knock 未来の扉をたたく、働き方マガジン

CAREER Knockは、みらいの働き方のデザインに役立つ情報を発信するメディアです。CAREER Knockを運営するみらいワークス総合研究所は、プロフェッショナル人材の働き方やキャリアに関する調査・研究・情報発信等を行っています。

みらいワークス総合研究所

  • 名称:

    株式会社みらいワークス みらいワークス総合研究所

  • 設置:

    2022年7月

  • 所長:

    岡本祥治

  • 所在地:

    〒105-0001 東京都港区虎ノ門4-1-13 Prime Terrace KAMIYACHO 2F

  • 活動内容:

    働き方・キャリア形成に関する研究

    各種調査分析・情報収集

    出版・広報

  • 連絡先:

    mirai_inst@mirai-works.co.jp

close close

【20代後半転職厳しい】未経験から異業種転職は可能?男性・女性別に解説

CAREER Knock編集部 CAREER Knock編集部

2023.9.25 Column

<<PR>>

おすすめ転職サイト総合ランキング【最新版】

【第1位】ビズリーチ(公式:https://www.bizreach.jp/

【第2位】リクルートエージェント(公式:https://www.r-agent.com/

【第3位】リクルートダイレクトスカウト(公式:https://directscout.recruit.co.jp/

働き方が多様化し始めている昨今、20代で転職を考える人も増えています。その中でも20代後半で「転職したい」と思っている方の多くが、企業側が「どんな人材を求めているのか」を意識して転職活動を進めたいと思っているのではないでしょうか。20代後半は第二世代よりもポテンシャルではなく、経験やスキルを重視されます。しかしながら20代後半は30、40代ほどの経験やスキルは有していない場合がほとんどです。「成長性」と「スキル」どちらもアピールポイントが難しい20代後半は転職が難しい年代であると言われています。この記事では20代後半の転職が難しい理由とその解決策、転職におすすめな職種まで紹介します。20代後半で転職を検討している方は必見です。

【年収600万円以上向け】転職サービス
1位 ビズリーチ
2位 リクルートダイレクトスカウト
3位 doda X

<マイナビのプロモーションを含みます>

 

【年収400万円以上向け】転職サービス
1位 リクルートエージェント
2位 dodaエージェント
3位 マイナビエージェント

20代後半での転職が厳しいと言われる理由

20代後半で転職が難しいと言われる理由として、アピールポイントを見つけることが難しい点が挙げられます。20代前半では「第二新卒」としてポテンシャルややる気等を加味して「成長性」を重視する傾向にありますが、20代後半になると「成長性」に加えて経験やスキルを期待する会社も少なくないでしょう。しかしながら経験やスキルは30代、40代に比べると未熟な場合がほとんどです。そのためどこを強みとして転職活動を行っていくか、20代前半よりも考えて求人募集を選ぶ必要があります。求人の選択肢が限られてくる点が厳しい理由と言えます。

20代後半でも転職は可能

20代後半は20代前半に比べて、求人の選択肢が限られてきますが、どの企業も「20代の人材を確保したい」と考えているため転職は十分可能です。加えて、20代後半の転職は年収がアップする傾向にあります。これは第二新卒と比べた際に、企業側の評価基準が変わり、スキル面を重視する傾向にあるからであると考えられます。「社会人経験で培ったスキルが志望する会社のどの部分で生かすことができるのか」「会社に入って実現したいことは何か」等の企業側の求めるニーズとそれに合わせた自分の強みを押し出すことで、キャリアアップも十分望めるでしょう。

20代後半の転職で失敗する人の特徴

転職を何度も行うのは精神的にも肉体的にも疲れますよね。加えて、転職回数が多いと企業側から不審に思われる可能性もあるため、転職を繰り返すのは避けたいところです。転職した会社が想像と違ったりなかなか転職活動が上手くいかなかったりする理由はいくつか考えられます。転職活動を行う上で意識しておきたいポイントを知りたい方や、現時点で転職活動が上手くいっていない方は以下のポイントが自分に当てはまっていないか確認してみるとよいでしょう。

他人頼りであったり責任感がない

これは20代後半に限らず、全年代において当てはまることであると言えます。自分の行動に責任を持つ姿勢の無い人や、問題や課題にぶつかった際に「他人のせい」にする人は避けられる傾向にあります。理由としては、反省を受け止め、次に繋げる意識が欠けている点から成果を出すビジョンが見えてこないことが挙げられます。当たり前ですが、企業側としては採用に多くのコストをかけているため、会社で成果や実績をあげているイメージが湧かない人は避ける傾向にあります。またミスを常に「人のせい」にする人は、多くの人とコミュニケーションをとりながら仕事を円滑に進める上で雰囲気を悪くする恐れがあります。何故なら周りの人に不平不満をぶつける可能性があるためです。他責思考な人が避けられるのは当然と言えるでしょう。

自己分析ができていない

20代後半での転職活動は第二新卒よりもより深く、分析を行う必要があります。何故なら、20代後半はポテンシャルに加えて社会人時代に培ったスキルも求められるためです。「自身が持っているスキルを用いてどのような働き方ができるか」「会社が求めるスキルに応えることのできる能力か」等の会社の知りたいことや求めている人材を敏感にキャッチし、それに合わせた自分の良さをアピールすることが重要でしょう。履歴書や面接で落ちないようにすることはもちろん、入社後に感じるミスマッチを生まないためにも自己分析は大切です。

情報収集が甘い

上記と少し重なる部分がありますが、選考前に必ずその企業についてリサーチをする必要があります。何故なら転職先に自分が求めている条件が当てはまらず、入社後や面接の際に後悔が残る可能性があるためです。選考前は必ず、受けたい企業の情報収集を徹底的に行う必要があります。

20代後半の転職者に求められる資質

前述でも少し触れましたが、20代後半はポテンシャルに加えて社会人時代に培ったスキルも求められます。そのため会社に入ってすぐ即戦力として働けるかが一番求められる資質として考えて良いでしょう。その他に求められる資質としては「コミュニケーション力」が挙げられます。これは20代後半に限らずどの年代にも求められる資質といって良いでしょう。数年社会経験を積んでいるからといって、転職先では新人として扱われます。そのため仕事が出来るかどうかはもちろん重要ですが、友好な人間関係を構築できるかが大前提として重視されるでしょう。転職先の社風や社員に馴染める素直さや柔軟性、向上心の高さ等が求められます。また第二新卒ではないとはいえ「ポテンシャルの高さ」もある程度求められます。ポテンシャルの高さがみられる点が30、40代の中途採用と大きく異なる点です。他の年代との差異化をつけていくために「ポテンシャルの高さ」もアピールしていきたいところですね。

