物流コンサルタントに転職するには?仕事内容・年収・必要スキルまで解説

「物流コンサルタントへ転職したいけど、どうすればいいかわからない」という方も多いのではないでしょうか。スムーズに転職活動を進めるためにも、物流コンサルタントへ転職する際に押さえておくべきポイントについて紹介します。

物流コンサルタントの仕事内容や必要なスキルも紹介するので、物流コンサルタントへの転職を検討している方は参考にしてください。

※本記事に記載されている企業や求人に関する情報などは2023年時点のものです。

目次

物流コンサルの仕事内容

まずは、物流コンサルの仕事内容について紹介します。

  • 課題の分析
  • 解決案の作成と提案
  • アフターフォロー

主に3つの仕事内容について紹介するので、物流コンサルタントへの転職を考えている方はぜひ参考にしてください。

課題の分析

物流コンサルタントは、クライアントが抱えている物流に関する課題についてヒアリングし、定量分析や定性分析などをもとに根本原因を探ります。例えば、従業員へのヒアリングや倉庫の視察などの調査を展開し、得られたデータをもとに分析して課題を整理・抽出します。物流コンサルタントは物流業界、ロジスティクスを専門にしたコンサルティングを行う職業です。

コミュニケーション力や分析力が求められるので、物流コンサルタントへの転職を考えている方は身につけておくのがおすすめです。

解決案の作成と提案

クライアントが抱えている課題の整理・抽出が完了したら、次は解決案の作成と提案を行います。物流コンサルティングでは、サービスレベルや目標コストなどを設定したうえで、課題解決のためにできることを検討してクライアントへ提案する場合が多いです。

そして、解決案の作成と提案が完了したら、次は解決案を実施します。物流コンサルティングに関する専門知識やノウハウを活かし、用地の購入・物流機器の搬入に必要な人員の確保などをサポートします。

アフターフォロー

物流コンサルタントの仕事は「解決案を施工したら終了」ではありません。解決策の施工後も、実行による成果や改善点などを分析する必要があります。また、解決策の施工による成果を定期的にチェックするのも物流コンサルタントの仕事です。

物流コンサルの年収・給料

国税庁による「令和4年分民間給与実態統計調査結果」を見ると令和4年の平均給与は458万円です。

各種求人サイトの物流コンサルタント求人を見ると、想定年収が500万円を超えていることがほとんどです。なかには800万円越え、1,000万円越えという想定年収も多く見られることから、高年収が期待できることが分かります。つまり、物流コンサルタントは平均年収を大きく上回る給料が得られると言えるでしょう。

物流に限らずコンサルタントという職種は、高年収の仕事として近年人気が高い傾向にあります。年収アップを目指している人にとってもおすすめの職種と言えるため、物流関係に興味がある方は職を検討してみることをおすすめします。

物流コンサルティングの例

ここからは、物流系コンサルティング企業を5つ紹介します。

それぞれのコンサルティング企業の特徴を詳しく紹介するので、物流コンサルタントへの転職を検討している方はぜひチェックしておきましょう。

船井総研ロジ株式会社

日本最大級の物流コンサルティング企業である「船井総研ロジ株式会社」。船井総研ロジ株式会社は「物流・ロジ業界の生成発展と地位向上」を理念とし、ロジスティック・物流業界が抱えている課題の解決をサポートしています。

船井総研ロジ株式会社が行っている業務は主に以下の3つです。

  • 物流企業向け経営コンサルティング
  • ロジスティクス最適化コンサルティング
  • 物流アウトソーシング

物流企業向けのコンサルティング業務では、運賃交渉やドライバー採用など、物流企業の業績アップに特化したサポートを行います。主に中期経営計画策定コンサルティングやホームページ制作&WEBマーケティングコンサルティングなど、10項目以上のメニューを展開しています。中堅物流企業のニーズに合わせた、さまざまなコンサルティングサービスを行っているので、転職をきっかけにスキルアップを狙っている方におすすめと言えるでしょう。

