SIerからITコンサルタントへ転職するには?メリットや必要なスキルも紹介

「SIerからITコンサルへ転職するにはどうすればいい?」と悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

結論からいうと、SIerからITコンサルへの転職は非常におすすめのキャリアパスです。SIerとITコンサルには共通点が多く、これまでの知識や経験を活かすことができる転職先と言えます。ただし、SIerとITコンサルの違いも理解しておかないと転職を成功させることはできません。逆に、SIerとITコンサルの違いを押さえておくことで、グッと成功に近づくことができます。

そこで今回は、SIerとITコンサルの違いや転職のポイント、転職事例などを紹介します。この記事を読めば、きっと転職への第一歩が踏み出せるでしょう。

目次

SIerからITコンサルは目指せる

SIerからITコンサルへの転職は、間違いなく目指せるキャリアビジョンです。

ITコンサルの仕事はSIerと共通している点が多く、SIerとしての知識や経験、プロジェクトマネジメント力などのスキルが発揮できれば、ITコンサルでも間違いなく通用します。要件定義やシステム設計、システム構築など、これまでの経験を活かすことで、スムーズに仕事が進められるでしょう。

ITコンサル業界はSIerからの転職者が多く、企業からの需要も高いのが実態です。

ITコンサルタントとは?

ITコンサルタントとは、ITソリューションを活用して企業の経営課題を解決する職種です。一般的に、ITコンサルタントはコンサルティングファームに所属し、クライアント企業に派遣されます。

クライアント企業の経営戦略などをヒアリングし、IT戦略の策定やシステム設計、導入に向けたプロジェクト管理などを担う役割です。その業務内容は幅広く、高いヒアリングスキルやマネジメント力、プレゼンテーション能力などが求められます。

また、現在はITシステムを利用しない企業は少なく、ほぼすべての企業が顧客対象です。そのため、ITコンサルタントは企業の課題をITの力で解決に導くスペシャリストとして需要が高まっています。

ITコンサルタントの仕事内容

ITコンサルタントの仕事内容は、クライアント企業の経営課題をITソリューションを活用して解決することです。その範囲は幅広く、以下のような仕事を担います。

ヒアリング・分析経営者やIT部門から経営戦略・経営課題・業務フローなどをヒアリングし課題を分析
提案経営課題を解決するためのIT戦略やITソリューションなどを提案
マネジメント経営課題を解決するシステム開発などのプロジェクトを管理
課題解決システム開発などにより経営課題を解決

課題分析からシステム導入の提案、システム開発における設計・動作検証・最適化など、総合的に依頼されることもあります。

また、経営方針に深く関わるため上層部との対話が多いのも特徴です。

SIerとITコンサルの4つの共通点

SIerとITコンサルは、仕事内容や必要なスキルなど共通点が多いのが特徴です。

  1. IT知識を活用してクライアントの課題を解決する
  2. 常に新しいIT知識を追い求める
  3. コミュニケーション能力が必要
  4. 課題発見力やヒアリング能力が求められる

ここでは、SIerとITコンサルの4つの共通点を紹介します。

1. IT知識を活用してクライアントの課題を解決する

1つ目の共通点は、IT知識を活用してクライアントの課題を解決する点です。ただし、役割は同じでも目的が異なるため混同しないよう注意しましょう。

SIerは、システムユーザーとコミュニケーションを取りながら、課題を解決するためにシステム開発を請け負います。つまり、ユーザー視点で課題解決をしていく役割です。一方でITコンサルは、経営者などとの対話から経営課題を探り、課題解決に向けたシステム開発などを提案します。経営者視点で企業の課題を解決する役割です。

また、SIerはシステムプロダクトの納品までが業務範囲ですが、ITコンサルはシステムの提案や業務要件定義などの手法検討までが範囲であることが異なります。

いずれにしても、IT知識を活用してクライアントの課題を解決する方向性は一緒です。

2. 常に新しいIT知識を追い求める

2つ目は、常に新しいIT知識を追い求める点が共通しています。

SIerもITコンサルも、仕事を行ううえで深いIT知識や最新のITテクノロジーに関する情報収集が欠かせません。なぜなら最新のITサービスなどを紹介し、クライアントの課題に応じたITシステムを導入することが価値提供となるからです。

