があり、かつ更なるキャリアアップを願いたい人はチャレンジしてみましょう。

コンサルへの転職時に求められるスキル・資格4つ

コンサルになるための必須資格はありませんが、持っていた方が有利になる資格があるのも事実です。特に企業体質やビジネス市場を正確に判断するのに役立つ資格は、転職時に評価されることが多いので押さえておきましょう。

下記では、コンサル転職時に習得しておきたい資格を紹介します。

1. 公認会計士

公認会計士は会計のスペシャリストに与えられる資格であり、国家資格のひとつです。企業の財務・会計について客観的な立場から正当性を評価できる資格なので、社会的ステータスも高いのが特徴と言えます。その分試験の難易度も高く、医師免許・弁護士資格と並んで「三大国家資格」と呼ばれることもあるほどです。

公認会計士資格を持っている人であれば、経営コンサルタントや会計・財務コンサルタントなどに転職しやすくなります。会計業務の効率改善、最適な投資やコストカットに関するアドバイスができるだけでなく、公認会計士の独占業務である「監査」も可能です。請け負える仕事の幅が広いという点でも有利なので、転職市場で引く手あまたになることも多いでしょう。

2. MBA(経営学修士号)

MBA(=Master of Business Administration)とは「経営学修士号(または経営管理修士号)」のことであり、経営学の大学院修士課程を修了すると授与される学位です。資格とは異なりますが学歴を上げることができ、専門知識の高さを客観的に証明する指標となります。

MBAプログラムを提供している大学院は通称「ビジネススクール」とも言われており、基本的に社会人を対象としているため、大学卒業後でも通いやすいシステムが整備されています。

MBAを持つコンサルタントの場合、最先端のテクノロジーやトレンドをフル活用して経営に関するアドバイスをすることが可能です。経営・会計・財務・資産管理・業務効率など現場目線の知識だけでなく、同業他社の研究に知識を役立てることもできます。

3. 中小企業診断士

中小企業診断士とは、中小企業の経営課題に対してアドバイスや診断をする専門家のことです。経営コンサルタントに関する唯一の国家資格でもあり、経営全体について幅広く解決案を提示できる存在でもあります。そのためコンサルティングファームからのニーズが高く、転職時の助けとなることは間違いありません。

また、中小企業診断士の資格があるコンサルは、将来独立・開業を視野に入れることも可能です。在職中に中小企業診断士試験にチャレンジする人が多いのは、社内でのキャリアアップや働き方の変更を視野に入れているからと言えます。

「中小企業診断士」と名前がついていますが、大企業やベンチャー企業、スタートアップ企業へのアドバイスもできるので、幅広く仕事を請け負えるのも特徴です。

4. TOEIC

TOEICは英語力を図る試験のひとつであり、合否ではなくスコアで結果が通達されます。現在のコンサルティングファームでは、クロスボーダー案件や海外クライアントを抱えるケースが増えているので、確実に英語力があるとわかれば採用時の後押しとなります。その他、グローバルコンサルや外資系コンサルなどへの転職を検討している人も、TOEICの取得を視野に入れておきましょう。

なお、コンサルタント転職の場合、TOEIC700点以上がひとつの目安と言われています。英語での面接やプレゼンテーションのあるコンサルティングファームや、入社直後からマネージャー職に就きたい場合は、800点以上を目指した方がよいでしょう。

コンサルへの転職時に求められる能力2つ

年齢が採用側の基準を満たしていても、スキルや能力に可能性を感じられない場合、当然ながら内定が遠のきます。反対に、コンサルティングファームに求められるスキルがあると評価されれば、未経験でも内定につながる可能性が高いです。

コンサル転職には下記の能力を示すことが必須となるため、参考にしてみましょう。

1. コミュニケーション能力

コンサルタントには、高い傾聴力で相手企業の悩みを吸い上げるスキルの他、時にはクライアント本人でも本質的な課題を聞き出すスキルが求められます。また、相手の話に耳を傾けるだけでなく、自分の提案をわかりやすく伝えて納得してもらうスキルも必要です。

高いコミュニケーション能力があれば、相手の話を聞くことも自分の意見を伝えることもできます。また、クライアント企業と良好な関係性を築きやすく、何気ない雑談から課題に気づけるなど副次的なメリットも生まれるでしょう。正論だけで上手くいくとは限らないコンサルタント業界だからこそ、個人の高いコミュニケーション能力が試されるので注意してください。