20代後半の転職を成功させるポイント

ここまで20代後半で失敗する人の特徴や求められる資質について挙げてきました。では20代後半で転職を成功させるためにはどのような点を意識すれば良いでしょうか。以下、何点か挙げていきます。ポイントを知りたい方、要チェックです。

なぜ転職したいのか?を明確にする

転職したい方に多いケースとして、自分のことを把握できていないまま、「とりあえず職を探すか」と転職サイトから求人募集を探すケースです。自己分析と重なる部分がありますが、まず何故自分が転職したいのかを言語化するようにしましょう。転職理由も明確にできていないまま求人を探すと、転職した先でまた「転職したい」と不満を持つようになる可能性があります。「自分が今の会社のどこを不満に思っているのか?」「何を改善したいのか?」を明確にしてから転職先を探すようにしましょう。

転職先に求める条件ランキングをつくる

自分が転職先に求めることを言語化したら、求める条件に優先順位をつけると良いでしょう。全ての条件をクリアする求人を見つけることは難しいため、「この条件だけは妥協できない」「この条件はあれば理想だけど、最悪無くても構わない」等の条件ランキングをつくっておくことで、転職先を悩んだ際の1つの判断材料にすることが出来ます。

企業の情報収集は怠らない

面接の際に自己アピールしたり、転職後に自分と企業側の乖離が生じたりしないように企業の情報収集は怠らないようにしましょう。「どのようなことを大事にしている会社なのか」「どんな事業を行っているのか」等企業ホームページや転職サイトに記載されていることはできるだけ把握しておくようにしましょう。

即戦力になれるスキルをアピールする

20代後半で転職際に求められるのは「即戦力になれるかどうか」です。そのためこれまでの社会人経験の中で自分が即戦力になれるスキルや経験を上手くアピールできるかが重要です。自分が今までどんなことをしてきたのか、どんなことが強みとなりうるか書き出してみて、それがどんなふうに会社で生かされるか考えてみると良いでしょう。スキルだけではなくとも、自分の性格面で強みとなるものでも大丈夫です。可能性の幅を広げるためのも、自分のスキルを書き出しておきましょう。

女性は女性が働きやすい職場かどうかを見極める

男性と女性の違いとして、結婚・出産後、働き方が大きく変わる可能性がある点です。そのため女性は結婚・出産がしやすい環境の職場を選ぶことをおすすめします。「時短勤務がある」「育休、産休がしやすいか」等の女性のことを考えた福利厚生が整っているかが職場選びの1つの基準になってくるでしょう。

在籍中に転職活動を行う

転職活動をする際に、仕事を辞めてから行う方がいますがあまりおすすめしません。何故なら離職中であることを企業側がマイナスに捉える場合があるためです。また転職活動を行った末に現職よりも良い待遇であったり、希望する企業に行けなかった場合、現職に留まることも可能です。

転職活動を行う際は在籍中に転職活動を行うことで、心に余裕を持って行うことが出来るでしょう。

20代後半の転職で失敗しないための注意点

良い職場環境や待遇を求めて転職をしたにも関わらず、満足のいく転職が出来ない人も少なからず存在します。転職に失敗しないようにするためには「他人のせいにしない」「情報収集を怠らない」「転職理由を明確にする」等を意識する必要があります。自分の求める条件と企業側の条件をすり合わせ、その会社で自分が働いているイメージを膨らませることが出来るかが重要でしょう。また転職エージェントを使うことで、失敗するリスクを下げることが出来ます。

20代後半転職でおすすめの職種

「転職先は前職のスキルを生かした職種がいいの?」「未経験の職種に挑戦してみたいけれど難しい?」といった転職先の職種に悩む方もいるでしょう。そこで20代後半の方におすすめの職種を紹介します。職種選びの際に参考にしてみてください。

営業職

業界にもよりますが、他の職種よりもポテンシャルやコミニュケーション力が重視される営業職はおすすめの職種と言えるでしょう。スキルや経験をあまり求められない点も他の職種とは異なる特徴と言えます。また営業を通して現場を知り、そこで身につけたノウハウを活かして他職種へのスキルアップも望めるといったメリットもあります。

介護職

介護職は人手不足に悩まされているため、転職を希望する際は他の職種よりもスムーズに転職することができるでしょう。しかし会社によっては給料が低かったり、労働時間が長かったりするため、労働条件をしっかり確認してから転職を検討することをおすすめします。また資格を取ると、給料が上がる傾向もあるため資格を取ることも視野に入れると良いでしょう。

ITエンジニア

IT技術の普及により、ITエンジニアの需要が高まっているため比較的転職しやすい職種であると言えます。また経験を積み、得たキャリアを活かして別業界のシステム部署での活躍も見据えることができます。長く使えるスキルを身につけたいと考えている方は特におすすめの職種です。

事務職

人気の高い職種ですが、だからこそ20代後半の内に挑戦しておきたい職種ではないでしょうか。パソコンスキルを持っておくと有利に進む可能性があるため、事務職に興味のある方は時間を見つけて資格を取っておくと良いでしょう。

20代におすすめの転職エージェント【総合】

ここでは、おすすめの総合型転職エージェントを紹介します。圧倒的な求人数と全国対応型のサポートが特徴なので、どの転職エージェントが良いか迷ったときの登録先としてもおすすめです。

リクルートエージェント

リクルートエージェントは、業界最大手クラスの人材紹介会社・リクルートが提供しているサービスであり、転職支援実績が業界No.1を記録しています。大企業から中小企業までさまざまな求人が集まるため、豊富な求人数や選択肢の拡大を重視してサービスを選びたい方に最適です。企業ごとの特徴や強みを記録した独自レポートの提供もあり、求人応募時の参考になります。また、企業分析をする時間を短縮できる効果も高いため、スピーディーに転職活動を行いたい方におすすめです。リアルな口コミなども参考に転職先を選びたい方は、レポートを参考にしてみましょう。

