コンサルタント転職で後悔・失敗する人の特徴と理由を徹底解説。成功のコツも紹介

コンサルタントへの転職は年々人気が高まっていますが、人気に便乗して転職したものの、コンサルに転職したことを後悔するケースも珍しくありません。

そこで、これからコンサルタントに転職を考えている方に向けて、適性や後悔する可能性、ミスマッチを防ぐ方法などを紹介します。

※本記事に記載されている企業や求人に関する情報などは2023年時点のものです。

目次

【アンケート調査】コンサルタント転職後に後悔した理由を6つ紹介!

コンサルタントへの転職を成功させても、転職後に後悔するケースは少なくありません。まずは、アンケート調査で特に回答数が多かった「転職後に後悔した理由」を6つ紹介します。

コンサルタントへの憧れが強くてギャップを感じてしまった

入社後数年間は、アナリストやアソシエイトとして配属されます。担当業務としては。データや資料整理を行うことが多く、企業の経営改善に関するコンサルをメインに担当することができません。よって、資料整理の期間に挫折し、転職を後悔する場合が多いです。

クライアントの課題解決に向けた業務をこなせるようになるまでには、華やかな仕事だけではないことを理解しておかなければなりません。

勤務時間が思っていたよりも長かった

コンサルタントの仕事は、クライアント企業の経営改善の悪化にも繋がるため非常に責任が重く、就業時間内で業務を終わらせられない日も多いでしょう。

コンサルタントへ業務を依頼する企業は、多くて年間数千万円~数十億円という高額な費用をコンサルティングファームに支払うため、高いクオリティが求められるのです。

転職前に比べて、プライベートの時間が削がれ、仕事をする目的を見失う可能性も高いといえます。

求められるレベルが高かった

コンサルティングの仕事は、クライアントが抱える問題を解決するために、問題解決スキルと専門知識が不可欠です。コンサルティング自体のコストが高いため、常にハイレベルな提案と結果が求められます。よって、人によっては大きなプレッシャーと責任を感じ、精神面の負担が大きくなることもあるでしょう。

優秀な人が多くて劣等感を感じた

コンサルティングファームでは、年功序列ではなく実力主義、成果主義のため、時には劣等感を抱く場面もあるでしょう。例えば、同僚がマネージャーに昇進したものの、自分は昇進できなかったというケースも多いです。

優秀な人材が集まっているからこそ、自分自身の成長に繋がる反面、他人と比較して自信を喪失してしまうことにも繋がります。

地道な作業が膨大だった

コンサルティングの仕事は、データ分析、リサーチ、資料作成、スケジュール調整など、雑務が多いのが現実です。他にも、クライアントマネジメントから現場の担当者と、十分なコミュニケーションを取らなければなりません。

時間と手間がかかるため、人によっては「時間がない」「つまらない」と感じるかもしれません。プロジェクトをスムーズに進めるためには、資料整理やデータ分析などの地道な作業が必要ですが、コンサルティングのきらびやかな印象と、転職後のギャップに悩むケースもあります。

コンサルに関するスキルについて自発的に学習していくことが苦手だった

コンサルタントは、自ら率先して新しいことを学ばなければなりません。業務として指示されれば勉強できるものの、自分からやるのは難しいというタイプの方は後悔する可能性が高いです。

周りが成長していくなか、自分だけが取り残されていくような辛さを味わうことになります。

元コンサルタントがコンサル転職をやめとけと言う理由3つ

コンサルティング業界未経験の方は、業界の特徴を理解していなければ転職後に後悔する可能性が高いです。ここでは、コンサル転職をおすすめできない理由を紹介します。

体調を崩す確率が高い

コンサルタントは、仕事量の多さから精神的にも身体的にも体調を崩してしまう確率が高いです。近年ではコンサルティング業界のライフワークバランスが重要視されつつありますが、一般的な企業に比べれば仕事量は多いのが現状で、労働時間も比較的長いといえるでしょう。さらに、クライアントに対して高い成果を提示しなければいけないというプレッシャーから精神的に疲弊してしまうこともあります。

コンサルタントになるには、プレッシャーがかかっても高いパフォーマンスを維持できる精神力と、過酷な職場環境でも体調を崩さずに仕事を続けられる健康力の両方が必要です。どちらか一方が欠けていると、コンサルタントには向いていないかもしれません。

また、顧客第一主義のため、自分のペースで仕事をしたい方には難しいでしょう。

周りの意識が高すぎる

コンサルティング業界には、優秀な人材がたくさんいます。「高い給料をもらっているため、それ以上の価値を発揮することが大事」という意志を持った同僚や先輩についていけないと感じることがあるでしょう。