また、物流企業向けのコンサルティング業務では、労務リスク診断や物流現場5S診断などの診断メニューの結果をもとにコンサルティングを行っているのもポイントです。診断データから現状を分析し、リアルな経営課題を割り出したうえでコンサルティングを行うので、分析や統計に関するスキルを活かして転職したい方にもおすすめと言えます。

また、ロジスティック最適化コンサルティング業務では、物流コストの抑制や倉庫の現場改善など、製造・卸・小売業向けのコンサルティングを行います。

なお、船井総研ロジ株式会社はスキルアップの実現におすすめなのはもちろん、研修制度やキャリア制度が整っている点も魅力です。船井総研ロジ株式会社では、短期間でプロフェッショナルな人材を育てるために、社内勉強会や階層別研修などを実施しています。研修制度が充実しているので、転職後に関する不安を抱えている方でも安心です。

株式会社日通総合研究所

60年以上の歴史と確かな実績を活かしてコンサルティングを行っている「株式会社日通総合研究所」。株式会社日通総合研究所には、50名以上のコンサルタントが在籍しており、年間200以上のプロジェクトの対応を行っています。

株式会社日通総合研究所では、課題を抱えている企業のチームに入り込み、基礎調査から策定までサポートする方法と、適宜助言を行うアドバイザリー型の2つの方法でクライアントのサポートを行います。

データをもとに論理的なサポートを行っているので、コミュニケーションスキルや分析スキルを活かしたい方におすすめと言えるでしょう。

なお、株式会社日通総合研究所では、物流コンサルティング以外にも以下のようなサービスを行っています。

  • 物流人材育成
  • 海外物流事情や最先端技術動向の調査・研究
  • 環境評価・輸送梱包
  • 研究レポートの作成

30以上の国と地域に渡航してコンサルティングを行っており、グローバルなサービスを展開しているのも株式会社日通総合研究所の魅力です。物流に特化したコンサルティング会社としてはアジア最大級の規模を誇っているので、グローバルなスキルを活かして転職したい方もおすすめと言えるでしょう。

ちなみに、株式会社日通総合研究所では以下の4つのキャリア採用を行っています。

  • 物流戦略系コンサルタント
  • ロジスティクスコンサルタント
  • システムコンサルタント
  • システムエンジニア

物流戦略系コンサルタントとロジスティックスコンサルタントのキャリア採用は、PCスキルのほか、ドキュメンテーション能力・プレゼンテーション能力が必須となっています。また、中小企業診断士・MBA・PMPなどの資格保有が歓迎条件として設定されているので、当てはまる方は存分にアピールするといいでしょう。

SBS東芝ロジスティクス株式会社

長年東芝グループの物流部門を担ってきた知見を活かし、多くの一般クライアントに対してソリューションサービスを展開している「SBS東芝ロジスティクス株式会社」。

SBS東芝ロジスティクス株式会社では、クライアントのニーズに合わせ、以下の3つのソリューションサービスを展開しています。

  • 3PL
  • 4PL
  • 物流コンサルティング

3PLでは、大手電機メーカーの運営で培ったマネジメントノウハウを活かし、クライアントの事業戦略に沿ったロジスティックサポートを実施しています。ロジスティクスの要件を定義した後、標準プロセスやリスクマネジメント体制を整えたうえで、繁閑管理を考慮した物流オペレーションを行います。

東芝グループの物流部門を担ってきた知見をもとに家電品物流をサポートしているほか、電子デバイス機器物流や医療機器物流などを行っているので、他業種での経験を活かして転職したい方におすすめです。

物流コンサルティング業務では、東芝グループの物流部門を担ってきた知見をもとに、クライアントの事業戦略を進めるために効果的な解決策を提示しています。クライアントが抱えている課題の可視化から施策実行支援まで広く行うので、転職を検討しているならデータ分析力だけでなく課題解決力を存分にアピールするのがおすすめです。

また、SBS東芝ロジスティクス株式会社は、アジア・欧州・北米などにある14つの現地法人でグローバルビジネスのサポートを行っています。中国・香港で生産された重量品や半導体の保管・輸送などもサポートしているので、英語力だけでなく中国語力を活かして物流コンサルティング業界へ転職したい方にもおすすめと言えるでしょう。