デューダ(doda)エージェント

デューダ(doda)エージェントは、理想的な転職先を見つけるため、自己分析サポートに力を入れている転職エージェントです。今の会社に不満なポイントや将来的なキャリアイメージを浮き彫りにしておけば、どのような転職先にするべきかわかります。そのうえで求人を紹介してもらえばミスマッチを予防しやすくなるので、まずは自己分析から相談するとよいでしょう。公開求人であれば自由に検索して応募できるため、転職サイトと転職エージェントの良いとこどりができているサービスでもあります。キャリアアドバイザーの質に左右されることなく、自発的な転職活動をしたい方でも利用できるので登録してみましょう。

マイナビエージェント

マイナビエージェントは若手の転職活動に特化している転職エージェントです。特に医療・福祉・介護業界への転職実績が多く、未経験歓迎求人も増えています。47都道府県に対応している大手サービスなので、地域を気にする必要もありません。もちろん、20代後半でも利用できるため、転職を考えている方は利用してみると良いでしょう。転職が初めての方には、手厚い履歴書・職務経歴書の添削が提供されます。応募先ごとに内容をアレンジするなど細かな選考対策も積極的に実施してくれるので、書類選考で落ちてしまいがちな方は一度相談してみましょう。

ビズリーチ

ビズリーチは、ハイクラス特化型の転職エージェントです。「ハイクラス=40代以降」というイメージがあるかもしれませんが、実際には20代後半での利用も多いです。次世代リーダーや次世代経営層などを求める企業が多く登録しているので、若いうちから役職を得たい方に向いています。登録したプロフィールや職務経歴書をもとにヘッドハンターから連絡が届くこともあり、スカウトサービスとしても活用することが可能です。そのため、忙しい方でも情報を登録しておけば良い求人に出会うこともできます。ひとりのキャリアアドバイザーだけに依存したくない方や、「良い求人があれば転職したい」など転職を急ぎたくない方にとっても、使いやすいサービスと言えるでしょう。

リクルートダイレクトスカウト

リクルートダイレクトスカウトは、リクルート社が手がける転職スカウトサービスです。登録情報をもとにヘッドハンターや企業から直接スカウトが届くので、自分で企業を選んで応募する手間がかかりません。そのため、転職活動に割く時間が少ない方や、選択肢が多すぎて迷ってしまう方でも安心して利用できます。なお、ヘッドハンターは業界ごとに専門分野が細分化されており、自分の経歴を理解したうえで企業へのアプローチをかけてくれるのがポイントです。業界ならではの文化やトレンドにも詳しいので、アドバイスしてもらいながら他社の特徴を学んでもよいでしょう。

20代におすすめの転職エージェント【地方】

地方で転職したい20代には、下記の転職エージェントがおすすめです。首都圏や地方都市以外の案件も多く掲載されているので、チェックしてみましょう。

ヒューレックス

ヒューレックスは地方に根差したキャリア形成を応援する転職エージェントであり、Iターン転職やUターン転職支援の実績が多いのが特徴です。大手企業の地方支店から、地元密着で経営している中小企業の求人までさまざま取り扱っているため、幅広い選択肢を確保できます。実際の選考に進んでからは本番を想定した面接トレーニングや想定問答集づくりなどの支援を受けられるので、緊張しがちな方でも自信を持って選考に臨めます。これまで自己流の転職活動で上手くいかなかった方や、プロのアドバイスを受けたい方は利用してみましょう。

Glocal Mission Jobs

Glocal Mission Jobs(グローバルミッションジョブズ)は、「地方×管理職」に特化した転職エージェントです。地方の企業、かつ管理職の求人が多く、UターンやIターンを検討するハイキャリア人材に支持されています。なお、グローバルミッションジョブズで扱う求人の40%近くは、製造業が占めています。地方は工場や倉庫が多いので、製造業でトップを目指したい方に最適な環境と言えるでしょう。また、建設・不動産関連の求人も多いので、希望に合致する方は登録しておくことをおすすめします。管理職だけでなく管理部門(経理・総務・人事などバックオフィス業務)の求人も多いので、チェックしてみましょう。

リージョナルキャリア

リージョナルキャリアは全国に25拠点を有する、地方特化型の転職エージェントです。中長期でのキャリア支援を応援してくれるので、目先の転職だけを考えた安易なキャリアプランにならないことも魅力です。キャリアコンサルタントは90人以上在籍しており、業界ごとに細分化された専門分野ごとに専門性の高いキャリアカウンセリングを実施しています。全国各地で開催されるキャリア相談会では、業界のトレンドや転職成功のコツなどを直接指導してもらえます。対面の大型セミナーもあればオンラインでの個別相談会などもあるので、スケジュールの合うイベントに参加してみましょう。満足度と納得度の高い転職にしたい方にこそ、おすすめです。

20代におすすめの転職エージェント【ベンチャー】

次に、ベンチャー企業に強い転職エージェントを紹介します。ベンチャー企業は実力主義で人事評価しているケースが多く、20代後半でもスキル次第では高い報酬を期待できるのが特徴です。企業文化や透明性の高い人事評価制度を期待したいときは、下記のエージェントを活用してみましょう。

キープレイヤーズ

キープレイヤーズは、ベンチャー企業とスタートアップ企業への転職に強いエージェントです。経験や実績ではなく人柄や熱意を重視して採用する企業の求人が多く、社会人経験の浅い20代でも十分に挑戦できる風土が整っています。また、カルチャーフィットする求人を紹介するため、細かな自己分析や企業分析を手伝ってくれるのもポイント。選考対策を受けられるので、希望の求人の面接の際には、自分のアピールポイントを正確に伝えられるようになるでしょう。経営層の考え方や社風に関する情報も応募前に開示してもらうことができ、後悔のない転職活動が叶います。ベンチャー転職ならではのコツを聞くこともできるので、大いに頼りましょう。

GoodfindCareer(グッドファインドキャリア)

グッドファインドキャリアは、従業員数数名規模のスタートアップ企業から大手の上場ベンチャー企業まで幅広い求人を扱う転職エージェントです。大手転職エージェントでは目立たない求人も積極的に扱っており、成長可能性の高い会社に応募がしやすくなっています。GoodfindCareerのキャリアサポートは、転職を前提としていないことも特徴です。転職だけでなくフリーランスや非正規雇用、独立、起業、副業などさまざまな選択肢も提示してくれます。自分にとって仕事の軸が何か見失ってしまった方にこそ、使ってほしいサービスです。

