人材コンサルタント

人材コンサルタントとは?未経験から転職を成功させる方法を紹介

「人材コンサルタントとはどのような職種?」「未経験から人材コンサルタントを目指せる?」という疑問をお持ちではありませんか?

本記事では、そんな疑問の解決に役立つ内容を

  • 人材コンサルタントの仕事内容
  • 人材コンサルタントの年収
  • 人材コンサルタントを目指す方法
  • 人材コンサルタントへの転職を成功させるためのポイント

の順に解説します。

人材コンサルタントの仕事に興味がある方に役立つ記事です。ぜひ最後までご覧ください。

目次

人材コンサルタントとは?

人材コンサルタントとは、採用活動を強化したい企業のサポート、もしくは求職者のキャリア支援を実施するコンサルタントのことです。

企業経営に求められる経営資源「ヒト」、「モノ」、「カネ」、「情報」のうち、人材コンサルタントは「ヒト」にフォーカスしたコンサルティングを行います。

近年はあらゆる業界において人材不足が叫ばれており、効率的に人材を確保するためには、戦略的に採用活動を進めなくてはいけません。さらに、転職が一般化した現在、キャリア形成で悩む人の数は増えています。

そのため、人材コンサルタントへのニーズは高まっているのです。

人材コンサルタントと混同しやすい職種

コンサルタントにはさまざまな種類があるため、人材コンサルタントと混同しやすい職種も存在します。以下の表で、人材コンサルタントと混同しやすい職種をまとめました。

職種概説
人事組織コンサルタント主に企業の人事制度、組織構造などのコンサルティングを行う
採用コンサルタント人材領域の中でも採用活動に特化したコンサルティングを行う
グローバル人材コンサルタントグローバル人材育成を強化したい企業に対してコンサルティングを行う
労務コンサルタント労務管理や社会保険などに関するコンサルティングを行う

人材コンサルタントは、「RA(リクルーティングアドバイザー)」や「CA(キャリアアドバイザー)」としてのコンサルティングに特化した職種です。

人材コンサルタントの仕事内容

それでは、人材コンサルタントはどのような仕事を行うのでしょうか?

人材コンサルタントの仕事は、大きく「企業向けのコンサルティング(RAとしてのコンサルティング)」と「求職者・個人向けのコンサルティング(CAとしてのコンサルティング)」に分けられます。以下で詳細を確認していきましょう。

企業が対象の場合

企業が対象の場合、リクルーティングで課題解決を目指している企業に対し、適切なアドバイスを提供します。人材コンサルタントの具体的な業務は、以下の通りです。

  • 人事課題・リクルーティングに関するヒアリング
  • 市場調査・競合分析
  • 新規開拓営業
  • 求人票の作成
  • 企業と転職者のスケジュール調整
  • 契約関連業務に関するアドバイス

それでは、求職者・個人向けにどのような仕事を行うのでしょうか?

求職者・個人が対象の場合

求職者・個人が対象の場合、人材コンサルタントは、求職者のキャリア形成や転職活動をサポートする役割を担います。主な業務は以下の通りです。

  • 転職希望者の募集
  • 求職者に向けた面談やキャリアカウンセリングの実施
  • 求人紹介
  • 提出書類(履歴書・職務経歴書)などの添削
  • 面接に関するアドバイスの提供
  • 企業との待遇交渉
  • 入社日の調整
  • 退職交渉のサポート
  • 入社後のサポート

このように、人材コンサルタントの業務内容は多岐に渡ります。

人材コンサルタントの平均年収

それでは、人材コンサルタントの年収はどれくらいなのでしょうか?人材コンサルタントの平均年収は、約470万円と言われています。

国税庁のホームページによると、令和4年での給与所得者全体の平均給与は、458万円です。

つまり、人材コンサルタントの年収は全国平均と同じ程度、もしくは少し上回る程度の金額であることが伺えます。

ただ、人材コンサルタントの平均年収は経験やスキルによって変わるので、人材コンサルタントの中には1,000万円以上の給与を受け取っている人もいます。

参考:国税庁、令和4年民間給与実態統計調査
https://www.nta.go.jp/information/release/kokuzeicho/2022/minkan_2022/pdf/01.pdf

