経営コンサルタントになるには何が必要?必要な資格や業務内容、給料も解説

経営コンサルタントは、企業の経営課題を分析し解決策を提案する専門家です。
この記事では、経営コンサルタントの多岐にわたる仕事内容、経営コンサルタントになるために有用な資格、さらには職業としての年収やキャリアパスについて詳しく解説します。

経営コンサルタントの仕事は多様で、時には厳しい挑戦が伴いますが、それに見合うやりがいと将来性があります。この記事を通じて、経営コンサルタントという職業の全体像を把握し、その魅力を深く理解することができるでしょう。

※本記事に記載されている企業や資格に関する情報などは2023年時点のものです。

目次

【事実】経営コンサルタントは資格がなくてもなれる

経営コンサルタントに特定の資格は必須ではありませんが、関連する資格を取得することで専門性を高め、キャリアを充実させることができます。中小企業診断士や税理士、公認会計士など、多種多様な資格が経営コンサルタントの業務に直結しており、これらの資格を保有することで、より深い分析能力や具体的な解決策の提供が可能となります。

ここでは、経営コンサルタントに有益な資格や、取得によってどのようなメリットがあるかについて詳しく解説していきます。

中小企業診断士

中小企業診断士は、中小企業の経営全般に関する深い知識と実務能力を証明します。具体的には、経営計画の策定、財務管理、マーケティング、人事管理など、企業運営の多岐にわたる分野についての専門性を身に着けることが可能です。

中小企業診断士の資格を持つことで、経営コンサルタントとしての信頼性が高まり、より広範な顧客へのアドバイスを行うことができます。また、ビジネスの現場で直面する具体的な問題解決能力も磨けるでしょう。

税理士

税理士資格は、企業の税務に関する専門的な知識を有し、税法に基づくアドバイスを提供できる資格です。

経営コンサルタントが税理士資格を持つことにより、クライアント企業の財務分析、税務計画、税金対策などの複雑な問題を解決する能力が格段に向上します。

特に、税務に関する専門的なアドバイスは、企業の利益最大化やコスト削減に直結し、クライアントにとって非常に価値の高いサービスとなります。税理士の資格は、経営コンサルタントとしての専門性を深め、より高度なコンサルティング能力を発揮するための重要なステップとなるでしょう。

公認会計士

公認会計士は、深い財務知識と高度な会計技術を有することを意味し、組織の財務報告や会計監査に関する専門的な助言が可能になります。

経営コンサルタントとして公認会計士の資格を持つことで、クライアントの財務状況の分析、リスク管理、投資判断など、より高度な財務アドバイスの提供が可能です。また、企業経営における財務戦略の立案や、経営改善計画の策定においても、その専門知識が大いに役立ちます。

公認会計士は、経営コンサルタントのキャリアにおいて、財務面での信頼性と説得力を大幅に高める重要な資格といえるでしょう。

会計士

会計士は、企業の会計と財務管理に関する高度な知識と技能を持つことを証明し、経営上の意思決定に不可欠な財務情報の分析と解釈を可能にします。

会計士が経営コンサルタントとして活動する場合、企業の予算計画、財務報告の作成、投資分析など多方面に渡って活用することが可能です。また、財務リスクの評価や内部統制の強化といった分野でのコンサルティングにも大きな強みを発揮します。

会計士の資格を持つことで、経営コンサルタントはより信頼性の高い、戦略的な財務アドバイスを提供できるようになり、企業の持続的な成長と健全な経営に貢献することが可能です。

経営士

経営士は、経営管理の原理と実務に関する幅広い知識を持っていることを示します。経営士の資格を有することにより、経営コンサルタントは組織の戦略立案、業務改善、人材管理などの領域でより効果的なアドバイスを提供できるようになります。

特に、事業戦略の策定、マーケティング、オペレーション管理、リーダーシップとチームビルディングなど、経営の多様な側面に対して実践的なアプローチを取ることが可能です。

経営士は、経営コンサルタントが広範な経営問題に対応し、企業の成長と発展に貢献するための重要なスキルセットを提供します。

社会保険労務士

社会保険労務士の資格は、労働法規や社会保険に関する専門知識を有し、労務管理の分野での専門的なアドバイスを提供できることを意味します。

経営コンサルタントが社会保労務士の資格を保有している場合、人事戦略、給与体系の設計、労働法規遵守のアドバイスなど、人的資源管理の分野でのコンサルティングにおいて重要な役割を果たします。