なお、採用面接の際は、コミュニケーション能力の高さがわかるようなエピソードや第一印象を大切にできるよう、対策していくのがおすすめです。

2. ロジカルシンキング

ロジカルシンキングは「論理的思考力」と言い換えることもでき、問題を体系的・論理的に整理整頓するスキルです。経営課題はさまざまな要因が複雑に絡み合って影響していることが多く、クライアント企業でも気づいていない原因・背景を深掘りしていくことが欠かせません。ロジカルシンキングは「なぜ」「どうして」「どうすれば」を考えるスキルなので、コンサルタントに欠かせないスキルと言えるでしょう。

なお、ロジカルシンキングは営業職や企画・マーケティング職で培うことも可能です。日常的に筋道を立てながら考える癖がついている人は、コンサルタント向きと言えます。

【年齢別】コンサル転職を成功させる方法

ここでは、年齢別にコンサル転職を成功させる方法を解説します。転職することだけをゴールにせず、入社後の活躍や満足度まで視野に入れた転職活動になるよう、対策しましょう。

20代

20代の場合、特別な専門知識や高い実績が求められることはほとんどありません。もちろん経験や実績があるに越したことはないですが、それ以上に熱意やポテンシャルが求められます。なぜコンサルタントに転職をしたいと考えてるのか、入社後にどのようなキャリアステップを踏んでいきたいのかなど、自己分析を徹底しておきましょう。分かりやすく面接で伝えることができれば納得感を与えられるので、内定がグッと近づきます。

また、20代は早期離職を懸念されることもあります。長い目を見た転職であることを伝え、採用側の懸念を払拭していきましょう。

30代

30代の場合、即戦力となることが求められます。30代前半であれば未経験からのコンサルタント転職もしやすいですが「30代前半だから大丈夫だろう」と考えず、できる限りのスキルをアピールしていきましょう。前職が直接コンサルタントと関係のない仕事でも、培ってきた経験や実績をアピールし、転職後も貢献できることを伝えるのが近道になります。

また、30代を採用するコンサルティングファームは、将来的にマネジメント層へ成長してもらうことを前提にしていることも多いです。マネージャーポジションへの興味や管理業務へのポテンシャルも伝えることができれば、更に有利になるでしょう。

40代

40代でコンサルタントに転職する場合、年齢面をマイナス評価された段階で選考が始まることの方が多いです。「本当に年齢相当のハイレベルなマネジメント経験があるのか?」「可能性の高い20代を採用するより明らかに優位な要素があるか?」という厳しい目で評価されることを覚悟しておきましょう。そもそも書類選考で落ちてしまうことも多いので、まずは履歴書・職務経歴書やポートフォリオを万全にしておくことが大切です。

また、前職でのマネジメント経験があれば積極的にアピールし、応募先コンサルティングファームとの関連性を伝えます。「なぜこの年齢でコンサル転職にチャレンジするか」など、転職理由や志望動機に関する項目も整理しておきましょう。

覚えておくと便利!コンサルへの転職で失敗しやすいポイント3つ

次に、コンサル転職で失敗しやすいポイントを解説します。下記に該当する場合、どんなにスキルや経験が高くても、年齢が基準をクリアしていても内定が遠ざかるので要注意です。反対に下記を反面教師にして選考対策していけば、コンサルタントに転職しやすくなるため、ぜひ参考にしてください。

1. 受け身の姿勢でいる

コンサルタントは「提案業務が多い」「積極的なアドバイスやヒアリングが必要」という特性上、受け身な人には向きません。転職して間もない頃や20代前半でまだまだ社会人経験が浅い頃でも、積極的な姿勢が求められます。周囲を見ながら自発的に学ぶスタンスや、ときにはクライアント企業に大胆な提案をする胆力が求められることも多いので、消極的な様子はマイナスイメージにつながると心得ましょう。

つまり、求められたことに対して120%の結果で返すような積極性がある人が、コンサルタント向きと言えます。壁に当たったときも自ら突破できるようなエピソードを伝えることで、内定が近づくでしょう。