また、SIerは要件定義や設計、プログラミングなどの知識や経験も兼ね備えています。ITコンサルは実務を行うことが役割ではありませんが、チームでプロジェクトを遂行するために実務的な知識も必要です。

SIerとITコンサルは、いずれも常にIT知識をアップデートすることが求められています。

3. コミュニケーション能力が必要

3つ目の共通点は、コミュニケーション能力が必要な点です。

SIerとITコンサルは、プロジェクトを管理するうえで多くの人に関わってマネジメントをします。ヒアリングや情報連携、業務依頼や調整など、高いコミュニケーション能力が備わっていなければ、仕事は円滑に進みません。テキストや面談などによるコミュニケーションを通じて、相手の意図を正確に汲み取り、自分の意見や考えを相手に理解してもらうことで、クライアントに満足してもらえるのです。

SIerとITコンサルは立場や業務は異なりますが、クライアントやプロジェクトチームでのコミュニケーション能力が重要な点は共通しています。

4. 課題発見力やヒアリング能力が求められる

4つ目は、課題発見力やヒアリング能力が求められる点です。

SIerはユーザー、ITコンサルは経営層と相対する対象に違いはありますが、どちらの相手もITに精通しているとは限りません。そのようなクライアントから潜在的なニーズや課題を発見するためには、さまざまな角度から質問し相手の悩みを引き出すヒアリングが必要です。クライアントも気づいていなかった課題を見つけ出す課題発見力があるからこそ、適切なITソリューションに繋げることができます。

SIerやITコンサルは、単にIT知識や技術があるだけでは不十分であり、高度なヒアリング能力と課題発見力が求められる点は共通しています。

SIerとITコンサルの違い

SIerとITコンサルには数多くの共通点がありますが、もちろん異なる点もあります。

  1. ITコンサルタントは経営やビジネスに常に高い意識を持つ必要がある
  2. ITコンサルタントは常に成果が求められる
  3. ITコンサルタントのほうが提案できる幅が広い

ITシステムを扱うSIerとITコンサルの違いを3つ解説します。

1. ITコンサルタントは経営やビジネスに常に高い意識を持つ必要がある

ITコンサルは、ITだけでなく経営やビジネスに高い意識を持たなければなりません。

SIerはシステム開発や運用がメインの役割であるため、ITや最新テクノロジーに関して高い意識を持って知識を習得する方が多いです。一方でITコンサルは、クライアント企業の課題解決を通じて企業の発展を支援することに重きを置いています。コミュニケーションを取る相手も経営者や役員などが多く、必然的に経営やビジネスの知識がなければ信頼してもらえません。

IT知識はもちろんのこと「プロのコンサル」として高い意識を持つことが求められるのです。

2. ITコンサルタントは成果が常に求められる

ITコンサルは、常に成果が求められる立場である点も異なります。

SIerは、クライアントが希望するシステムやサービスを納品することが求められます。これも、責任のある重要な仕事であるのは間違いありません。

ですが、ITコンサルの場合は、経営課題を解決することで経営に関わる各種指標を改善させることが求められます。ITソリューションの導入はあくまで手段であり、その手段が適切であったかも責任として問われるのです。そのため、ITコンサルは成果を出すために、ヒアリングや課題設定などが重要な仕事といえるでしょう。

3. ITコンサルタントの方が提案できる幅が広い

ITコンサルは、クライアントに提案できる幅が広い点も特長です。

SIerの場合は、システムやITサービスの提供でビジネスが成り立っています。そのため、自社のシステムや自社で対応できる範囲のITソリューションなど、提供できる範囲が限定されるケースが多いです。一方で、ITコンサルはクライアントの課題解決でフィーを受け取っています。そのため、自社に限らずあらゆるITソリューションの中から、クライアントの課題解決に最も近道な提案をすることができるのです。

ITコンサルの方が自由度が高いですが、その分難易度が高いともいえるでしょう。

SIerからITコンサルに転職する3つのメリット

「ITコンサルに転職したい」と考えたことがあるSIerの方は多いのではないでしょうか。SIerとITコンサルは親和性が高く、転職に向いている組み合わせです。

ここからは、SIerからITコンサルに転職するメリットを3つ紹介します。

  1. 今後のキャリアにつながる
  2. 年収アップが見込める
  3. 若手のときからビジネスについて深く学べる

それぞれ詳しく解説していきます。

1. 今後のキャリアに繋がる

ITコンサルに転職すると、今後のキャリアに繋がるメリットがあります。

ITコンサルは、SIerと比べて経営やビジネスにより深く関わる仕事です。また、大手企業の経営層や責任者など幅広い人脈を手に入れることができ、その経験からキャリアの選択肢が広がります。