周囲と自分を比べてネガティブ思考に陥ってしまう方は、コンサルティング業界で働くのは難しいかもしれません。

異なる職種への転職がしにくい

特定の分野や専門的な仕事に深く関わることができないため、高レベルの専門知識や実務経験を身につけることが難しいことがデメリットです。スペシャリストを目指す方には不利といえるでしょう。

転職においては、一般的に「専門性」のある方は市場価値が高いため「専門性の欠如」は不利になる可能性があります。

コンサルタントに転職して失敗する人の特徴5つ

コンサルタントに転職しても「失敗した」「後悔した」と感じる方は少なくありません。そこで、コンサルタント転職をしない方が良い方、失敗する可能性が高い方の特徴を紹介します。

スキルが乏しい人

コンサルティングの仕事は、常にハイレベルなスキルと知識が要求されます。

担当する案件も様々なため、常に勉強が必要になります。忙しいスケジュールのなかで技術と知識を身に付ける時間が作れない方は、コンサルタントへ転職して後悔することになるでしょう。

クライアントの売上や利益のために行動できない

コンサル業界では「クライアントファースト」と頻繁にいわれるほど、クライアントのことを第一に考える思考が求められます。クライアントの課題やニーズを理解し、最適な解決策を提案・ビジネスの成長をサポートするために行動できない方にコンサルタントは向いていません。

自分の都合や自社の利益を重視しがちで、顧客のことを考えて物事を考えることが苦手な人は他の職種への転職を検討することをおすすめします。

スケジュール管理能力がない人

スケジュール管理能力がないと、クライアントからの信用を失うリスク、そもそもコンサルティングができないなどの問題が発生するでしょう。

コンサルタントには「たとえ不測の事態が起こっても、クライアントとの約束を期限までに守り実現する能力」が求められます。達成したいことと期限を設定し、何があっても設定した目標を達成するスケジュール管理能力がない方は、転職後に後悔することになります。

レスポンスが遅い人

返信が遅いと「仕事をしていても返信が遅いのでは」と思われてしまうほか、トラブルに繋がることもあるでしょう。

レスポンスが早いことで時間や作業に余裕が生まれるため、案件が動きやすくなる他、実行する施策の選択肢が幅広くなります。しかし、レスポンスが遅い場合は、案件が停止し、選択肢も狭まってしまうのです。

レスポンスが遅い自覚がある人は、即レスすることを意識してみると良いでしょう。

年収アップのためだけにコンサルタントへ転職した人

コンサルタントへの転職が成功すれば年収アップの可能性は高いですが、転職先で求められる成果やプレッシャーもそれなりに大きくなります。そのため、年収アップだけを目指すのは得策ではありません。

 年収だけではなく「自分はコンサルタントとして何がしたいのか」「コンサルタントとして、どのようにキャリアアップしていけるのか」などを考えることが大切です。

コンサルタント転職に向いている人の特徴6つ

コンサルタントというと、頭を使う仕事というイメージが強い方も多いのではないでしょうか。しかし、コンサルタントとは、きれいなオフィスでパソコンに向かい、資料を作るだけの仕事ではありません。

ここから、コンサルタントへの転職に向いている人の特徴をご紹介していきます。

体力がある人

コンサルタントは、課題解決のために長期間休みが取れないこともあります。そのため、体力が求められます。

コンサルタントの仕事は、企業の問題を見つけ出し、問題解決のための施策提案のためにデスクワークで作業を行うように思われがちです。しかし、現場へ行って情報収集をしたり、細かな数値をまとめたり、提案した施策の実行や改善など体力が必要な仕事です。

また、案件によっては、3ヶ月以上まともに休みが取れず、帰宅時間も遅くなるということもあります。

そのため、コンサルタントを目指す場合は、意外と体力が必要なのです。

論理的思考力を持っている人

問題や課題が見つかったときに、原因や解決策を分析して考えられる人はコンサルタントに向いています。

問題点や現状・叶えたいゴールから細かな道筋を作成し、クライアントに対しての最適解を提供することで、業績の改善に繋がることも多いです。

対人対応能力が優れている人

コンサルタントは常に人と関わる仕事のため、対人能力が優れている方はコンサルタントに向いています。

対人スキルがないと、説得力がないプレゼンや主観的な押し付けに終始する可能性が高く、顧客の信頼を得ることはできないでしょう。

好奇心が旺盛な人

コンサルタントは、様々な業種の幅広い課題に対して向き合わなければなりません。そのため、課題解決のために「なぜ」「どうすれば」を考えることが好きな好奇心旺盛な方は、コンサルタントに向いているでしょう。