2. 分野・知見が合わない

特定分野に特化したコンサルティングファームに応募するときは、関連する経験・知見が求められます。

例えば、前職がWebマーケティング職だったのに会計・財務に強いコンサルティングファームを希望した場合、どうしても職種の関連性が低いように見えてしまいます。そのため、懸念点の方が多くなるでしょう。どうにか内定を得られても完全初心者からのスタートになりやすく、新卒同等の待遇に下がることもあるので、今以上の待遇を求めて転職したいときは注意してください。

反対に、Webマーケティング職からWeb系コンサルティングファームを目指す場合、分野や知見が合っているため即戦力として評価されます。マーケティングの知識が活きるシーンも多く、やりがいと自己成長を感じやすいのもメリットです。

コンサル転職するときは、よほど強い希望がない限り前職と関連する分野のコンサルティングファームを優先するのが鉄則と言えます。

3. 社風・企業文化が合わない

社風や企業文化、求める人物像に合っていないと感じる場合、どうしても企業側は内定に慎重になるため注意しましょう。

一口にコンサルティングファームと言っても、企業ごとに社風はさまざまです。社内競争が激しくて高いインセンティブと共に個人プレーが認められている会社もあれば、チームコラボレーションや協調性が求められる会社もあります。入社後にミスマッチが判明した場合、早期離職や大幅なパフォーマンスの低下につながる恐れがあるため、企業側はどうしても慎重にならざるを得ないのです。

応募先を選定する際は仕事内容・待遇・分野だけでなく、社風や企業文化まで詳しくリサーチしておきましょう。自分の考え方や行動指針に近いコンサルティングファームであればエンゲージメント高く働けるので、双方にとってwin-winな採用になります。

コンサルへの転職で意識するべきポイント2つ

最後に、さらにコンサルタント転職の成功率を上げたいときに意識したいポイントを解説します。年齢問わず幅広い転職希望者に当てはまる項目なので、ぜひ取り入れてみましょう。

ケース面接対策をする

ケース面接とは、特定の模擬課題が与えられ、それに対する行動や提案を面接官に回答する形式で実施される面接のことです。簡易的な「模擬プロジェクト」の形態に近く、面接官がクライアント企業になったつもりでさらに質問が重ねられることもあります。

コンサルタント経験がない場合、現場で実際に使えるハイレベルな高い提案が求められることは少ないですが、論理的思考力や基本的なコミュニケーション能力、思考の柔軟性はほぼ必ずチェックされます。コンサル転職ならではの面接形式なので、慣れていない人は特に力を入れて対策したほうがよいでしょう。

短い時間のなかでも自分なりの仮説を組み立て、ある程度自信をもってわかりやすく相手に伝えるポテンシャルがある人は、コンサル転職で高く評価されます。

転職エージェントを活用する

確実にコンサル転職を成功させたいときは、転職エージェントを活用するのもおすすめです。転職エージェントでは下記のようなキャリアサポートを提供しているため、自分ひとりでは難しい転職ができるのがメリットと言えます。

  • 履歴書、職務経歴書の添削
  • 公開求人、非公開求人の紹介
  • 自己分析サポート
  • 業界分析サポート
  • 企業分析サポート
  • ポートフォリオ制作サポート
  • 模擬面接
  • 面接日程等の調整代行
  • 入社条件の交渉
  • 退職交渉に関するアドバイス

また、コンサルタント業界特化型の転職エージェントであれば、ケース面接に向けた対策も可能です。コンサルタント業界ならではのやり方や風習にも詳しく、業界動向に関する情報も豊富に持ち合わせているため、効率的な情報収集の場として活用してもよいでしょう。

転職活動の効率化や、より満足度の高い転職を目指したいときにこそ、転職エージェントにいるプロのキャリアコンサルタントを頼るのが理想です。

まとめ

コンサルタント業界には「転職しやすい年齢」があり、一般的に20代から30代半ば頃までと言われています。未経験でコンサルタントに転職するのであれば、なるべく30代半ば頃までの入社を目指すといいでしょう。それ以降の転職であれば、マネジメント経験など光る実績をアピールすることが成功のポイントです。

確実にコンサルタントに転職したいときは、コンサルタント業界に強い転職エージェントを頼りましょう。面接への対策や業界情報の提供など幅広く対応してくれるため、転職の早期化にも貢献します。

目次