なお、現職がSIerであれば、ITエンジニアとしてのキャリアアップが一般的です。それに対してITコンサルは、大手企業への転職や経営・戦略コンサルへの転身、自分での起業独立など、さまざまなキャリアパスの可能性があります。今は目指すキャリアが決まっていない方でも、ITコンサルは魅力的な職種といえるでしょう。

2. 年収アップが見込める

これまでのキャリアやスキルが前提ではありますが、ITコンサルへの転職で年収アップが見込める点は大きなメリットです。

SIerの平均年収は400〜650万円といわれています。決して低い水準ではなく、SIer人材へのニーズの高さが表れています。しかし、ITコンサルはさらに高年収であることが多く、能力によって年収1,000万円も夢ではありません。

また、多くのコンサルが実力主義で評価されており、若くても能力が高ければ相応の年収が約束されます。ロジカルシンキングやプレゼンテーション力、ヒアリング力などの高度なスキルが求められるのは大変ですが、高年収の裏返しだと考えれば納得できるでしょう。

3. 若手のときからビジネスについて深く学べる

ITコンサルは、若手のときからビジネスについて深く学ぶチャンスがあります。

SIerの場合、クライアントとの折衝や上流のシステム設計などの仕事は、30〜40代にならないと任せてもらえないケースが多いです。一方で、ITコンサルの場合はクライアント企業の経営層や部門責任者がコンタクトを取る相手になるため、若手であっても重要な仕事を任せられます。

大手企業がクライアントになると、数十億円規模のプロジェクトも珍しくありませんが、実力が認められれば経験することも可能です。もちろん責任も重いですが、一般企業では管理職でないと味わえない経験を学ぶことができます。

SIerからITコンサルに転職する3つのデメリット

SIerからITコンサルへの転職はたくさんのメリットがありますが、一方でデメリットがあることも知っておく必要があります。

  1. 高い成果を追い続ける必要があるため残業や仕事量が増えやすい
  2. SIerよりも高いスキルが求められるためインプットの多さについていけなくなる恐れがある
  3. SIerよりも会議の回数が多い

メリット・デメリットの両方を理解したうえで転職を判断しましょう。

1. 高い成果を追い続ける必要があるため残業や仕事量が増えやすい

ITコンサルは、高い成果を追い続けるために残業や仕事量が増える点がデメリットです。

クライアント企業は、ITコンサルに高いコストを支払って依頼しています。その代わりに、経営課題の改善についてシビアに要求するのです。クライアントからのプレッシャーに応えるために、ITコンサルは自分の時間を削ってでも高い成果を追い求めざるを得ません。

また、ITコンサルは複数の案件を兼務するのが一般的です。複数のクライアントとコミュニケーションを取ったり会議に参加したりすると、どうしてもクライアント優先の予定となってしまいます。結果的に、ITコンサルの残業や仕事量が増え続けてしまうのはこのためです。

2. SIerよりも高いスキルが求められるためインプットの多さについていけなくなる恐れがある

ITコンサルはSIerと比べてインプットの量が多く、仕事についていけなくなるリスクがあるのもデメリットです。

ITコンサルは、経営層との対話からクライアントの潜在的な課題を発見することが求められます。多角的な分析を行うためには、クライアントやその業界を取り巻く情報を常にアップデートしなければなりません。クライアントが満足する提案は、最新のIT技術やトレンドをキャッチアップすることで初めて実現できます。

さらに、クライアントとの会議や資料など、日々インプットする量は膨大です。キャパオーバーになってしまうと、クライアントとの信頼関係が崩れてしまうことになるでしょう。

3. SIerよりも会議の回数が多い

ITコンサルは、SIerと比べて会議の回数が圧倒的に多い点もデメリットです。

SIerは、システムなどの完成品を納品することが役割です。そのため、会議に出席するよりもシステム開発の比重が高くなるため、自分のペースで仕事を進められる環境といえるでしょう。一方で、ITコンサルは潜在的な経営課題にアプローチをする役割です。そのため、クライアントとの会議に参加して課題を見つけ出す必要があります。