また、労働関連の規制は常に変化するため、社会保険労務士の資格は経営コンサルタントにとって、取得して損はない資格といえるでしょう。企業が法的な問題を回避し、労働関係の健全性と効率性を高め、組織全体の成果向上に貢献できます。

経営コンサルタントの仕事内容

経営コンサルタントの仕事は、企業が直面する複雑な経営課題の解決を支援することです。特に、戦略立案、データ分析、プロジェクト管理、クライアントとの有意義なコミュニケーションが求められます。

経営コンサルタントは、ビジネス環境の変化を見極め、効果的な戦略を提案するために、業界のトレンド・市場データを分析や、プロジェクトの管理や実行支援を行い、企業が戦略を成功させるための実践的な手助けを提供します。重要なのは、クライアントのビジョンと目標を理解し、達成に向けて密接に協力することです。

これらの仕事内容を通じて、経営コンサルタントは企業の持続可能な成長と競争力の強化に貢献します。

クライアントの課題特定と戦略立案

経営コンサルタントの中核的な役割の一つは、クライアントが抱える課題を特定し、長期的な成功に向けた具体的な計画を策定することです。初期段階では、経営コンサルタントは徹底した市場分析、競合調査、内部評価を行い、企業の強み、弱み、機会、脅威(SWOT分析)を明確にします。

クライアントの課題を特定するには、従業員のインタビュー、業務の観察、財務報告の分析が必要です。これにより、組織の運営に関する洞察を得ることができ、問題の根源を特定することが可能になります。例えば、売上の低下、顧客満足度の低下、効率の悪い業務プロセスなどが問題点として挙げられることがあります。

課題が特定された次に行うのが、解決のための戦略立案です。目標設定、リソースの割り当て、実施計画の策定などが行われます。戦略は、新しい市場への進出、新製品の開発、コスト削減、内部プロセスの最適化など、クライアントの特定のニーズに応じて多岐にわたります。成功には、戦略が現実的かつ実行可能であること、および組織の文化や構造に適合していることが重要です。

また、戦略立案には、変化への抵抗を克服し、組織全体の参加を促すためのコミュニケーション戦略も含まれます。経営コンサルタントは、戦略の成功を確実にするために、継続的なサポートと実行の監視を行い、必要に応じて戦略の調整を行うことも重要な役割です。このプロセスを通じて、経営コンサルタントは企業の市場での競争力を強化し、持続可能な成長を支援します。

データ分析と問題解決

大量のビジネスデータを分析し、実際のビジネス上の問題解決に応用します。分析するデータは、企業の業務効率化、市場機会の特定、顧客行動の解析、リスク管理の強化など多岐にわたります。他にも、販売データ、顧客のフィードバック、市場動向、競合他社の分析など、さまざまな情報源からデータを収集します。これらのデータを用いて、企業が直面している問題の本質を明らかにし、解決策を提案するのです。

なお、データ分析は単に数字を見るだけではなく、背後にある物語を読み解くことが重要です。そのため、経営コンサルタントはデータの傾向を分析し、戦略的な意思決定に結びつける能力が求められます。

プロジェクト管理と実行支援

クライアントが直面する課題に対する具体的な解決策を計画します。経営コンサルタントは、プロジェクトの成功に不可欠であるプロジェクトの方向性を定め、チーム内のコミュニケーションを円滑にするほか、関係者間の調整や進捗の監視、必要に応じて計画の調整も行います。

また、クライアントのチームと密接に協力し、計画の実行段階で直面する課題の対処も仕事の1つです。具体的に述べるとすれば、操作手順の提供、スタッフのトレーニング、新しいプロセスやシステムの導入支援などが該当します。

経営コンサルタントは、企業が戦略的な変革を実現し、ビジネスの成長と成功を達成する手助けを行います。単なる理論的な提案に留まらず、実際のビジネス環境で実行可能な解決策の提案が大切です。