プロコミット

プロコミットは、成長する可能性の高いベンチャー企業の求人を中心に扱う転職エージェントです。独自の社内審査基準をクリアした求人しか掲載されないため質が高く、事業の継続性や働きやすい環境を求めている方におすすめです。また、交渉力があるため、年収・入社日・役職・職務内容などの相談がしやすいのも大きなメリットといえます。カルチャーには高く共感できるけれど条件面だけが合わない、という求人があれば、遠慮せずプロコミットのキャリアアドバイザーに相談してみましょう。

20代におすすめの転職エージェント【コンサル】

次に、コンサル業界に強い転職エージェントを紹介します。

経験が重視されるコンサル業界だからこそ20代のうちに転職し、知識をつけていくのがおすすめです。

アンテロープ

アンテロープはコンサルタント専門の転職エージェントであり、年収1,000万円以上の求人を多数扱っているのが特徴です。ハイキャリアコンサルタント向けのサービスではありますが、実は20代後半など若手の利用実績が多いのがポイント。個人の適性に合った求人を紹介してもらえるので、入社時から高い報酬を期待できます。また、金融業界への転職にも強みがあります。M&Aを専門とする事業会社、金融マネジメント会社、投資ファンドやアセットマネジメントの会社も多いので、気になる方はチェックしてみましょう。金融コンサルタントを目指したい方には、特におすすめのサービスです。

ムービン

ムービンはキャリアセミナーを多数開催している転職エージェントであり、そのほとんどがコンサルタント向けのセミナーです。女性コンサルタント向けのセミナーから外資系コンサルティングファームへの転職希望者向けのセミナーまで幅広く、自分に合ったセミナーを受講して情報収集することができます。実際にムービン経由で転職を検討してからは、先輩コンサルタントの年収事情や業界ごとの特色などを細かく知ることが可能です。また、ケース別面接対策事例などのノウハウも多く、自信をもって選考に臨めるようになるでしょう。未経験向けの求人もあるので、初めてコンサルタントを目指す方にもおすすめです。

アクシスコンサルティング

アクシスコンサルティングは、キャリアアドバイザーの質が高いことで有名なコンサルタント特化型転職エージェントです。転職以外の選択肢も想定してキャリアコンサルティングしてくれるので、納得の応募先を見つけやすいのがポイント。場合によっては将来的な独立やフリーランスの開始なども見据えて今のキャリアを作れるので、30代40代になってからも安心です。また、ひとり当たりの平均サポート年数が3年と長く、長期的に支援を行ってくれることもメリットのひとつになっています。転職前の相談から転職後のヒアリングまで長く支援してくれるため、ミスマッチのない転職になるでしょう。

20代におすすめの転職エージェント【管理部門】

20代のうちから管理職を目指したい方や、将来管理職へのキャリアアップをしたい方は、管理職に強い転職エージェントがおすすめです。下記で代表的なサービスを紹介するので、チェックしてみましょう。

MS Agent

MS Agentは、年収500万円以上を目指す転職に強いエージェントです。リーダーやマネージャーなど管理職の求人や、総務・経理・人事・法務・労務など管理部門の求人に強く、会社の経営に関わる人材を求める企業と出会いやすいのが特徴です。既に管理職特化型転職エージェントとして30年以上の実績があるため、ノウハウやサポートの質の高さも期待できます。管理職に必要なスキルや今後の経営リスクに関するセミナーを多数開催しており、情報収集の場としても活用できます。今知っておくべき経営トレンドや業界の動向を学ぶ場として、参加してもよいでしょう。扱う求人のうち72%が上場企業と取引があり、独自のパイプを築いているMS Agentならではのセミナーを受けられます。

最速転職HUPRO

最速転職HUPRO(ヒュープロ)は、最短・最速での転職を目指すエージェントです。特に経理・会計・税務・財務などの分野に強く、会計事務所など士業系の転職先を探すこともできます。最短3日で内定を獲得した事例もあるので、ブランク期間を最短で抑えたい方は早めに登録してみましょう。なお、ワークライフバランスを充実させやすい求人が多く、テレワークやフレックスタイム制度に積極的な求人を扱っています。土日祝日休み、完全週休2日制、福利厚生完備、各種手当金あり、など魅力的な求人があるので、スピード転職でありながらも条件面で妥協したくない方におすすめです。

20代におすすめの転職エージェント【医師】

医師転職におすすめの転職エージェントは、下記の通りです。転職だけでなくスポットでのアルバイトや非常勤にも対応している媒体が多いので、チェックしてみましょう。

エムスリーキャリア

エムスリーキャリア(m3.com CAREER)は、常勤・非常勤・スポット勤務など多彩な契約形態を扱う医師専門の転職エージェントです。勤務地や診療科目ごとに手軽に求人検索でき、自己応募することも可能。キャリアアドバイザーの手を借りない転職にすることも、専門的なアドバイスをしてもらいながらじっくり転職することも可能です。コンサルタントが紹介する求人であれば匿名応募もでき、転職活動中であることを周りに悟られにくいのもポイント。特に地方や横つながりの強い業界で転職活動する際は、十分に配慮しておきましょう。一方、自己応募であれば応募段階で個人情報を開示する必要があるので、注意が必要です。

医師転職ドットコム

医師転職ドットコムは、退局時のサポートまで綿密に手がけてくれる医師特化型転職エージェントです。選考を突破するコツや応募書類の作成、論文のとりまとめはもちろん、引っ越しを伴う転職の場合の転居先探しなどのサポートも行ってくれます。また、応募先の雰囲気や医師同士の関係性も教えてもらえる他、事前の見学などにも対応してくれるので、応募前の情報収集に役立てることができるでしょう。転職後のミスマッチを防ぎたい方や、カルチャーを重視して転職活動したい方にもおすすめです。

マイナビドクター

マイナビドクターは、医療系転職支援サービスでトップクラスの実績を誇る人材紹介会社・マイナビが運営する転職エージェントです。求人数が多く、年収2,000万円以上などの高報酬案件もあるので、条件面で妥協したくない方は活用してみましょう。また、自由診療・科目不問などの人気求人も多数取り扱っています。「医師の年収診断」では、キャリアや経験・実績に応じた年収診断が可能です。今の待遇が相場と比べて高いか低いか判断したい方や、今後どの程度まで年収が伸びる可能性があるか知りたい方におすすめです。また、開業した場合の待遇シミュレーション機能などもあるので、多彩なキャリアを考えてから転職に踏み出したい方にも向いています。