また、課題解決に向けて、クライアントと週に何回もミーティングするのが一般的であり、ミーティングのための社内会議も必要です。ITコンサルは、会議の合間に作業をするイメージを持っておくとイメージと現実のギャップが少なくなるでしょう。

SIer出身者がITコンサルへ転職する際のアピールポイント

SIer出身者がITコンサルへ転職するには、アピールすべきポイントを押さえておく必要があります。せっかく強みになるスキルや経験があっても、伝わらなければ意味がありません。SIer出身者がITコンサルへ転職する際の、主なアピールポイントは以下のとおりです。

アピールポイント詳細
プロジェクトマネジメント能力大規模プロジェクトを担当・管理した経験
コミュニケーション能力チーム内でのコミュニケーション
問題解決能力プロジェクトでトラブルを解決した経験
エンジニアとしての技術力設計・開発・運用などのITスキル
折衝交渉力クライアントと折衝した経験
コミット力クライアントの厳しい要求に応えた経験

どのポイントも、ITコンサルになることで活かせるものばかりです。自信を持ってアピールできるように、自分のスキルや経験を棚卸ししておきましょう。

SIer出身者の主な転職先

SIer出身者が転職する先は、ITコンサルを含め多岐にわたります。主な転職先は以下のとおりです。

転職先特長
コンサルティングファーム・幅広いビジネススキルを習得
・さらなるキャリアアップの可能性
スタートアップ企業・自由なアイデアで柔軟に活動
・早期に事業をリードする立場も可能
大手企業・大規模なプロジェクトに参画
・安定した雇用と充実した福利厚生
技術系企業・最新技術の研究開発に関与
・専門技術の習得が可能
自社開発企業・自社商品の開発に参加
・自社商品販売の達成感
外資系企業・グローバル規模で活動
・成果に応じた高い評価と報酬

さまざまな転職先があるからこそ、自分のスキルや目指す方向性を踏まえて選択しなければなりません。転職を考える際には、将来のキャリアプランを描いておきましょう。

SIerからITコンサルを目指す際に必要な5つのスキル

SIerとITコンサルは共通点が多いですが、ITコンサルだからこそ特に求められるスキルがあります。ITコンサルを目指す際に必要なスキルを5つ紹介しますので、自己分析をしてみてはいかがでしょうか。

  • マネジメント能力
  • ロジカルシンキング
  • コミュニケーション能力
  • プレゼンテーション能力
  • 各領域の専門知識

それぞれ詳しく解説していきます。

マネジメント能力

1つ目のスキルはマネジメント能力です。

ITコンサルは、課題解決に向けた提案がクライアントに認められると、プロジェクトを遂行する役割が求められます。プロジェクトリーダーの指示に基づき作業するSIerとは異なり、SIerに指示を出していく立場です。また、複数の部署と連携を取ったり、他社と協働してプロジェクトを進めたりするケースもあります。

このような環境でプロジェクト全体をリードするためには、より高いマネジメント能力が必要です。

ロジカルシンキング

ITコンサルにとって、ロジカルシンキングは必要不可欠なスキルです。

ITコンサルにとって、自分の頭を使ってソリューションを導き出すことが商品であり、ITシステムは手段に過ぎません。クライアントを分析し、顕在化している課題の裏にある真因を見つけ出すためには、客観的かつ論理的な思考が前提です。

また、分析結果や解決策が事実や根拠に基づいたものでなければ、クライアントの経営課題を解決できません。ITコンサルは、すべての行動においてロジカルシンキングが求められる役割なのです。

コミュニケーション能力

ITコンサルに必要なスキルとして、コミュニケーション能力は欠かせません。

潜在的な経営課題を見つけ出すためには、クライアントとの積極的なコミュニケーションが求められます。つまり、高度なヒアリング力が成果を左右するのです。

また、プロジェクトを成功させるためには、さまざまな立場の人を巻き込むことが必要となります。密接なコミュニケーションを通じてメンバーからの信頼を勝ち取り、リーダーシップを発揮できるITコンサルが成功するのです。