なお、SBS東芝ロジスティクス株式会社では以下の5つのキャリア採用を行っています。

  • 経理(財務担当)
  • ソリューション営業担当(提案営業)
  • 国際間輸送プロジェクト管理者
  • 搬出入作業管理者
  • 重量品輸送エンジニア

SBS東芝ロジスティクス株式会社はキャリアを長期的な視点で捉えており、上長と部下で業務について話し合う面接を年3回ほど実施しています。スキルアップに役立つ階層別の研修も実施しているので、転職をきっかけとしてスキルアップしたい方にもぴったりです。

株式会社ロジクロス・コミュニケーション

物流・ロジスティックス・SCMに特化したコンサルティングファームである「株式会社ロジクロス・コミュニケーション」。株式会社ロジクロス・コミュニケーションは、物流革新技術である「Logistics Intelligence」を基盤として以下の3つのサービスを展開しています。

  • SCM/ロジスティックス改革
  • 経営戦略・グローバル戦略
  • SCM/ロジスティクスシステム構築

経営戦略・グローバル戦略では、物流事業における強みや弱みの分析から、改善施策の策定や実行まで一貫してサポートを実施しています。

また、海外に展開している日系企業や現地国営の企業などを対象にしたサポートも行っており、実際に、海外在庫管理に関する課題を抱えた医療機器メーカーのサポートを行った事例があります。グローバルに事業を展開しているので、分析力はもちろん、英語力やグローバルスキルを活かして転職したい方にもおすすめです。

なお、株式会社ロジクロス・コミュニケーションは多彩なキャリアパスを展開しています。個人の希望に沿ったキャリア形成をサポートしているほか、研修制度も充実しているので、ビジネスマンとしてのスキルアップを実現したい方はぜひチェックしてみてください。

株式会社ダイアログ

2013年に設立された「株式会社ダイアログ」は「ロジスティクス」×「IT」を基盤として、以下の2つの事業を展開しています。

  • 物流ソリューションサービス
  • 物流業務支援サービス

物流ソリューションサービスでは、主に業務コンサルティング・システムソリューション・DX企画・システム開発を実施しています。また、物流業務支援サービスでは、資材機器調達支援から倉庫物流業務支援・人材調達・育成支援まで総合的にサポートします。現場業務分析の結果をもとに、改善テーマ整理や生産性の向上などをサポートしているので、データ分析力を活かして転職したい方におすすめです。

株式会社ダイアログは、業務改善力・IT企画力・システム開発力の3つの柱を強みとしているため、企画力に自信がある方も押さえておくといいでしょう。

株式会社ダイアログの求人を見る≫

物流コンサルへの転職で求められるスキル

物流コンサルへの転職で求められるスキルは主に以下の4つです。

  • 物流に関する専門知識
  • コミュニケーションスキル
  • プレゼンテーションスキル
  • プロジェクトの管理・推進力

1つずつ紹介していくので、スムーズに転職するためにもしっかりと身につけておきましょう。

物流に関する専門知識

物流コンサルティング業界へ転職する場合、物流に関する専門知識が求められます。物流に関する専門知識が備わっていないと、クライアントに対してベストなアイデアを提案できません。

また、物流コンサルティング業界へ転職する場合は、過去の事例に関する知識も必要です。クライアントの抱えている課題に対して柔軟に対応するためにも、成功事例はもちろん、失敗事例をしっかりとチェックしておきましょう。

コミュニケーションスキル

物流コンサルティング業界へ転職するなら、コミュニケーションスキルも身につけておきましょう。コミュニケーションスキルはどの業界においても求められるスキルですが、特に物流コンサルティング業界はコミュニケーションスキルが重視されているのです。

例えば、物流コンサルタントはクライアントへのヒアリングを通して物流に関する課題を分析したり、対象企業のチームに入り込んでサポートを行ったりします。

課題に対して効率的にアプローチするためには、コミュニケーションを通してクライアントの抱えている悩みを正確に汲み取らなければなりません。自分の提案や意見をクライアントに対してわかりやすく伝える必要もあるので、必ずコミュニケーションを身につけておきましょう。