クライアントとのコミュニケーションと関係構築

プロジェクト実行のためには、信頼と相互理解を基盤とし、クライアントのニーズと期待を正確に把握することから始まります。プロジェクトの全過程で一貫性と責任感を持って行動し、クライアントの利益を最優先に考えましょう。

経営コンサルタントは、クライアントの疑問に対して提案内容の理解を促進するために、分かりやすい言葉を用いて複雑な概念を説明することが求められます。また、クライアントの意見や懸念に真摯に耳を傾け、それに基づいてアドバイスや戦略を調整することで、プロジェクト成功へ導くことができるでしょう。

なお、長期的な関係を築くためには、プロジェクトの進捗や成果について定期的に報告することが望ましいです。クライアントとの強固な関係を構築することで、より深い洞察を得ることができ、クライアントのビジネスに対する影響力を高めることができるでしょう。

経営コンサルタントを目指す人は経営学が学べる学校へ行くとよい

経営コンサルタントを目指すためには、経営学が学べる大学へ進学しましょう。特に、MBA(経営学修士)プログラムや経営学部のコースは、実践的なビジネススキルと理論を学生に提供しています。経営コンサルタントとしてのキャリアを積むための基礎を築くことができるため、マーケティング、財務管理、人的資源管理など、経営に関連する広範な分野を学ぶことができるでしょう。

ケーススタディやプロジェクトワークなど、実際のビジネスシナリオを解析し、戦略的な解決策を提案する経験を積むこともできるほか、現役の経営コンサルタントや業界の専門家による講義やワークショップを通じて、最新のビジネストレンドや業界のインサイトを学ぶことができます。

また、グローバルビジネスの理解を深める、国際的な事例の研究や、留学プログラムを通じて異文化間のビジネスコミュニケーション能力を養うことも可能です。将来的に国際的なプロジェクトで働く経営コンサルタントを目指す方や、異文化間のコミュニケーション能力を養い、多様なビジネス慣習や経営スタイルを直接学びたい方にもおすすめです。

経営コンサルタントのやりがい

経営コンサルタントは、企業の課題を解決し、経営改善に直接貢献することができます。経営者や幹部と協力して企業の未来を形作る過程で、課題解決の達成感、重要な意思決定への関与、そして企業成長への貢献を実感することができます。また、企業が直面する多様な問題に対応する中で、経営コンサルタント自身のスキルも磨かれ、専門性が高まります。

ここでは、経営コンサルタントの仕事における具体的なやりがいについて詳しく解説します。

課題解決の達成感を得ることができる

経営コンサルタントとして最も大きなやりがいの一つは、課題解決の達成感です。経営コンサルタントが携わる課題は、企業の経営の大部分に関わることが多いです。そのため、簡単に解決できるような課題ではありません。何度もクライアントやプロジェクトチームでの打合せ・データ分析・施策作成・施策提案を行い、課題の解決に励む必要があります。

時には、休暇を取る暇もないくらい多忙な時期や、施策提案が思うようにいかず、ナイーブな気持ちになることもあるでしょう。しかし、自分が作成・提案した施策でクライアントのビジネスが持続的に成長し市場で競争優位を確立したり、内部環境が改善されていく成果を追うことで、大きな達成感・充実感を得ることができます。

また、課題解決の達成感は、経営コンサルタント自身の専門知識やスキルの向上にも繋がり、自身のキャリア成長に強い影響を与え、今後のプロジェクトでの成功に繋がるでしょう。

経営者や幹部などの上層の人物との関わりが増える

経営層との関係を通じて、経営コンサルタントは組織全体の変革を推進する力を持ち、より大きなビジネスインパクトを生むことが可能です。経営コンサルタントは、経営の核心に迫る重要なビジネス決定に影響を与える機会が多いため、経営者や幹部などの上層人物との関わりが増えます。経営層は、ビジネスの深い洞察と広範な経験を持っているため、彼らとの関わりはコンサルタント自身の思考やアプローチを拡張する絶好の機会とも言えるでしょう。

また、経営層は企業の戦略的方向性を決定し、組織全体への影響力を持っているため、彼らの信頼と理解を得ることは、プロジェクトの成功に不可欠です。経営層と密接に関わることにより、経営コンサルタントはビジネスの最前線で活動し、重要な意思決定プロセスに参加する機会を得ます。これにより、経営コンサルタントは自身のキャリアにおいて、より大きな影響力を持ち、業界内での名声と専門性を高めることができます。