プレゼンテーション能力

ITコンサルの役割上、プレゼンテーション能力は非常に重要です。

どれだけ良い提案内容だとしても、クライアントが納得しなければ意味がありません。自身の提案内容を適切に説明するためにも、下記のポイントを意識しながらプレゼンテーションをしましょう。

  • 初めに結論を伝えてから説明する
  • 最初に話の構造を伝える
  • 伝えたい内容に限定し余計な話はしない
  • 専門用語や難しい言葉は使わない

プレゼンテーションのレベルが上がると、自信を持った説明ができクライアントからの信頼も高まります。プレゼンテーション能力はITコンサルの強い武器です。

各領域の専門知識

ITコンサルは、さまざまな領域の専門知識が求められます。

多くの企業がITコンサルを必要としているため、必ずしも経験のある業界のクライアントばかり任されるとは限りません。クライアントの経営課題を解決するためには、ITに関する専門知識だけではなく、その企業や業界の知識が必要です。また、経営戦略に関する知識も持ち合わせていなければなりません。

プロジェクトを担当する際は、書籍やニュース、論文などからインプットし、クライアントと対等に話せる知識を身につける力が求められます。

ITコンサルへの転職時に役立つ資格

ITコンサルへの転職にあたり、絶対に取得しなければならない資格はありません。一方で、ITソリューションを活用して経営課題を解決するためには、一定レベルの知識やスキルが必要です。転職では、知識やスキルを客観的に示すものとして、資格は強い武器となります。

なお、ITコンサルへの転職時に役立つ資格は以下のとおりです。

区分資格
ITスキル・知識・基本情報技術者/応用情報技術者
・ITコーディネータ
・ITILファンデーション
・ITストラテジスト
プロジェクトマネジメント・CompTIA Project+
・プロジェクトマネージャ
・PMP
経営知識・中小企業診断士
ITベンダー・Oracle Master
・LPIC
・CCNA

自分で習得したいスキルに合わせて、資格取得を目指しましょう。

SIerからITコンサルに転職する際の7つのポイント

「ITコンサルへ転職するには何をしたらいいの?」と悩んでいる方が多いのではないでしょうか。SIerがITコンサルへ転職するためには、押さえておくべき7つのポイントがあります。

  • 志望動機を明確にする
  • SIerとして養ったスキルや経験をまとめる
  • 自身のスキルが企業の求めるレベルに見合っているかをチェックする
  • 職務経歴書には参画した具体的なプロジェクトを交える
  • 面接時には結論から先に話す
  • 経営・ビジネスに関連する知識を習得しておく

それぞれ詳しく解説していくため、ぜひ転職活動の参考にしてください。

志望動機を明確にする

転職活動を始めるにあたって、志望動機を明確にすることが大切です。

SIerから進めるキャリアは、さまざまな選択肢があります。その中で「なぜITコンサルになりたいか」がはっきりしていないと、志望するコンサルファームに本気度が伝わりません。

  • お客様の会社経営に深く関わった仕事がしたい
  • 今まで以上に大規模なプロジェクトを動かしたい

上記のように具体的かつポジティブな動機であるほど、選考では好印象を与えます。また、志望するコンサルファームの魅力や自分が貢献できるポイント、どんな仕事をしたいかなどは、応募する企業ごとにまとめておきましょう。

SIerとして養ったスキルや経験をまとめる

SIerとしてのスキルや経験はしっかりまとめておきましょう。SIerは、他の職種に比べてITコンサルとの親和性が高く、転職後に活かせるものが多い点が強みです。

  • ITに関する知識や技術力
  • クライアントとの折衝経験
  • プロジェクトマネジメントの経験

SIerとしての能力はもちろん、コンサルに近い業務を経験している場合は積極的にアピールしましょう。過去のエピソードなども織りまぜ、ITコンサルとして活躍できるイメージをコンサルファームに抱いてもらえれば、就職活動は成功しやすくなります。

自身のスキルが企業の求めるレベルに見合っているかをチェックする

転職にあたっては、自身のスキルと企業の求めるレベルのバランスが重要です。コンサルファームでは、以下の点を中心に採用しています。

  • 業務知識
  • プロジェクトマネジメントスキル
  • コミュニケーション力
  • ポテンシャル

若い年齢であれば、業務知識やスキルが欠けていてもポテンシャルを重視して採用する企業もあります。ただし、30代以上の場合は、即戦力として選考されていると思って間違いありません。志望するコンサルファームが求めているレベルに対して、自分のレベルが見合っているか確認して応募するようにしましょう。

