knock 未来の扉をたたく、働き方マガジン

CAREER Knockは、みらいの働き方のデザインに役立つ情報を発信するメディアです。CAREER Knockを運営するみらいワークス総合研究所は、プロフェッショナル人材の働き方やキャリアに関する調査・研究・情報発信等を行っています。

みらいワークス総合研究所

  • 名称:

    株式会社みらいワークス みらいワークス総合研究所

  • 設置:

    2022年7月

  • 所長:

    岡本祥治

  • 所在地:

    〒105-0001 東京都港区虎ノ門4-1-13 Prime Terrace KAMIYACHO 2F

  • 活動内容:

    働き方・キャリア形成に関する研究

    各種調査分析・情報収集

    出版・広報

  • 連絡先:

    mirai_inst@mirai-works.co.jp

close close

【26歳転職】遅い?手遅れ?未経験・スキルなしでもOK?転職のコツを男性・女性別に解説!

CAREER Knock編集部 CAREER Knock編集部

2023.9.25 Column

おすすめ転職サイト総合ランキング【最新版】

【第1位】ビズリーチ(公式:https://www.bizreach.jp/

【第2位】リクルートエージェント(公式:https://www.r-agent.com/

【第3位】リクルートダイレクトスカウト(公式:https://directscout.recruit.co.jp/

転職活動において年齢は注目されるポイントの一つです。中でも、20代後半に差し掛かる「26歳」という年齢は、転職活動にどのような影響を与えるのでしょうか。本記事では、26歳での転職は遅いのか、26歳で転職するメリット・デメリット、転職を成功させるコツについて解説します。「26歳でどのような転職活動をするべきかわからない…」と悩んでいる方は、本記事を参考にしてください。

【年収600万円以上向け】転職サービス
1位 ビズリーチ
2位 リクルートダイレクトスカウト
3位 doda X
【年収400万円以上向け】転職サービス
1位 リクルートエージェント
2位 dodaエージェント
3位 マイナビエージェント

26歳未経験転職は遅い?手遅れ?

結論から申し上げると、26歳で未経験の仕事に転職するのは、遅くありません。なぜなら、26歳は若手として扱われるので、若手採用を積極的に行っている企業からすると、必要な人材と考えられるからです。そのため、現職にマンネリを感じている方でも、新しい仕事に挑戦することは可能です。また、「doda コロナでどう変わった?転職成功者の平均年齢調査【最新版】」では、25〜29歳での転職成功者が多く、26歳は転職に最適な年齢である、といえるでしょう。ただし、20代前半のようにやる気のアピールだけでは採用される確率は低い傾向にあります。なので、20代後半に差し掛かった26歳の転職では論理的な思考や適切な自己アピールが必要です。あなたを採用するメリットが明確に伝えられるなら、26歳は転職に最適な年齢といえるでしょう。

26歳で転職するメリット

26歳での転職は遅くない、と理解できたものの、26歳で転職するメリットが気になる方も多いでしょう。ここでは、26歳で転職するメリットについて解説します。転職するか悩んでいる方は、参考にしてください。26歳で転職するメリットは、以下の通りです。

・ポテンシャルの高さを評価してもらえる
・未経験の職種や業種にもチャレンジできる
・自身の強みを把握した上で転職できる

それぞれ順番に解説します。

ポテンシャルの高さを評価してもらえる

前述したように、26歳は社会人として「若手」として考えられます。実績や経歴を注視される40代以上の転職と違い、吸収力やポテンシャルの高さを評価されるので、転職は有利になるでしょう。これまでの経歴や現職で学んだスキルなどを具体的にアピールできると、採用側は「自社にぜひ来て欲しい!」と考える傾向です。キャリアやスキル、経歴だけではなく、20代のポテンシャルを高く評価してもらえるのは、26歳で転職する大きなメリットといえるでしょう。

未経験の職種や業種にもチャレンジできる

未経験の職種や業種にもチャレンジできるのは、26歳で転職するメリットといえます。というのも、40代や50代では、前職でのやり方や考え方が癖になっているケースが多く、未経験の求職者に懸念を抱く可能性があります。社会人経験を積んでいる26歳であれば、企業のやり方や考え方をすぐに理解できるうえ、社会人としてのマナーなどを教える必要はありません。「20代後半の教育コストは低い」と考えられているので、未経験でも企業は積極的に採用しています。新しい職種や業種にチャレンジしたいと考える26歳は、今がチャンスといえるでしょう。

自身の強みを把握した上で転職できる

自分の強みを把握した上で転職できるのは、20代後半で転職するメリットです。社会人としての経験を経て、あなたに向いている仕事・向いていない仕事を把握できているのではないでしょうか。そのような強みを把握して転職できるのは、26歳転職では、優位に働きます。20代前半では、自身の強みを把握できている求職者は多くありません。会社からプロジェクトや責任のある仕事を任される20代後半には、成功事例や失敗事例が多数あるでしょう。それらの経験から、自分の強みや得意領域が浮き彫りになっています。実績や経歴を重要視される40代以降の転職より、ポテンシャルを評価される26歳の転職では強みを活かした転職活動が可能です。