人材コンサルタントの将来性

人材コンサルタントへの転職を考えている人の中には、その将来性に関して不安に感じている人は少なくありません。

結論から述べると、人材コンサルタントは将来性がある職種と言えるでしょう。

冒頭でも説明したように、人材不足が深刻化する現在、効果的な採用活動を実施したいと考える企業数は増加しています。加えて、転職が当たり前の時代となり、キャリアアドバイスを求める人の数も増加傾向にあるためです。

ただ、近年は人事領域でもAI技術を活用しようとする動きが広まっており、日程調整や求人票の作成などを自動化する企業も少なくありません。

そのため、人材コンサルタントとしての人材価値を高めるためには、適切な提案力やヒアリング力、コミュニケーションスキルなどを身につける必要があります。

人材コンサルタントのやりがい

人材コンサルタントの将来性は高いことがわかりました。では、人材コンサルタントの仕事を通してどのようなやりがいを得られるのでしょうか?

人の役に立てる仕事ができる

人材コンサルタントのやりがいとして、人の役に立てる点が挙げられるでしょう。

人材コンサルタントは、企業の採用担当者、および求職者と直接関わる職種です。それぞれが抱える課題をヒアリングし、課題解決に向けた提案を行います。

「人手不足が改善された」「希望する職種に就けた」など課題が解決した暁には、担当者や求職者などから直接感謝の言葉を受け取れるため、人に役に立っているという実感を覚えやすいのです。

人脈が広がる

人脈を広げられる点も、人材コンサルタントのやりがいの一つです。人材コンサルタントは多種多様な業界を対象にして、コンサルティングサービスを提供します。

例えば、製造業、医療業界、サービス業界、建設・インフラ業界など、人材コンサルタントが関わる業界の種類はさまざまです。

あらゆる業界の人と関わる機会があるため、視野が広がり、物事を多角的に捉えられるようになります。そのため、「人と関わるのが好き」「さまざまな考え方に触れてみたい」という人は、人材コンサルタントの業務を通して、やりがいを感じられるでしょう。

企業経営に関わる仕事に携われる

他に人材コンサルタントのやりがいとして考えられるのが、企業経営に関わる仕事に携われることです。

企業経営において「人材」は重要な役割を担います。優良な人材を確保できるかどうかが将来的な成長につながるためです。

人材コンサルタントは、このように企業経営において重要な人材を対象にしたコンサルティングを行います。また、コンサルティングを実施する際は、企業の経営課題や経営方針、ビジョンなどを踏まえた上で提案するため、企業経営に影響を与え得る仕事をしているという実感を得やすいのです。

人材コンサルタントに求められるスキル・知識

人材コンサルタントを本格的に目指そうと考えている人は、どのようなスキルや知識が求められるのか興味があるかもしれません。以下で、人材コンサルタントに求められるスキル・知識を紹介します。

論理的思考力

まず、人材コンサルタントに求められるスキルとして「論理的思考力」が挙げられるでしょう。論理的思考力とは、物事を体系的に捉え、筋道を立てて考えられるスキルのことです。

例えば、人材コンサルタントには、以下のように思考することが求められます。

クライアント企業が〇〇という課題を抱えている
→〇〇という課題はAとBとCに細分化できる
→課題Aが生じている原因は(仮説1)と(仮説2)と考えられる
→課題Aを解決するために最適な方法は〜である

コンサルタントは物事を論理的に理解するために、思考法(フレームワーク)をよく活用します。実際に上記で紹介した考え方は「ロジックツリー」を元にした思考法です。

課題解決能力

人材コンサルタントを目指している人は、課題解決能力を身につけることが大切です。

人材コンサルティングを含む全てのコンサルティング業務に共通しているのは、「企業や個人が抱えている課題を解決する」ことと言えます。つまり、課題を適切な方法で解決できるかが、人材コンサルタントとしての評価を左右するということです。