また、物流コンサルティング業界へ転職するなら、コミュニケーションスキルと合わせて質問スキルも身につけておくことをおすすめします。質問スキルが低いと、クライアントが抱えている問題の本質を捉えることができず、的外れな提案をしてしまう可能性があります。

プレゼンテーションスキル

物流コンサルティング業界へ転職する場合、高いプレゼンテーションスキルも求められます。

物流コンサルタントはクライアントに対してヒアリングを行い、その内容をもとに解決策を見出し、クライアントと共に課題解決に向けて進んでいきます。そのため、せっかくプレゼンテーションをしても、クライアントに納得してもらえなければ意味がありません。クライアントに対して自分の提案をわかりやすく伝えるためにも、プレゼンテーションスキルを磨いておきましょう。

なお、プレゼンテーションを行う際は以下のポイントを押さえておくのがおすすめです。

  • 基本構成を意識する
  • 一番伝えたい内容は何度も繰り返す
  • 適度に間を取る
  • 相手の目を見て話す
  • 適度に質問を投げかける

プレゼンテーションは、イントロ・ボディ・クロージングの基本構成を意識して行うと、相手に伝わりやすくなります。適度に質問を投げかけたり、理解できていなそうと感じたら説明を繰り返したりするなど、クライアントが完全受け身にならないように工夫することも大切です。

プロジェクトの管理・推進力

物流コンサルタントとしてスキルアップしたい場合は、プロジェクトの管理能力も身につけておきましょう。予算管理能力やスケジュール管理能力などがないと、解決策が見つかったとしてもコンサルティングをうまく進められず、失敗する可能性があります。

プロジェクトを円滑に進められなかった場合、予算が足りなくなったり、クライアントからの評価が下がったりする場合も多いです。最大限の成果を上げるためにも、プロジェクトの管理能力を磨いておきましょう。

なお、物流コンサルタントとして働くなら「推進力」も重要です。コンサルタントというと、クライアントが抱えている課題に対して戦略立案を行うイメージを持っている方が多いですが、実はさまざまな調査や検証を行う必要があります。

また、プレゼンテーションだけでなく、実際にクライアントのチームに入り込んでサポートを行う場合もあります。 クライアントの意見に振り回されてばかりでは、うまくコンサルティングできなくなってしまうので、必ず推進力も身につけておきましょう。

物流コンサルタントを目指す際に優位になる資格

ここからは、物流コンサルタントを目指す際に優位になる資格を紹介します。

  • 物流技術管理士
  • グリーンロジスティクス管理士
  • ロジスティクス経営士

物流コンサルタントを目指している方は、ぜひ参考にしてください。

物流技術管理士

公益社団法人日本ロジスティクスシステム協会が展開している「物流技術管理士」。物流技術管理士は、物流技術者や物流管理者に必要なマネジメント技術・物流に関する専門知識を証明する資格です。ロジスティクス全領域の専門知識を取得できるので、物流コンサルティング業界への転職を考えているなら取得しておくのをおすすめします。

なお、物流技術管理士は、物流技術管理士資格認定講座を受講しなければ取得できません。出席要件やレポートがあるほか、客観試験・論文試験・面接試験で所定の点数を取らなければならないので、その点はあらかじめチェックしておきましょう。

グリーンロジスティクス管理士

公益社団法人日本ロジスティクスシステム協会が認定している「グリーンロジスティクス管理士」。グリーンロジスティクス管理士は、環境負荷の低減やグリーンロジスティクスに関する専門知識を習得できる民間資格です。

世界的に注目されている環境問題への知見を深めておけば、より多角的な視点からのコンサルティングができるようになります。物流業界では運輸における二酸化炭素の排出量が問題視されているので、環境に配慮した解決策を提案するためにも、取得しておくといいでしょう。