物事をプラス思考で捉えられる人

コンサルタントに必要なのは「必ず答えがある」「絶対に解決策を見つける」など前向きな姿勢と考え抜く粘り強さです。

答えのない課題が解決できないことから、ストレスを感じたりする事も増えていくかもしれません。そのため、前向きに考えられる人は周りからの評価も高く、クライアントに対してもよい印象を与えやすいです。

英語力がある人

コンサルタントは高い英語力があれば、対応できる案件が格段に増え、活躍できる場所が大幅に広がるでしょう。

海外展開を含むグローバルプロジェクトに携わることを目指す場合は、高い英語力が求められます。これからコンサルタント業界に転職する方は、差別化の大きな要素となる英語力を磨いておくことが賢明です。

コンサルタント転職を成功させるためのコツ4つ

コンサルタント転職を成功させるためには、自分の特性に合うファームを見つけることが重要です。初めて転職をする方は、コンサルタントの仕事について理解を深めなければ、転職後に後悔する可能性があるでしょう。

ここでは、コンサルタント転職を成功させるために押さえておくべきコツ、ポイントを紹介します。

自分にあったコンサルティングファームを見極める

転職者が志望ファームを決定する際に最も重要な比較検討材料となるのが、コンサルティングファームの業界・カテゴリーです。

コンサルティングの仕事は業務・カテゴリーごとにクライアント企業が抱える問題に合わせたサポートを提供します。そのため、コンサルティングファームの業界・カテゴリーを確認することは欠かせません。

コンサルティングファームの多くは、次の7つに分類されます。

  • 外資系
  • 日系
  • 戦略系
  • 人事系
  • シンクタンク系
  • IT系
  • 総合系

外資系コンサルティングファームは成果主義が徹底されており、厳しい人事評価制度を導入していることが一般的です。一方、日系コンサルティングファームは長期の人材育成を目的としており、年功序列制度を導入しています。そのため、人材育成を重視して十分な研修を行っていることが特徴です。

戦略系コンサルティングファームは、クライアントの経営に関する課題を見つけ、解決策を練ります。海外の戦略ノウハウの採用、各エリアに対応したサービスの提供に注力していることがポイントです。

人事系コンサルティングファームは、従業員の能力開発や給与制度の変更など、人材に関する分野のコンサルを行います。

シンクタンク系コンサルティングファームは、地方自治体、政府などの機関に対するコンサルティングを行う領域です。

IT系コンサルティングファームは、クライアント企業の問題を発見し、問題解決に向けたシステムの設計をします。ファームによっては、システム運用の指導を実施することもあるでしょう。

総合系コンサルティングファームは、業務上の課題、顧客に対する戦略の提案、支援などを行います。ときには、課題解決のためのシステム導入を行うことも少なくありません。

このように、各ファームごとに仕事の内容は異なり、求められる能力も様々です。

コンサルタントの仕事について理解する

コンサルタントの仕事は地道な仕事でクライアントの問題を解決していく仕事であり、ポジティブな印象だけで転職をすると、転職後に後悔する可能性が高いです。そのため、転職前に十分にコンサルタントの仕事内容に関して調べておくことをおすすめします。

コンサルティングファームは、クライアント企業の課題解決が主な業務です。第三者として中立的な立場で市場動向や経営状況などを冷静に判断し、解決策を提案しなければなりません。

また、コンサルティングファームではポジションによって業務内容に違いがあり、実際にプロジェクトをマネジメントできるようになるまでには最低でも約5〜7年程度の時間がかかることもあります。。未経験者の場合、1〜3年目はアナリストとして調査や分析、資料作成などの事務作業をメインで行います。 数年かけて基礎力を身につけ、クライアントへの提案や打ち合わせを担当することになるため、下積みの期間が長いことを予め理解しておきましょう。

コンサル業界に特化したエージェントを利用する

コンサル業界の転職相談に特化したエージェントを利用することで、転職をスムーズに成功させられる可能性があります。

転職エージェントは、コンサルティングファームの違いにも詳しいため、正確で細かい情報を得ることができます。各コンサルティングファームとの繋がりもあるため、自身で調べることが難しい最新情報も得ることが可能です。そのため、エントリー前に十分に企業分析が行えます。