「課題解決に向けて最適な解決策が見つからない」、「課題が複雑で解決までに時間がかかる」など、人材コンサルタントはさまざまな困難に直面することも少なくありません。

しかし、そういった状況でも解決の糸口を見つけ出し、クライアントを課題解決へと導く必要があるのです。

コミュニケーション能力

人材コンサルティングをはじめとしたコンサルティング業務に従事するためには、コミュニケーション能力が欠かせません。

人材コンサルタントは多くの人と関わる仕事です。人とコミュニケーションを図ることが苦手な場合、毎日の業務においてストレスが生じてしまうでしょう。

さらに、ただコミュニケーションを取ればいいという訳ではなく、相手の気持ちを汲み取ったり、良好な人間関係を築いたりしなくてはいけません。

そのため、多くの人とのコミュニケーションを通して、クライアントやプロジェクトメンバーと円滑にやり取りできるようなスキルを磨く必要があるのです。

情報収集力

情報収集力も人材コンサルタントの仕事を行う上で重要なスキルの一つです。

先述した通り、人材コンサルタントの業務には市場調査や競合分析、新規開拓などの業務が含まれます。こういった業務を行うには情報収集が欠かせません。

例えば、競合分析に関して説明すると、競合がどのような人材を確保しようとしているか、競合の採用戦略は何かなど、さまざまな情報を集めないと正しく分析を行えないでしょう。

そのため、人材コンサルタントには最新ニュースをチェックする、業界の動向に注意するなど、情報収集力を身につけることが求められます。

プレゼンテーション力

人材コンサルタントに求められるスキルとして、プレゼンテーション力が考えられるでしょう。プレゼンテーション力とは、リサーチした内容や提案をクライアントにわかりやすく説明する力のことです。

内容がわかりにくく、納得できるものでないと、クライアントと長期的な関係を築くのは難しいでしょう。

さらに、人材コンサルタントはクライアントのみならず、マネジャーやプロジェクトメンバーにもプレゼンする機会があります。

そのため、相手の求めている情報を明確にした上で、わかりやすく情報を伝える必要があるのです。

データ分析の知識

人材コンサルタントとして成功するためには、データ分析の知識も求められます。

先ほど、プレゼンでは相手を納得させる必要があると説明しました。納得感のあるプレゼンを実行するためには、データなどのファクトを用いる必要があります。

膨大なデータの中から本当に必要なデータを抽出・分析し、データからわかったことをわかりやすく説明することで、相手に納得してもらいやすくなるのです。

組織人事に関する知識

人材コンサルタントは人材に特化したコンサルタントなので、組織人事に関する知識を持っていることが重要です。

例えば、企業が人材不足に陥るよくある原因について知っておけば、原因を解明する際に役立ちます。

さらに、採用活動でAI技術を活用する企業が増えているなど、業界内の動向を知っておけば課題解決に向けて提案の幅が広がります。

このように、人材コンサルタントには組織人事全般に関する知識が求められるのです。

人材コンサルタントに向いている人の特徴

ここでは、人材コンサルタントに向いている人の特徴を紹介します。

人と話すことが好きな人

人と話すことが好きな人は、人材コンサルタントに向いていると言えます。

先ほど説明したように、人材コンサルタントはさまざまな人とコミュニケーションをとる機会が多い職種です。そのため、人と話すことが好きな人であれば、仕事にやりがいを見出しやすいでしょう。

しかし、クライアントやプロジェクトメンバーとのコミュニケーションは避けられないため、人と話すことが苦手な人にはお勧めできません。

相手の立場に立って物事を考えられる人

相手の立場に立って物事を考えられる人は、人材コンサルタントを目指すと良いでしょう。

人材コンサルタントは、企業や求職者が抱えている潜在的な課題を汲み取り、そういった課題を解決するのに最適な提案を行う必要があります。

相手が抱えている潜在的な課題を汲み取るためには、相手の立場に立って物事を捉える必要があるのです。

人にアドバイスすることが好きな人

人にアドバイスすることが好きな人も、人材コンサルタントに向いていると言えるでしょう。

コンサルティングは、課題解決に向けて調査・分析を行い、最終的にクライアントに対して助言を行う仕事です。

例えば、「同級生からよくアドバイスを求められた」、「相手の状況を踏まえて客観的にアドバイスすることが得意」という人は人材コンサルタントに向いている可能性が高いです。

このように、人材コンサルタントに向いている人の特徴にはさまざまなものがありますが、自分の性格や得意なことを踏まえた上で、人材コンサルタントを目指すべきかを決めると良いでしょう。

人材コンサルタントの仕事はきついって本当?