ロジスティクス経営士

ロジスティクス経営士は、公益社団法人日本ロジスティクスシステム協会が認定している資格です。ロジスティクスに関する専門知識や、ロジスティクスを経営の視点から捉えた場合の戦略立案・サービス実行などについて学べます。

公益社団法人日本ロジスティクスシステム協会により認定講座が開催されているので、物流コンサルタントとしてスキルアップしたい場合は、取得しておくことをおすすめします。

物流コンサルへ転職するための選考対策

ここからは、物流コンサルへ転職するためにしておくべき選考対策を紹介します。

  • 書類対策
  • 面接対策

物流コンサルティングファームによって異なる場合もありますが、基本的には採用までに2回以上の面談が行われます。また、そもそも書類選考や筆記試験を通過しなければ面接まで進めないので、書類選考を通過するためのコツもチェックしておかなければなりません。

物流業界への転職を考えている方は、スムーズに選考を通過するためにも選考対策のポイントを押さえておきましょう。

書類対策

転職活動の第一関門である「書類選考」。物流コンサルティング業界転職の書類選考では、職務経歴だけでなく志望動機や転職理由が重視されます。

物流コンサルタントは戦略の立案から実行まで幅広く行うハードな職業であるため、熱意を持っていなければなかなか務まりません。職務経歴を長々と書いてもアピールポイントが上手く伝わらないので、職務経歴は冒頭の2〜3行でまとめ、志望動機や自己PRを十分に書くのがおすすめです。

また、物流コンサルタントへ転職するなら、パソコンスキルはもちろん、物流業界への知見や物流に関する専門知識があることも詳しく記載しておきましょう。 物流コンサルタントはクライアントに対してアドバイスを行う仕事であるため、物流業界への知見や物流に関する専門知識がないと成立しません。

物流に関する専門知識があることを証明するためにも、スキルや資格を活用してしっかりとアピールすることが大切です。物流技術管理士やグリーンロジスティックス管理士などの資格を取っておくと、物流に関する専門知識があることを証明しやすいのでおすすめと言えます。

物流コンサルタントへ転職する場合は、語学力やグローバル力もアピールするといいでしょう。最近は、海外連携や業務のグローバル化に伴い、語学力を重視するコンサルティングファームが増えています。

そのため、TOEICや中国語検定のスコアを記載しておくと、コンサルティングファームの目に留まりやすいです。なお、提出書類が書き終わったら、一度自分で声に出して読んだり、第三者に読んでもらったりするのをおすすめします。

誤字脱字はもちろん、ニュアンスのミスなどがあると印象が悪くなってしまうので、一度読んで確認しましょう。

面接対策

物流コンサルタントへ転職する場合、面接対策も万全に行っておくことが大切です。 コンサルティングファームのケース面接では、答えた内容に対して深掘りされることが多いため、思いつきで答えるとその後の質問に答えられなくなってしまいます。相手の目を見てはきはきと答えたほうが印象も良くなるので、どの質問を深掘りされてもいいように、あらかじめ質問を予測し、回答する練習をしておきましょう。

また、面接時の印象を良くするためには、結論ファーストで話すことも重要です。物流コンサルタントには論理的思考力やプレゼンテーション能力が求められるので、受け答えがわかりやすいかどうかをチェックされます。 結論の見えない話し方はマイナス評価となるため、できるだけ結論ファーストで話すようにしましょう。

未経験で物流コンサルへの転職は厳しい?

結論、未経験でも物流コンサルへの転職は可能です。コンサルティングファームは中途採用を設けているところが多いので、未経験でもスキルや資格を存分にアピールすれば転職を成功させることができます。

特に物流コンサルティングファームの場合は、物流に関する専門的な知識・パソコンスキル・分析力などが評価されます。成功確率は個々のスキルや状況によって異なりますが、未経験からでもチャレンジしてみる価値はあると言えるでしょう。

転職しやすいのは何歳まで?