20代におすすめの転職エージェント【看護師】

次に、看護師専門の転職エージェントを紹介します。職場の雰囲気や人間関係など、一般の求人には掲載されない情報を持つエージェントもいるので、参考にしてみましょう。

看護roo!転職サポート

看護roo!転職サポートは、看護師だけでなく看護学生も利用できる総合型看護ポータルサイトです。看護師転職のノウハウやコツ、良い職場を見極めるポイントなどのコラムが掲載されているため、転職時の情報収集や必要なノウハウを学ぶことができます。会員登録なしでも利用できますが、登録すると個別のキャリアコンサルティングや非公開求人の紹介が受けられるので、本気で転職活動に踏み出したい方は登録しておきましょう。その他、応募先との面接日程調整なども担当してくれるので、面倒な転職活動から解放されるのもメリットです。

レバウェル看護

レバウェル看護は、応募先に関する情報が豊富な転職エージェントです。看護師同士の人間関係・医師と看護師の距離感・実際の残業時間・セミナーや研修への参加比率など、具体的な職場環境を知ることができます。また、産休育休の取得実績や退職率など、職場に関するデータも豊富なので、応募先を比較したいときにも役立ちます。LINEでサポートを受けることもできるので、直接オフィスに出向いてカウンセリングしてもらう時間がない方にもおすすめ。仕事の合間を縫ってチャットを送ったり、オンライン通話を使ったりすれば時間・場所を選ばず手軽に相談できます。ライフスタイルに合わせて無理のない転職活動をしたい方こそ、登録してみましょう。

マイナビ看護師

マイナビ看護師は、看護師転職業界における最大手クラスの転職サービスです。転職エージェントと転職サイト両方の性質があり、求人を自由に検索して自己応募することも、担任のキャリアアドバイザーと相談しながら応募先を紹介してもらうことも可能です。なお、キャリアアドバイザーは原則転職活動終了までひとりが担当するので、毎回人が変わるストレスもありません。書類添削に強く、自分の経歴が伝わる魅力ある文面にしてくれるのもメリットです。自己PRの書き方がわからない方や、応募先との共通点を見つけられず志望動機づくりに悩んでいる方は、相談してみましょう。過去の内定者の書類を使ったアドバイスなどもあり、参考になるポイントが多いです。

20代におすすめの転職エージェント【薬剤師】

次に、20代薬剤師の転職におすすめのエージェントを紹介します。下記でそれぞれの特徴を解説するので、参考にしてみましょう。

薬キャリAGENT

薬キャリAGENTは、希望条件に合う求人を最短即日で紹介してもらえる転職エージェントです。「年収600万円以上」「残業ほぼなし」など希少求人が多く、ワークライフバランスを取りやすい案件もあります。自分の経験に見合う年収相場も提示してもらえるため、転職すべきか迷っている方は、今の年収相場が自分に合っているか確かめるために利用してみると良いでしょう。なお、利用者のコンサルタント満足度は95%と高く、薬剤師登録者数もNo.1を記録しています。自分でも気づかない市場価値がわかることも多いので、質の高いカウンセリングを期待している際に登録してみることをおすすめします。

リクナビ薬剤師

リクナビ薬剤師は、毎日平均30件以上の新規求人が登録される転職エージェントです。「好条件な職場を求めているが転職サイトやハローワークではなかなか見つからない」「条件を厳しくしすぎてなかなか理想に合う求人がない」という方でも、豊富な求人から見るけることができるでしょう。また、常勤だけでなくパート・アルバイト・契約社員の案件があるのも特徴です。子育てや介護と両立しながら薬剤師を続けたい方は、チェックしてみましょう。最短3日で内定が出るスピード力も、大手転職エージェントならではです。

マイナビ薬剤師

マイナビ薬剤師は、相談会やセミナーが多く、薬剤師転職に役立つノウハウが手に入るエージェントです。「Uターン転職」「治験業界セミナー」などテーマが細分化されており、薬剤師専任のアドバイザーが常駐しているのがポイント。セミナーのついでにマンツーマンで転職相談をおこなうなど、転職者へのサポートがとても手厚いです。また、アフターフォローが充実しているので、転職後に判明した条件相違があればフィードバックすることができます。万が一聞いていた情報と違う場合、職場に掛け合って条件や仕事内容を変更してもらうなどの配慮をお願いすることもできるので、入社後のミスマッチに悩まされることもありません。

20代におすすめの転職エージェント【保育士】

次に、保育士転職におすすめの転職エージェントを紹介します。保育園だけでなく病院や病児保育施設などの案件もあるので、チェックしてみましょう。

保育士ワーカー

保育士ワーカーは、企業内保育所・病院・健診施設などの選択肢も豊富な保育士特化型転職エージェントです。インターナショナル保育園で英語を使った保育をするなど、保育士資格以外のスキルが役立つ案件も多め。ハイキャリアを歩むためのスキルアップを目指したい方にも、おすすめです。職場の雰囲気や有給消化率など、求人要綱には掲載されないリアルな情報をもらえるのもポイント。人間関係や先輩社員の退職理由も聞けるので、「思っていた職場でなかったらどうしよう」という不安も払しょくできます。反対に、残業がない、定着率が良いなどポジティブな情報をもらえば、転職の決め手になるでしょう。

保育のお仕事

保育のお仕事は、正社員だけでなく契約社員やパート・アルバイトなど多くの雇用形態に対応している転職エージェントです。子ども向け企画旅行への添乗や大規模イベントでの1日限定勤務などの案件もあり、アルバイト先を探している保育士にもおすすめです。特に、グローバルキッズ・ピノコーポレーション・キッズスマイルプロジェクトなど、大手の社会福祉法人や保育関連企業の求人が多いのが特徴です。事業拡大に伴い大規模な求人を出しているケースもあるので、時期を逃さず応募できるよう準備しておきましょう。

マイナビ保育士

マイナビ保育士は、全国47都道府県対応型の保育士特化型転職エージェントです。保育士や幼稚園教諭の資格を持つキャリアアドバイザーも多く、実務の現場を理解したアドバイスがもらえます。また、地域で人気のある保育園などの選択肢も提示してもらえるので、転職後の満足度も高くなりました。現在、マイナビ保育士は利用者満足度・認知度ともに業界No.1を獲得しています。特に首都圏での求人はトップクラスの数があるので、選択肢を幅広く確保したい保育士の方は登録しておきましょう。