会社の運営にかかわる重要な問題に携わることができる

経営コンサルタントは、会社の運営に関わる重要な問題に深く関与することができるため、企業の成長に直接貢献し、成果を実感することができます。

経営の効率化・組織構造の改善・収益性の向上のほか、新しい市場機会の特定・コスト削減のためのプロセス最適化・リスク管理の強化など、ビジネスの基盤を形作る要素に直接的に影響を与える機会が豊富です。また、テクノロジーの活用やデジタル変革の推進といった、現代のビジネス環境における新たな取り組みにも挑戦することができます。このことから、自身の専門性と経験を深める機会となるでしょう。

経営コンサルタントの年収

経営コンサルタントの平均的な年収は450万円~1,000万円と言われています。国税庁の発表した「令和4年民間給与実態系統調査」での日本の平均年収は458万円であり、それと比べて給料が高い傾向にあります。

中でも、外資系企業のコンサルタントは日系企業より高い年収を得る傾向があり、代表的なコンサルティング企業ではさらに高い年収が見込まれます。

【大手コンサル会社の平均年収比較】

マッキンゼー・アンド・カンパニー1,254万円
ボストン コンサルティング グループ1,483万円
ベイン・アンド・カンパニー1,254万円
A.T.カーニー1,358万円

20代の新卒では、年収は400万円程度からスタートしますが、年代や役職が上がるにつれて年収も上昇する傾向があります。
年収を上げたいという方にとってもおすすめの職業といえますね。

経営コンサルタントに将来性はある?キャリアパスについて解説

経営コンサルタントは、企業の経営改善や戦略策定のニーズが高まっているため、この職業の需要は今後も安定して増加すると予想されています。

また、ファーム内では、経験と専門性を深めることで、上級コンサルタント、プロジェクトリーダー、パートナーなどへとキャリアを進展させることも可能です。このように、同じ会社で昇進を続けるコンサルタントもいる一方で、スキルや実力を身に着けて独立を行うコンサルタントも多く存在します。自分の得意とするテーマや案件を軸に仕事を進めていけるため、仕事も行いやすく、実力も発揮しやすいでしょう。

近年では、同じ会社に留まるよりも、スキルや能力を身に着けて、自分が活躍できる事業会社へ転職する方や、独立して起業する方が多いといわれています。社員が働きやすいように環境を整えているコンサルティングファームも増えてきているため、最初に入った会社で働きながら自分の得意分野を明確にしていき、活躍できる環境やライフスタイルに沿った会社へ転職するのもよいでしょう。

経営コンサルタントの求人の傾向

市場の変動や新たなビジネスモデルの出現に対応するため、革新的な思考と柔軟性を持つコンサルタントへの需要は引き続き高くなっています。

大手コンサルティングファームから中小規模の専門会社まで幅広く、ポストも新卒採用からシニアレベルの専門職まで多様です。このため、経営コンサルタントは将来性の高い職業として多くの求人が見られ、キャリアの展開可能性も広がっています。

また、必要とされる分野も幅広く、デジタルトランスフォーメーション、データ分析、財務戦略、人事戦略など、特定の専門分野に対するニーズが高いです。グローバルなビジネス環境への適応や、新興市場への進出を支援する役割を求める企業もいるため、自身の持つスキルが必要とされる企業が見つかる可能性が高いでしょう。

経営コンサルタントの適性をチェック

経営コンサルタントになるためには、分析力、問題解決能力、コミュニケーションスキルなどの資質が重要とされています。また、論理的思考力やビジネスに対する深い理解も必須です。

ここでは、経営コンサルタントに必要な具体的なスキルと特性について詳しく掘り下げ、自分自身がこのキャリアに向いているかを見極めるためのポイントを解説します。

論理的に物事を考えることができる

論理的思考は、クライアントが直面する課題の根本的な原因を特定し、データ駆動の洞察を提供するために不可欠です。また、複数の案件を同時に管理し、それぞれのプロジェクトの優先順位を定める際にも欠かせない能力といえるでしょう。