人材コンサルタントについて情報を集めていると、「人材コンサルタントの仕事はきつい」という意見を見かけることがあるかもしれません。

人材コンサルタントの仕事がきついと感じるかは個人によりますが、仕事がきついと言われる理由として、主に以下のものが挙げられるでしょう。

以下で、それぞれの理由について詳しく確認していきましょう。

業務時間が長い

人材コンサルタントの仕事がきつい理由として、業務時間が長いことが挙げられるでしょう。

基本的に、企業を対象にした業務は、クライアント企業の営業時間内に行う必要があります。一方、求職者(転職者)を対象にした業務は、求職者の仕事が終わった後や休日に行わなくてはいけません。

このように、人材コンサルタントはクライアントを優先してスケジュールを調整する必要があるので、業務時間が長くなりやすいのです。

マルチタスクを行う必要がある

マルチタスクを行う必要がある点も、人材コンサルタントの仕事がきつい理由の一つです。

人材コンサルタントの業務内容は幅広く、同時に進めなくてはいけないタスクもたくさん出てきます。

1つのことにしか集中できない人にとっては、プレッシャーのかかる環境となってしまうかもしれません。

ノルマが定められているケースがある

コンサルティング会社によっては、ノルマが定められているケースがあります。

例えば、「最低〇〇人の求職者の転職を成功させる」などのノルマです。こういったノルマが設定されている場合、プレッシャーを感じるだけでなく、ノルマ達成のために業務量が増えてしまうかもしれません。

このように、人材コンサルタントの仕事はきついと感じる可能性はありますが、こういった業務をこなすことでスキルが身につき、市場価値の高い人材になれる可能性が高まります。

人材コンサルタントに役立つ資格

ここでは、人材コンサルタントに役立つ、以下の資格を紹介します。

キャリアコンサルタント

キャリアコンサルタントとは、キャリアに特化したコンサルティング業務を行うための国家資格です。


具体的には、労働者の職業の選択やキャリア設計、求職者のスキル開発などに関するアドバイスをしたり、指導を行ったりする役割を担います。

キャリアコンサルタントには、学科試験と実技試験の2つの試験に合格して、キャリアコンサルタント名簿に登録する必要があります。

社会保険労務士

社会保険労務士とは、全国社会保険労務士会連合会が実施する資格制度です。厚生労働省所管の国家資格となります。

同資格を取得することで、労働・社会保険の問題に対応したり、依頼者の代わりに行政機関に提出する書類を作成したりします。

社会保険労務士試験に合格し、社会保険労務士名簿に登録することによって、社会保険労務士になることができます。

中小企業診断士

中小企業診断士とは、一般社団法人中小企業診断協会が実施する資格制度です。

国家資格である中小企業診断士には、中小企業の経営課題を分析したり、助言したりなどの役割が期待されます。

中小企業診断士になるには、第1次試験に合格後、第2次試験+実務補習or診断実務を行うか、中小企業基盤整備機構または登録養成機関が実施する養成課程に参加する必要があります。

労働安全コンサルタント

労働安全コンサルタントとは、厚生労働大臣指定試験機関・登録機関である安全衛生技術試験協会が実施する資格制度です。

国家資格である労働安全コンサルタントは、労働者の安全衛生水準向上を目的とし、事業場の診断・指導を行います。

労働安全コンサルタント試験は、「産業安全一般」と「産業安全関係法令」に加えて、「機械安全」、「電気安全」、「化学安全」、「土木安全」、「建築安全」のいずれか1科目を選択します。