20代におすすめの転職エージェント【介護士】

ここでは、20代介護士におすすめの転職エージェントを紹介します。待遇の良い転職先からプライベート時間を確保しやすい転職先まで幅広く紹介してもらえるエージェントをピックアップしているので、参考にしてみましょう。

レバウェル介護

レバウェル介護は未経験での介護業界転職に強いエージェントです。未経験・資格なし歓迎の求人が多く、完全異業種からの転職も叶います。第二新卒や既卒でも入社しやすい求人が多く、かつ求人に関わるネガティブ情報も伝えてもらえるので、定着率も高めです。なお、レバウェル介護が取り扱う求人数は10万件以上を記録しています。経験や資格があれば優遇してもらえるケースが多いので、相談してみましょう。施設の雰囲気に関する情報も豊富なので、事前に転職先を十分吟味したいときにも役立ちます。

マイナビ介護職

マイナビ介護職は、介護福祉士、ヘルパー、ケアマネージャー、社会福祉士など介護関連専門職に強い転職エージェントです。所有資格ごとに求人をサーチできるので好待遇を目指しやすく、キャリアアップ転職が叶います。登録者のなかにはワーママも多く、子育てと両立しやすい職場が充実していることもわかります。なお、マイナビ介護士のキャリアアドバイザーは、現職への不満や転職で叶えたい今後のキャリアプランについて詳しく掘り下げてヒアリングしてくれるのが特徴です。自分でも意識していない根本的な課題を発見し、解決できそうな職場がないか一緒に探してくれるので、転職活動を乗り切る頼もしいパートナーとなるでしょう。

かいご畑

かいご畑は、働きながら介護士としての感覚を掴める求人を多く取り扱う転職エージェントです。未経験歓迎の求人割合が高く、教育制度が充実している案件を優遇しているため、資格や知識がない状態でも入社しやすいのがメリット。人員に余裕のある求人の取り扱いも多いため、転職後の手厚いサポートを受けたい方は、かいご畑で求人を探してみるとよいでしょう。また、関連サービスである「ほっと倶楽部」では、働きながら無料で介護資格の取得を目指すことも可能です。経験と資格が合わさればキャリアアップや再度の転職による好待遇を期待できるので、チャレンジしてみてください。

おすすめの転職エージェント【営業職】

営業職で転職を考えている人におすすめの転職エージェントを紹介します。営業職に特化しているため、異業種から営業職に転職したい場合でも参考になる媒体ばかりですので、チェックしてみましょう。

hape Agent

hape Agentは、営業職に特化した転職エージェントで、20〜30代向けの求人も多く掲載しています。大手の転職エージェントと比較すると認知度の高い転職サービスとはいえませんが、徹底したサポートとマッチング度の高さから顧客満足度が高く、多くの利用者から支持されています。「初回ヒアリング60分間」「案件紹介60分」「面接対策90分」とじっくりヒアリングを行い、希望求人のすり合わせを行ってくれるため、自身の転職希望条件にぴったりな求人案件に出会うことができるでしょう。また、300種類以上の職務経歴書の組み合わせを活用して、面接先に合った応募書類を作成可能です。サポートの丁寧さにより、書類通過率は、約90%以上と高い数値を獲得しています。質が高いサポートを受けたい人や、面接に通る書類作成方法を知りたい人におすすめです。

イノセル

イノセルは、顧客に喜ばれるような成果を出し続ける営業職を増やすことをコンセプトにしています。営業職に特化した転職エージェントのため、営業職に関する知見が豊富です。希望する会社の文化と転職希望者の能力や価値観を分析し、より入社後に活躍できるような求人をマッチングしてくれます。また、求職者の声も見ることができ、他の求職者のリアルな声を参考にすることができるのもメリットです。営業力の伸ばし方がわかるコンテンツ配信も行っているので、気になる方はぜひ登録してみてください。営業職に特化した質の高いサポートを受けたい人や実際の利用者の声を参考にしたい人におすすめの転職サービスです。

SQiL Career Agent

SQiL Career Agentは、営業の専門家による営業職に特化した転職エージェントです。運営会社は、約1,200社以上の豊富な営業支援実績があり、豊富な営業ノウハウや知識があります。そのため、採用企業が欲しい人材について理解しており的確なアドバイスをくれます。また、求人数は公開しておらず、求人数自体は分かりませんので、オンライン面談で確認しましょう。地方の求人は少ないですが、東京を中心とした関東方面の求人は豊富です。関東方面で営業職を探している人は、1度話しを聞いてみるとよいでしょう。

おすすめの転職エージェント【金融職】

金融職は、専門職であるため未経験からの転職は難しい傾向があります。しかし、20代のうちでは経験よりもこれからのポテンシャルを評価されて採用される場合がほとんどです。代表的な転職サービスを紹介するので、転職時には参考にしてみてください。

コトラ

コトラは、金融やコンサルティング業界など業種を限定したハイクラス向け転職サービスです。金融だけでなくIT、コンサルティング、製造業などの求人紹介を行っています。求人数は、約22,800件と多いだけでなく、年収1,000万円以上のハイクラス求人も多数取り扱っているのが特徴です。職種ごとに細かく求人が分類されているため、年齢や職種・年収などから求人を探しやすくなっています。また、キャリア転職実績を表彰する日経ヒューマンリソースエージェントアワードで5年連続受賞。キャリア転職実績の最高峰のため、外部からも評価が高く、コトラの担当者や企業としての質の高さを証明しています。転職したい職種が決まっている人や、業界に精通したコンサルタントから質の高い支援を受けたい人におすすめです。

マイナビ金融AGENT

マイナビ金融AGENTは、大手人材会社マイナビエージェントが運営する金融業界に特化した転職サービス。金融業界の中でも特に銀行や証券会社などへの転職サポートが充実しているのが特徴です。マイナビエージェントのコンサルタントは、地銀や証券会社などの出身者で構成されています。実際の現場経験者の経験や生の声を活かしたサポートを受けられるため、企業ごとの対策をしっかり練ることが可能です。また、求人数は他の金融系の転職サイトと比較しても多くなっています。全体の求人数は約64,000件で、約3割の求人が非公開求人です。有名大手企業から中小企業まで幅広い求人を取り扱っているため、多くの求人から比較したい人におすすめでしょう。求人を一度に比較することで、自身に合う求人を探しやすく転職活動を効率的に進められるでしょう。