また、これまでの支援実績から蓄積された転職対策のノウハウを受けることができるため、面接や書類作成も納得のいくものが仕上げられるでしょう。

コンサルティング業界への転職は難易度が高いため、準備の質が大切です。自分の目指す業界に特化したエージェントを利用して有利に転職を進めましょう。

コンサルタントファームの研修やセミナーをしっかり受ける

コンサルティングファームにおける研修やキャリアセミナーでは、それぞれのファームの業務内容や社風が分かります。そのため、気になるファームの研修やセミナーは積極的に参加するようにしましょう。

研修やセミナーは基本的に参加無料、オンラインセミナーであればパソコンやスマートフォンから参加できます。

コンサルティング業界の転職におすすめの転職サイト3選

コンサルティング業界に転職する際には、求人数や転職サポート実績が豊富な大手サイトを利用するのがおすすめです。

転職支援実績が豊富な転職サイトを3つ紹介します。

リクルートエージェント

リクルートエージェントは、株式会社リクルートが運営しており、業界最大手の転職エージェントです。

転職支援実績は国内No.1の実績があり、質の高いサポートが好評を得ています。

サービス名リクルートエージェント
対象年齢
取扱求人数公開求人が約10万件非公開求人が約10万件
求人の特徴求人数の多さが国内トップレベル上場企業の求人も多数
対応地域全国

リクルートエージェントは、公開求人が約10万件以上、非公開求人が約10万件と、国内トップクラスの求人数を誇ります。全国に対応しているため、地方でもコンサル企業への転職を目指せるでしょう。

特に、経営・戦略・業務・ビジネスコンサルタント、IT・システムコンサルタントの求人を多く取り扱っています。

また、レジュメエディターを使って素早く履歴書を作成でき、効率的に転職活動を進められます。 

ワークポート

ワークポートは、株式会社ワークポートが運営する転職エージェントです。約20年以上の転職サポート経験があることから、利用者は月に30,000人以上と人気の転職サービスになっています。

サービス名ワークポート
対象年齢
取扱求人数約81,000件
求人の特徴約70~95%が高条件の非公開求人経営コンサルタント、戦略コンサルタントの公開求人数649件
対応地域全国

転職サポートは全国に対応しており、約81,000件の公開求人があるため、都心部でも地方でも転職活動を行えるでしょう。

コトラ

コトラは、株式会社コトラが運営しているハイクラス転職限定のエージェントです。金融・IT・コンサルティング業界への転職支援に強いサービスで、現役アドバイザーの専門性の高さ、選考成功率の高さにも定評があります。

サービス名コトラ
対象年齢
取扱求人数約20,000件
求人の特徴50代以上に向けた求人ありコンサルのハイクラス層求人が多い
対応地域全国

取り扱い求人は、ITコンサルタントの求人が最も多く、全体の半数近くを占めています。なかには、ビジネスコンサルタント向け求人も見られるため、気になる方はぜひチェックしてみましょう。

また、コトラでは、独自に開発した自己診断アンケートが利用できます。転職前に自分について細かく分析を行いたい方や、履歴書や面接での自己アピールに迷いがある方は利用することで役立つ意見が取り入れられるでしょう。

コトラは全国に対応しているため、地方から都心へ、都心から地方企業へなど、働く場所を変えたい方も活用することができます。

コンサルティング業界の転職におすすめのエージェント3選

コンサルティング業界に転職したい方で、キャリアアップを目指す方は転職エージェントの利用がおすすめです。

なかでも、ハイクラス求人を多く取り扱う転職エージェントを3つ紹介します。

JACリクルートメント

JACリクルートメントは、国内のみならずグローバルな人材紹介に強みを持つ転職エージェントです。「オリコン顧客満足度調査 ハイクラス・ミドルクラス転職」で5年連続の総合第1位を獲得していることからも、サービスの質の高さがうかがえるでしょう。

サービス名JACリクルートメント
対象年齢
取扱求人数非公開
求人の特徴年収1,000万円以上を目指せる50代向けの求人あり
対応地域全国

求人で最も多いのはITコンサルタント、次いで戦略コンサルタントです。管理職やスペシャリストの求人が多く、年収1,000万円以上の求人、採用時の上限が2,000万円という企業もあり、好条件の求人も揃っています。 そのため、キャリアアップしたい方向けの転職エージェントといえるでしょう。

複数社から内定をもらった際の相談、雇用条件の交渉にも対応してくれるため、転職活動をスムーズに進めたい方におすすめの転職エージェントです。

また、ロンドン発祥の外資系人材サービスとして、海外進出企業やグローバル企業への転職サポートも充実しています。海外に拠点を持つ企業と独自のコネクションを築いている点は、他の国内エージェントにはない特徴です。