人材コンサルタントからのキャリアパス

人材コンサルタントになった後は、どのようなキャリアを築けるのでしょうか?以下で、人材コンサルタントからのキャリアパスを確認しましょう。

他の人材紹介会社に転職する

人材コンサルタントのキャリアパスとして、他の人材紹介会社に転職する道が挙げられるでしょう。

例えば、より条件が良い競合他社や、成長スピードの早い人材紹介会社など、同じ業種で自分にあった環境を見つけられるかもしれません。

他の人材紹介会社に転職する場合は、これまでの経験を直接活かすことができるので、転職が成功する可能性は高いと言えるでしょう。

一般企業の人材開発部門に転職する

人材コンサルタントは、一般企業の人材開発部門に転職することもできます。

人材コンサルタントは市場調査や競合分析、求人票の作成、転職者とのスケジュール調整などの業務を行うため、企業の人材開発部門で活かせる経験を積めるためです。

例えば、「医療系の企業で採用活動に携わりたい」など、人材コンサルタントとして関わった業界の中で、自分にあった業界を見つけられるかもしれません。

キャリアカウンセラーに転身する

人材コンサルタントの中には、キャリアカウンセラーに転身する人もいます。キャリアカウンセラーとは、学生や求職者、在職者に向けてキャリアに関するアドバイスを行う職業のことです。

キャリアコンサルタントになるためには、国家資格を取得する必要があり、資格を所有していないとキャリアコンサルタントだと証明することはできません。

人材コンサルタントは企業と求職者の両者を対象としていますが、キャリアコンサルタントは基本的に求職者を対象にします。

独立する

人材コンサルタントからのキャリアパスとして、独立する道も考えられるでしょう。独立する方法には、フリーランスに転身する方法や、起業する方法などが挙げられます。

フリーランスとして独立する場合、場所や時間にとらわれない自由な働き方を実現できるだけでなく、自分のやりたい仕事に挑戦しやすくなります。

さらに、十分なスキルや経験があれば、高単価の案件を獲得できる可能性があるため、年収アップを目指せるかもしれません。

人材コンサルタントを目指す方法

それでは、人材コンサルタントはどのように目指せばいいのでしょうか?

未経験・学生の場合

未経験・学生の場合は、人材コンサルタントに求められるスキルを理解し、それらのスキルを身につけることが大切です。

具体的には、コミュニケーション能力情報収集力プレゼンテーション力などを向上させると良いでしょう。

例えば、人材コンサルタントはマンツーマンでクライアントと対話することが多いため、コミュニケーション能力が重要です。そのため、コミュニケーション能力を鍛えられるアルバイトに挑戦したり、さまざまなコミュニティと関わりを持ったりすると良いでしょう。

経験者・転職者の場合

経験者・転職者の場合、自分が現在持っているスキルの中で、人材コンサルタントとして活かせるスキルを理解し、自分にあった転職先を探すことが重要です。

例えば、別分野のコンサルティング会社で経験がある人は、クライアントに提案する力や、ヒアリングする力、リサーチする力などを活かすことができます。

他にも、企業の採用部門で人事担当として働いた経験がある人は、企業が採用活動で重視するポイントを理解できるだけでなく、求職者とのやり取りもスムーズに行えます。

人材コンサルタントへの転職を成功させるためのポイント

ここでは、人材コンサルタントへの転職を成功させるためのポイントを説明します。

営業や人事経験を積む

人材コンサルタントを目指している人は、関連性の高い分野で経験を積むことをおすすめします。

具体的には、営業や人事で経験を積むことで、人材コンサルタントの業務に活かすことができます。

現在働いている会社で部署の希望を出せる場合は、営業や人事などの部署に異動することも検討しましょう。

自分の適性を知る

転職を成功させるためには、自分の適性を知ることが大切です。

いくら人材コンサルタントになりたくても、自分の性格や考え方、ライフスタイルなどが人材コンサルタントに求められていることと大幅に違う場合、ストレスを感じてしまう可能性があります。

自分に人材コンサルタントの適性があるか、一度考えてみましょう。

案件紹介サービスを利用する

人材コンサルタントへの転職を成功させたい人には、案件紹介サービスがおすすめです。

案件紹介サービスでは、効率的に求人情報を探せるだけでなく、キャリアに関するサポートを受けることができます。

まとめ

今回の記事では、人材コンサルタントの仕事内容や年収、人材コンサルタントに求められるスキル・知識、向いている人の特徴など、転職を成功させるためのポイントを解説しました。

人材コンサルタントの仕事はきついと言われることがありますが、一方で多種多様な人と関われたり、人の役に立てたりなど、やりがいを感じることができます。

人材コンサルタントを目指したい人は、まずは情報を収集するところからスタートしましょう。コンサルネクスト.jpでは、コンサルティング関連のさまざまな情報を発信しているので、ぜひ確認してみてください。

会員登録(無料)
目次