職務経歴書には具体的な参画したプロジェクトを交える

応募するときの職務経歴書では、参画したプロジェクトを具体的に書きましょう。

職務経歴書は、これまでの職歴やスキルを詳細にアピールするための書類です。コンサルファームは、まず職務経歴書から応募者のキャリアや能力を見て、即戦力となる人材かを見極めます。書類の時点で面接官から「大した経験をしていない」と判断されてしまったら、内定は難しいでしょう。

  • どんなプロジェクトに参画したか
  • どんな役割を担ったか
  • 成果にどのように貢献したか

これまでの経験を活かして、即戦力として活躍できることをアピールしましょう。

面接時には結論から先に話す

面接の鉄則として、面接官の質問には「結論から先に話す」ことを意識しましょう。

ITコンサルが相対するのは、多忙な経営層や部門の責任者です。そのため、ITコンサルには端的でわかりやすいコミュニケーションが求められます。ダラダラと結論が見えない話をする人は、コンサルの素養がないと判断されてしまうでしょう。

また、結論から話すことで論理的思考力もアピールできます。「PREP法」のように、自分の意見を整理してわかりやすく伝える手法を日頃から意識するとよいでしょう。

経営・ビジネスに関連する知識を習得しておく

ITコンサルを目指すなら、経営やビジネスに関する知識を習得しておきましょう。

ITコンサルになると、経営者とコミュニケーションを取る機会が多くなります。ビジネスの最前線にいる経営者と対等に渡り合うためには、ITのことだけではなく、経営や経済、ビジネスや世界情勢などの知見が必要です。話題が一致することで信頼が生まれ、より深い経営の話をすることができます。

日頃から書籍やニュースなどに触れ、最新情報にアンテナを張っておきましょう。

自分の強みを明確にする

ITコンサルへの転職を成功させたいなら、自分の強みを明確にしましょう。

せっかく面接まで進んでも、自分の希望を伝えるだけでは内定を手に入れることはできません。「収入をアップさせたい」「大きなプロジェクトに携わりたい」「経営に近い立場でクライアントに関わりたい」などの転職の動機は、コンサルファームにとってそれほど重要なことではないのです。以下のように、自身の強みやこれからのビジョンをはっきりと伝えることで、より内定へと近づくことができます。

  • どんな強みがあるか
  • コンサルファームにどのように貢献できるか
  • 今後どの分野で活躍したいのか

企業が採用したいと思ってもらうために、自分の強みを明確にして具体的な価値をアピールしましょう。

SIerからITコンサルタントに転職した際の給料

SIerからITコンサルへ転職した場合、ほとんどのケースで給料は高くなります。ただし、給料が増えるということは、求められる水準も高くなる点は覚悟しておきましょう。

ITコンサルの役職別の給料イメージは、以下のとおりです。

役職給料水準年齢層
コンサルタント500~700万円22~30歳
シニアコンサルタント700~900万円25~35歳
マネージャー900~1,400万円28~40歳
シニアマネージャー1,300~1,800万円32~45歳
パートナー2,000万円~35歳~

コンサルタントやシニアコンサルタントは、指示に基づき業務を行う立場です。一方で、マネージャーやシニアマネージャーはプロジェクトの責任者となります。責任者は、数字に対して重い責任を負うことになり、相当なプレッシャーを受けるでしょう。

責任の重い業務であるため、ITコンサルへの転職で1,000万円を超える給料を手に入れることも可能ですが、プロジェクト運営スキルや強いメンタル耐性が必要です。

SIerからITコンサルへの転職事例

SIerからITコンサルタントへの転職に成功し、年収アップを実現している方は数多くいらっしゃいます。実際に、SIerからITコンサルタントへ転職した事例をいくつか紹介します。

  • 27歳 大手SIer(年収550万円)からITコンサルタント(年収700万円)で転職
  • 30歳 独立系SIer(年収470万円)からITコンサルタント(年収710万円)で転職
  • 45歳 日系SIer(年収900万円)からITコンサルタント(年収1,100万円)で転職