パソナキャリア

パソナキャリアは、株式会社パソナが運営しており、全国対応の人材業界大手の総合転職エージェントです。キャリアアドバイザーの丁寧で親切なサポートに定評があり、大手ならではの総合的なサービスときめ細やかな対応のバランスが取れた転職エージェントといえるでしょう。

サービス名パソナキャリア
対象年齢
取扱求人数約50,000件
求人の特徴年収800万円以上の求人あり大規模ファームの求人が豊富
対応地域全国

取扱求人は、ビジネスコンサルタント、財務・会計、戦略・経営などの分野が多い傾向があります。また、大手コンサルティングファームからの求人も多いため、より大きなプロジェクトに携わりたい経験豊富な方に向いています。

さらに、転職コンサルティングに特化した専任コンサルタントが、求人の提案から面接日程の調整、入社条件の交渉まで一貫して行います。年収交渉にも強く、キャリアアップを目指したい方、コンサルタント経験を活かしてさらなる年収アップを目指したい方に向いたサービスです。

エグゼクティブリンク

エグゼクティブリンクは、コンサルティング業界に転職する方限定の特化型転職エージェントです。コンサルの求人を取り扱っており、年間の内定者数は500人以上、ハイクラス転職の内定率も高いため、年収アップを目指せます。

サービス名エグゼクティブリンク
対象年齢
取扱求人数非公開
求人の特徴ハイクラス求人が豊富大規模ファームやベンチャーなど幅広い求人がある
対応地域全国

サポートが手厚く、書類選考や面接選考はもちろん、筆記試験対策の支援も受けられます。筆記試験選考の対策では、それぞれのコンサル企業の過去、出題傾向や課題例を共有してもらえるため、万全の状態で試験を受けることができるでしょう。

また、面接対策では、コンサルティング企業からの質問、課題に備えられるようなアドバイスを受けることが可能です。論理的思考が求められるビジネスケースやフェルミ推定などの課題に対してアドバイスを受けられるため、転職前にコンサルタントに必要な思考力も身に着けることができます。

セミナーや特別講習も実施しているほか、企業インタビュー記事も豊富なため、様々な情報収集も行えるでしょう。  

よくある質問

最後にコンサルティング業界へ転職したい方の不安や疑問点など、よくある質問を紹介します。

コンサルタントは何年で辞める人が多い?

全体の2~3割の社員が、5年以上の長期で勤務しています。

実際にコンサルタントとして働いてみて「事業会社で働くよりもコンサルタントの方が面白い」「コンサルタントとしてもっと成長したい」と感じているようです。

多くの方がコンサルタントから転職する原因は「コンサルタント本来の能力の有無」だと誤解をしていますが、能力不足でコンサルタントを辞めざるを得ない方は多くありません。

3〜5年で辞める方の多くは、コンサルタントとしての能力は十分あるにも関わらず、新しい分野に挑戦したい、違うキャリアを目指したいというのが大きな理由です。

なぜコンサルタントへの転職を後悔する人が多いのか

ステータスや給与に魅力を感じてコンサルティングファームに転職したものの、思っていた仕事と違い後悔するからです。キャリアアップをすれば給与は上がりますが、道のりは長く、強い精神力や体力が求められます。

「華やかで格好良い」というイメージで転職をしても、即戦力になる実務経験、専門性が高い資格の両方がなければ、最初は事務作業がメインです。よって、転職を後悔する方もいます。

コンサルタントへの転職には英文の読解力は必要か?

コンサルタントとしてキャリアを積むには、TOEIC700点以上が望ましいといえます。

TOEIC700点以上のレベルであれば、ビジネス文書を読みこなし、クライアントと効果的なコミュニケーションをとることが可能です。中級レベルの英語力は、質の高いレポートやプレゼンテーションの作成を可能にし、国内プロジェクトである程度の成果を上げることが期待されます。

まとめ

コンサルティング業界への転職と一口に言っても、スキルアップや年収アップ、将来のキャリアを見据えてコンサルティングスタイルで働きたいなど、転職理由は様々です。

転職を少しでも躊躇しているのであれば、まずは情報収集することで納得のいく決断ができるでしょう。

転職エージェントごとに、非公開求人が多い、入社後のサポートが充実しているなど様々な特徴があります。サポート内容や求人数などを比較し、自分に合ったサービスを利用することが大切です。

転職サイトや転職エージェントを味方につけて、コンサルタントへの転職を成功させましょう。

目次