ムービンストラテジックキャリア ファンド・M&A金融転職

ムービンストラテジックキャリア ファンド・M&A金融転職は、大手金融業界出身者が転職活動をサポートしてくれるのが特徴です。思考力やビジネスに重要なスキルに関しても徹底した指導を受けることができます。過去20年以上の支援実績から、他社と比較しても情報量や知識量が豊富です。求職者一人一人に合わせて徹底的に転職をサポートしてくれます。コーチング理論を導入したカウンセリングやセミナーなども実施しており、転職者の可能性や能力を引き出しながらぴったりの転職先を探すことが可能です。これまでの経験や志望先などにあわせた専任のコンサルタントに転職サポートをしてもらいたい人におすすめでしょう。

おすすめの転職エージェント【アパレル職】

アパレル職やファッション業界に転職したい人向けにおすすめの転職エージェントを紹介します。中には有名ブランドの求人を取り扱っている転職エージェントも存在します。働きたいアパレルブランドがある人には、転職エージェントを活用した転職活動がおすすめです。

クリーデンス

クリーデンスは、大手人材会社パーソルキャリアが運営するファッションやアパレル業界に特化した転職エージェントです。公開求人数は、約1,400件と大手の転職サイトと比較すると多くはありません。しかし、保有求人の50%から60%が非公開求人となっているため、転職市場ではあまり見かけないような求人に出会える点が特徴といえます。国内外の人気ブランドのデザイナーや、ラグジュアリーブランドの販売、老舗商社の企画など、様々な求人を取り扱っています。登録後、スキルや志向性を考慮した求人を提供してくれるため、今後のキャリアに繋がりやすく、より働きやすい求人に出会うことができるでしょう。また、クリーデンスでは、アパレルやファッション業界へ転職する際に役立つ情報をまとめて見れるのもメリット。業界に特化した情報力とサポート力で、転職活動をサポートして欲しい人におすすめな転職エージェントです。

FashionHR

FashionHRは、ファッション業界の求人を網羅している転職エージェントサービスです。ファッションやアパレル業界を代表する企業が直接求人を掲載しており、転職希望者が働いてみたいブランドに直接応募できる点が特徴です。求人数は、約8,800件と他の転職エージェントと比較しても多く、メーカーや生産管理などの仕事も多数掲載されています。また、匿名で利用できるスカウトサービスでは、提携している50社以上から非公開求人を含む魅力的な求人を紹介してもらえます。スカウトメールでは、自身のスキルや資格などを見たうえで企業側からオファーがくるため、希望する企業への転職も叶いやすくなりますよ。FashionHRは、転職活動を効率的に行いたい人におすすめです。参考になるインタビュー記事や転職活動に役立つ記事などが掲載されているため、ぜひチェックしてみてくださいね。

スタッフブリッジ

スタッフブリッジは、アパレルやファッション業界に特化した国内大手の派遣転職サービスです。求人数は5,300件と多く、百貨店や商業施設などに店舗を構える、有名ブランドの求人も多く掲載しています。全国の求人検索を行えますが、特に関東や関西圏などの求人が多い点が特徴といえます。他の派遣の求人と比較しても給与が高く、地域NO.1の時給になるように調整しているのも特徴の一つです。エントリー職種の経験が2年以上の場合は10万円の支給を行っており、前職での頑張りもしっかりと評価してもらえるでしょう。また、履歴書の入力や契約書の記入などはすべてアプリで完結するため、会社に出向く必要はなく手間がかかりません。勤務後の手間をなくしたい人や高時給で働きたい人におすすめの転職サービスです。

転職活動を進める上で役立つサイト

転職活動を進める上で役立つサイトを7つ紹介します。転職活動を進める上では、転職先の口コミや評判などを事前に調べたり、適性診断をおこなったりと事前準備が重要です。口コミや評判だけでなく適性診断もおこなえるサイトを紹介するので、参考にしてみてください。

VIEW

VIEWは、株式会社アサインが提供するサービスで、累計登録者数が25万人を超えており、多くの人に利用されています。経歴や価値観を入力することで、20,000人以上のキャリアデータからAIが適性を診断してくれるのが特徴です。適性診断をおこなうことで、他の転職サイトと違い求人の紹介だけでなく、おすすめの業界と職種をあわせて紹介してくれます。豊富なキャリアデータから今後のキャリア形成を考えたい人や、おすすめの業界や職種を知りたい人におすすめです。

ミイダス

ミイダスは、自分の市場価値を測り経歴や市場価値に合う企業からスカウトを受けられるサービス。有名優良企業が42万社以上登録しており、求人の質が安定しているのが特徴です。住所や氏名を入力することなく無料で登録・診断できるため、手軽に自分に向いている仕事を分析することができます。また、企業から直接スカウトを貰えるので、受け身で転職活動をおこなうことができ、忙しい人でも転職活動をスムーズに進めることが可能です。さらに、プレミアムスカウトと呼ばれる年収アップ確約のスカウトが届くことがあります。自身の市場価値を知りたい人や、スカウトメールでキャリアアップや年収アップしたい人におすすめです。

JobQ

JobQは、面接で聞きづらい平均年収や福利厚生などを気軽に聞ける匿名の相談サービス。累計相談数は16,000件、相談回答数35,000件と非常に多くの相談と回答がされているのが特徴です。企業名や職種などから企業の口コミや転職相談を探すことができ、転職前の事前情報収集に役立ちます。また、転職ノウハウの記事も掲載されており、相談だけでなく転職に関わる情報も簡単に手に入れられるでしょう。社員による生の声を知りたい人や、事前に企業の情報収集を行いたい人におすすめの転職相談サービスです。

Openwork

Openworkは、社員の口コミ数が1,500万件を超える国内最大級のサービスです。本格的な転職活動をする前に、口コミ情報を事前に確認することで、ミスマッチを防ぐことに役立ちます。企業体制や入社後のギャップ、ワークライフバランス、退職理由など、よりリアルな口コミが豊富に揃っているため、興味のある企業が既にある方は確認してみると面白いでしょう。人には聞きにくい、給与や年収に関しても公開されているため応募前に確認してみてくださいね。Openworkは、口コミだけでなく求人検索もできるのが特徴で、社名からだけでなく職種からでも求人検索ができます。ランキングや新着求人も確認できるため、条件の良い人気の企業を知りたいという方はぜひチェックしてみるとよいでしょう。