上記のように、ITコンサルへの転職はSIerと比べて100万円以上の年収アップが実現できています。また、年齢層も幅広く、40代からの転職も十分に可能です。

キャリアアップを目指したいSIerの方は、一度ITコンサルへの転職を検討してみてはいかがでしょうか。

SIerからITコンサルへ転職する際のよくある質問

SIerからITコンサルへ転職する際のよくある質問に回答していきます。

  • そもそもSIerとは?
  • SIerとITコンサルで求められるスキルに違いはある?
  • ITコンサルへの転職難易度は高い?
  • SIerからITコンサルへの転職がおすすめな理由は?
  • SIerからITコンサルへ転職する際の注意点は?

転職は大きな転機ですので、疑問や不安は解消し、失敗しないようにしましょう。

そもそもSIerとは?

SIerとは、システムインテグレーターの略称です。システム開発や運用などを請け負う企業やエンジニアを指します。主な仕事内容は以下のとおりです。

  • システムの企画立案
  • システムの設計・開発
  • ハードウェア・ソフトウェアの選定
  • システムインフラの構築
  • 運用開始後のシステム運用保守

SIerは、クライアントのシステム開発に関わるあらゆる仕事を請け負う役割といえます。そのため、SIerは高度なITスキルや最新の知識が必須です。

SIerとITコンサルでは求められるスキルに違いはある?

SIerとITコンサルでは、求められるスキルが異なります。それぞれに求められる主なスキルは以下のとおりです。

SIerITコンサル
・進捗管理スキル
・プログラミングスキル
・最新IT技術の知識
・要件定義
・設計スキル
・コミュニケーションスキル
・マネジメントスキル
・ロジカルシンキング
・経営全般に関する知識
・プレゼンテーションスキル
・コミュニケーションスキル

システム開発や運用を担うSIerは、IT技術面の高いスキルが必要です。一方で、経営課題の解決を担うITコンサルは、高度なビジネススキルをより要求されます。

ITコンサルへの転職難易度は高い?

ITコンサルの転職難易度はそこまで高くありません。ITコンサルを必要とする企業は多く、需要が高まっているからです。

ただし、最近はITコンサルを志望する人が増えており、徐々に競争が激しくなっています。特定の資格が不要で、高収入が期待できるのが要因だと言えるでしょう。そのため、ITコンサルに好条件で転職するためには、他の志望者と差別化できる強みが必要です。

SIerであればIT関連の業務経験があるので、転職へのハードルは一気に下がるでしょう。

SIerからITコンサルへの転職がおすすめな理由は?

ITコンサルへの転職は、年収アップや幅広いキャリア、若手でも大きな仕事を任されるというメリットがあります。

また、SIerとITコンサルは、クライアントとコミュニケーションを取りながら課題発見し、IT知識を活用して課題解決を図るなど共通点が多い仕事といえます。そのため、SIerからITコンサルへの転職は、成功する確率が高くおすすめです。

SIerからITコンサルへ転職する際の注意点は?

SIerからITコンサルへ転職する際は、キャリアプランを戦略的に描くことに注意しましょう。

人気の高いコンサルファームは非常に狭き門で、いきなり転職するのは困難です。ITコンサルにおいては、コンサルとしての経験が重要視されます。まずは、幅広く採用しているコンサルファームに入社して経験を積み、そのうえでキャリアアップするように目指しましょう。

また、志望する企業が求めるスキルを理解して対策するのが重要です。コンサルファームによって求める人材像は異なりますが「問題解決力」「コミュニケーション力」は共通しています。問題解決力とコミュニケーション力の2つを、職務経歴書や面接でアピールできるように準備しましょう。

まとめ

今回は、SIerからITコンサルへ転職するための方法について解説しました。

SIerからITコンサルに転職すると年収がアップし、今後のキャリアが広がるなどのメリットがあります。常に高い水準を求められ、仕事量が増えてしまう傾向もありますが、SIerとITコンサルの親和性は高く、成功する確率が高いのでおすすめの転職先といえます。

ITコンサルへの転職を目指すのであれば、これまでの自分を振り返り、強みを活かした転職活動をすれば成功に近づくでしょう。現在SIerとして働いていて、転職を考えられているのであれば、ITコンサルを目指してみてはいかがでしょうか。

目次