経営コンサルタントは、論理的なアプローチに基づいて戦略を立案し、クライアントに対して説得力のあるアドバイスを提供する必要があります。そのため、論理的思考力を鍛えることで、より課題解決力のある経営コンサルタントへと成長できるでしょう。

心身ともにタフである

経営コンサルタントは、高いストレスレベルと厳しい期限に直面するため、心理的な耐久力と身体的な健康が求められます。長時間の労働、早朝から深夜まで続く会議、急なスケジュール変更に対応するためには、強靭な精神力と体力が必要です。

また、プロジェクトの成功を実現するためには、逆境に立ち向かう決意とストレスを効果的に管理する能力が求められます。課題の解決策が見つからない場合や、提案した施策がなかなか上手く進まない場合などにも、前向きに取り組んでいける人は現場で重宝されるでしょう。

【外資系を目指す場合】語学力は必須

ビジネスレベルの語学力は、外資系企業における昇進やキャリア発展の鍵となります。このため、経営コンサルタントとして国際舞台で活躍するためには、語学力を磨くことが不可欠です。

外資系経営コンサルタントの場合、クライアントやチームメンバーが多国籍であることが多いです。そんな中、プロジェクトを進行していくためには、ビジネスレベルの英語力が欠かせません。英語でのやりとりが行えることで、案件の幅が広がるほか、データ分析や問題のヒアリングなどもスムーズに行うことができるでしょう。

そんなコンサルタントに求められる英語力は、TOEICⓇスコア700点とされています。まずは、700点のラインを目標にして学習を行うとよいでしょう。

なお、日系コンサルティングファームの場合は、日本国内の案件が多いため、英語力が特に求められるということは少ないです。中途採用の場合でも英語力が問われるということも少ないと言われています。ただ、英語が理解できることは強みとなるため、1つのアピールポイントとして学習しておくのもよいでしょう。

よくある質問

3つのよくある質問をまとめました。経営コンサルタントを目指す方は是非チェックしてください。

経営コンサルタントになるために必要な資格はある?

経営コンサルタントになるために特定の資格は必須ではありません。しかし、中小企業診断士やMBAなどの資格を保有していることでプロジェクトの課題の発見や解決時に役立つことがあります。

このように経営コンサルタントに資格は必要とされていませんが、ある程度の経営に関する知識は備えておくとよいでしょう。例えば、経営学や商学部などの学部へ進学したり、MBAを取得するなど、ビジネスに関する深い知識や専門性を磨くことで、コンサルタントとしての信頼にも繋がるでしょう。

経営コンサルタントの年収は?

経営コンサルタントの平均的な年収は600万円~700万円と言われています。国税庁の発表した、日本の平均年収は458万円(令和4年民間給与実態系統調査)に比べると、高給であることが伺えます。

日系と外資系のコンサルタントファームのどちらで働くかによっても年収が変わるため、自分の働きたい環境や得意分野を比較して選択してみると良いでしょう。

経営コンサルタントはどんな人に向いている?

経営コンサルタントは、複雑なビジネス環境での柔軟な対応能力が求められるため、論理的思考力、高い問題解決能力、強いコミュニケーションスキルが備わっている人に向いているといえるでしょう。

また、クライアントの課題解決による業績の改善等が主な業務であることから、ビジネスに深い洞察をもたらし、企業の成長に貢献することにやりがいを感じる人にも適した仕事といえます。

まとめ

経営コンサルタントになるためには特に必要な資格はありません。しかし、ある程度の経営に関する知識を備えておくことが重要です。そのため、中小企業診断士やMBAなどを学習したり、経営学が学べる大学へ進学するのも良いでしょう。また、日系コンサルティングファームで働く場合は、特に英語力を求められることはありませんが、外資系コンサルティングファームを目指す場合は、TOEIC700点を取得していることが望ましいです。

経営コンサルタントは、企業の課題解決や業績の改善に携わる仕事のため、多忙になりがちですが、達成感の感じられる非常にやりがいのある仕事といえます。クライアントのために結果を求めて最後まで取り組める方や、課題解決のための論理的思考力やコミュニケーション能力が高い方はぴったりの仕事といえるでしょう。

目次