物流コンサルタントへ転職しやすいのは20代です。20代の場合、物流コンサルタントとしての経験がなくても、企業から「仕事や研修を通して経験を積んでもらえればいい」と思ってもらえます。

20代は実績より物事を吸収する力やコミュニケーション力が重視される傾向にあるため、ポテンシャルの高さを存分にアピールできれば転職の成功確率が上がるでしょう。

30代の場合は、20代に比べて経験やスキルを求められる傾向にあります。特に30代後半の場合は、経験だけでなく実績が重視されるようになります。未経験から転職する場合は、前職の経験から物流コンサルタントの業務に活かせるスキルや、物流コンサルタントとして働くのに優位な資格を存分にアピールしましょう。

なお、40代以降でも未経験からの転職は可能ですが、20代や30代に比べると難しいのが現実です。物流コンサルタントは、年齢が上がるにつれて実績やスキルの高さが重視されるようになります。マネジメント経験や他のコンサルティングファームでの実績がない場合、成功する確率は極めて低いです。

物流コンサルタントへの転職を考えているなら、希望のファームに転職するためにも早めに行動を始めましょう。

物流コンサルの転職に関するよくある質問

ここからは、物流コンサルの転職に関するよくある質問を紹介します。

  • そもそも物流コンサルとは?
  • 物流コンサルに転職するのに年齢制限はある?
  • 物流コンサルへの転職に社歴やキャリアは影響する?
  • 物流コンサルは忙しい?

希望のコンサルティングファームに転職するためにも、気になる項目はぜひチェックしておいてくださいね。

そもそも物流コンサルとは?

物流コンサルタントは、物流やロジスティックスを専門としているコンサルタントの総称です。物流に関する課題を抱えているクライアントに対し、解決策の提案や実行のサポートなどを行います。

物流コンサルタントの主な業務は以下の通りです。

  • 最適在庫量の算出
  • 輸配送手段の最適化
  • 業務フローの見直し
  • 適正人材の算出
  • 倉庫内環境の見直し

なお、物流と言っても家電・食品・アパレル・エネルギーなど企業によって取り扱っているものが異なるため、物流コンサルタントの業務も多岐にわたります。 コンサルティングファームによって取り扱っている業務が異なる場合もあるので、転職を考えている場合は希望ファームの業務内容をしっかりとチェックしておきましょう。

物流コンサルに転職するのに年齢制限はある?

結論、物流コンサルティングファームへ転職するのに年齢制限はありません。30代や40代でも物流コンサルティングファームへの転職は可能です。

ただし、30代や40代の場合はポテンシャルより経験やスキルが重視されるため、未経験からだと難しい傾向にあります。年齢制限はないですが、年齢を重ねるほど成功確率が低くなってしまうので、転職を考えているなら早めに行動するのをおすすめします。

物流コンサルへの転職に社歴やキャリアは影響する?

結論、社歴やキャリアは物流コンサルタントへの転職に影響します。どの職業にも当てはまりますが、やはり社歴やキャリアがあったほうが転職しやすいです。 特に30代から物流コンサルタントへ転職する場合は、キャリアやスキルが重視される傾向にあります。スムーズに転職活動を進めるためにも、社歴やキャリアなどがある方は存分にアピールしましょう。

物流コンサルは忙しい?

物流コンサルタントの忙しさは、コンサルティングファームや担当するプロジェクトによって左右されます。解決策の提案・実行サポートだけでなく、実施にクライアントの会社のチームに入り込んでサポート業務を行ったり、セミナーや社内研修の講師を担当したりする場合は忙しい傾向にあるでしょう。

なお、コンサルタントというと「華やか」というイメージを持っている方も多いですが、実はクライアントとのミーティングや資料作成などが業務時間の多くを占めています。スケジューリング能力や推進力などが求められるので、物流コンサルタントへの転職を考えている場合はそれらのスキルを磨いておくといいでしょう。

まとめ

今回は、物流コンサルタントへ転職する際に押さえておくべきポイントについて紹介しました。

物流コンサルタントへの転職は、年齢を重ねるほど成功確率が低くなる可能性があるので、少しでも転職を考えているなら今すぐ行動を始めるのがおすすめです。

物流コンサルタントへの転職希望の方はコンサルネクストにご相談ください。

目次