転職会議

転職会議は、国内最大級の転職に関する口コミを掲載している転職サービス。会員数は、890万人以上と日本最大級の会員数を誇り、あらゆる企業の口コミが掲載されているのが特徴です。また、口コミを探すだけでなく、実際に気になる求人がある場合には応募もできる転職サービスとなっています。応募前に話題の企業や新着求人も口コミと一緒に確認できるため、より納得できる転職活動を行うことが可能です。職種別の年収が見られる年収まとめも充実しているため、年収を重要視して転職活動を行いたい方も参考になるでしょう。日本最大級の口コミサイトを利用して、納得がいく転職活動をしたい人や気になる求人があったら応募したい人におすすめです。

キャリコネ

キャリコネは、社員の口コミや評価から求人検索ができる転職サービス。 キャリコネを利用することで、転職したい企業の内情を調べたうえで転職活動をおこなえるのが特徴です。実際に働いていた社員の口コミから、年収や人間関係などを知れるので、転職後のミスマッチの可能性を減らせます。労働時間の満足度・やりがい・ストレスの低さ・休日数・給与・ホワイト度の6つの基準から算出した評価の確認が可能です。また給与明細も確認できるため、基本給はもちろんの事、月給や定期賞与の有無や金額など、応募前には確認しておきたい金額面の確認も行えますよ。また、転職サービスもおこなっており、登録することで転職エージェントが転職のサポートをしてくれます。企業の内情を知った上で転職活動をしたい人には、おすすめの転職サービスです。

業界動向サーチ

業界動向サーチは、業界の動向や現状に加えて課題や、今後の見通しなどを詳しく解説しているサイト。真面目に分かりやすくをモットーに業界の最新動向を分かりやすく解説しているのが特徴です。例えば、ジャンル別の業界レポートを天気図に表し、どの業種が業績が良いのかを分かりやすく確認できるようになっています。あらゆる業界のデータを参照できるため、転職先業界のデータを調べてから転職したい人にはおすすめです。

20代後半の転職者からよくあるQ&A

20代後半の転職者からよくあるQ&Aをご紹介します。転職をするか悩んでいる方は是非チェックしてみてください。

転職の際に資格は必要ですか

職種にもよりますが未経験職種への転職の場合は資格があった方が有利に働く可能性はあります。しかしながら資格にこだわりすぎるのもあまり良くありません。何故なら転職する際は年齢が若い方が有利に動く場合が多いためです。自分が何をしたいのか?を明確にし、資格を取る必要があると感じた場合は取るようにすると良いでしょう。

20代後半の女性は転職しづらいの?

「女性だから」という理由で採用されづらいということはありません。しかしながら女性の20代後半は結婚、出産を意識する年代でもあります。そのため企業側も「結婚、出産後の働き方」を意識することは事実でしょう。面接の際に長く働けることをアピールするだけではなく、長く働けそうな企業を選定することを忘れないようにしましょう。

大手、ネームバリューのある会社に就職できるの?

同業種、かつ面接で話せるような実績を残している場合は就職できる可能性が十分にあるでしょう。しかしながら未経験の職種や、同業種でも実績がない場合は難しいと言えます。

これからくる職種って?

「AIに仕事を奪われる時代が来る」と、AIに仕事を奪われ、将来なくなる職種が予想されていますが、一番大切なことは「自分にあった職種を選ぶ」ことです。時代や周りに流されず、自分の特性やスキルを活かして働くことのできる環境を選ぶことが、大切です。

20代後半転職で資格はあった方が良い?

上記にも記載しましたが、職種によります。未経験職種への転職の場合は資格があった方が有利に働く可能性はありますが、資格にこだわりすぎるのもあまり良くありません。何故なら転職する際は年齢が若い方が有利に動く場合が多いためです。自分が何をしたいのか?を明確にし、資格を取る必要があると感じた場合は取るようにすると良いでしょう。

大手に20代後半で転職はできる?

これも上記に記載しましたが、同業種、かつ面接で話せるような実績を残している場合は就職できる可能性が十分にあるでしょう。しかしながら未経験の職種や、同業種でも実績がない場合は難しいと言えます。

20代後半転職でおすすめの職種は?

上記に記載した職種を改めてまとめます。転職を検討されている方は是非参考にしてみて下さい。

・営業職
・介護職
・ITエンジニア
・事務職

また現在伸びている職種を狙うのもおすすめです。

・建築、不動産業界
・福祉、医療関係
・美容、ブライダル業界

等は社会的にニーズが高まっている職種であるため、転職しやすい傾向にあります。

20代後半転職の服装は?

いざ面接、となった時にふと、どんな服装で行ったらいいのだろう?と疑問に思った方はいるのではないでしょうか。「新卒の時の同じリクルートスーツで大丈夫なのかな?」「社会人らしく、オフィスカジュアルで面接に挑むべき?」など悩む方は決して少なくないはず。20代前半であれば、転職活動の際にリクルートスーツを着ても問題はないですが、20代後半の転職活動はスーツを新調することが無難です。何故なら、リクルートスーツを着て面接に行くと「頼りない印象」を持たれる可能性があるためです。未熟なイメージを持たれないためにもリクルートスーツは避け、社会人らしい服装で行くことをおすすめします。しかしどうしてもリクルートスーツしかない!スーツを買いに行く時間がない!という方はシャツの色やデザインを変えると良いでしょう。男性の場合は水色のワイシャツ、女性の場合はブラウスやカットソーなど社会人らしい見た目を心がけましょう。

最後に

当記事では20代後半の転職が難しい理由とその解決策、転職におすすめな職種まで紹介しました。20代後半は第二新卒や30代、40代と比べてアピールポイントを見つけることが難しいです。しかしながら、20代の持つポテンシャルと、社会人経験から得たスキル、どちらも併せ持っている点は他の年代にはない、20代後半の最大の強みと言えるでしょう。転職活動を成功させるためにも自分が転職先に求めるものや、自分の強みをしっかり言語化し、納得のいく転職先を見つけましょう。