26歳で転職するデメリット

ここまでは、26歳で転職するメリットについて解説しました。ここからは、26歳で転職するデメリットについて解説します。26歳での転職にはデメリットもあるので、理解しておきましょう。26歳で転職するデメリットは、以下の通りです。

・年収が下がる可能性がある
・経験不足と判断される場合がある

それぞれ順番に解説します。

年収が下がる可能性がある

26歳で転職する場合は、年収が下がる傾向にあります。同じ業界や職種であれば、実績や経歴があれば、年収アップは期待できます。しかし、26歳の多くは企業の目に止まるキャリアを確立できていません。そのため、転職すると年収は下がる可能性があります。また、未経験の業種や業界に転職する場合も同様です。ただし、面接で適切なアピールをすると現職と同等の年収を出す企業は多いです。なので、26歳で転職する場合はこれまでの経歴と学んだスキルなどの棚卸しをして、採用側に魅力的なアピールが必要でしょう。

経験不足と判断される場合がある

20代である26歳は「経験不足」と判断される可能性があります。未経験の業界に転職する場合、経験不足と判断される可能性は非常に高いです。なので、これまでの経験を論理的に説明して、企業に「採用したい」とアピールする必要があるでしょう。しかし、企業や業種によって、経験不足だけで不採用になるケースは少ないです。現職で学んだ経験が活かせる旨をアピールして、転職成功確率をグッと高めましょう。

26歳での転職をおすすめできる人

ここまでは、26歳で転職するメリット・デメリットについて解説しました。26歳で転職すべき方には、どのような特徴があるのでしょうか。ここでは、26歳での転職をおすすめできる方の特徴について解説します。転職するべきか悩んでいる方は、参考にしてください。26歳での転職をおすすめできる方は、以下の通りです。

・やりたい仕事が明確な人
・キャリアアップを考えている人
・自分の強みを最大限に発揮できない環境にいる人

それぞれ順番に解説します。

やりたい仕事が明確な人

自分のやりたい仕事が明確な方は、26歳での転職を推奨します。なぜなら、前述したように、新しいことに挑戦するには、最適な年齢だからです。新しい環境にも適応しやすい年齢なので、自分のやりたい仕事に転職するなら、若さと経験を兼ね備えている26歳での転職がおすすめです。現職でのキャリアを捨てる結果になる可能性はありますが、自分の人生を思い通りに過ごしたい、と考えている方には、26歳での転職をおすすめします。

キャリアアップを考えている人

キャリアアップを考えている26歳の方には、転職することを推奨します。現職でのスキルアップやキャリアアップに限界を感じている場合は、若さと実績を活用して転職できる26歳での転職がおすすめです。ただし、キャリアアップを考えた転職活動にはしっかりとしたプランが必要です。キャリアプランの作成が苦手な方は、転職に慣れている先輩に相談するか、転職エージェントの利用を推奨します。

自分の強みを最大限に発揮できない環境にいる人

現職で自分の強みを最大限に発揮できない環境にいる方は、転職を検討するとよいでしょう。どのような方でも、自分に合った職場環境は必ずあります。そのような職場に巡り会えると、あなたの年収はもちろん、仕事へのモチベーションも高くなります。そのため、現職で結果を出せない方には、採用されやすい26歳での転職を視野に入れるとよいでしょう。ただし、現職で結果を出せない理由や、自分の強みが発揮できない理由を明確にしてから、転職活動をはじめてください。そのために、自己分析を行ってから、あなたに合った環境を導き出し、必要条件を洗い出しましょう。自分の強みや得意分野がわからない方は、知人に自分の長所について相談するか、転職エージェントで提供されている「無料のキャリア診断」などを活用してください。

26歳での転職をおすすめできない人

続いて、26歳での転職をおすすめできない方の特徴について解説します。転職するか悩んでいる方は、参考にしてください。26歳での転職をおすすめできない方の特徴は、以下の通りです。

・現職への不満が原因で転職したい人
・年収を絶対に下げたくない人
・現職で学べることがまだある人

それぞれ順番に解説します。

現職への不満が原因で転職したい人

現職への不安が原因で転職を考えている方には、転職はおすすめできません。なぜなら、待遇や人間関係を理由に転職しても、同様の問題はどの職場でもみられるからです。なかでも、「会社の人間と合わないから転職したい…」考える方は少なくありません。しかし、人間関係の問題は自身の行動を変えるだけで解決する可能性があります。また、給与についてもパフォーマンス次第では大きく昇級する可能性もあります。そのため、現状の不満を会社の責任にして転職を考えるのは、転職後も同じ問題にぶつかる可能性が高いです。しかし、現状の問題が会社の責任である場合もあります。なので、現状への不満が原因で転職したい方は、自分なりの努力をしたうえで改善できないなら転職を検討してください。

年収を絶対に下げたくない人

前述したように、26歳転職は給料が下がる傾向にあります。そのため、年収を絶対に下げたくない方には、20代での転職はおすすめできません。26歳での転職で年収が下がる理由は、将来性を見込んだ採用になるからです。実績や経験の豊富な30代後半以上であれば、即戦力を期待されて高年収での転職も期待できます。しかし、将来性を見込んだ26歳には即戦力を期待して採用されるケースは少ないです。そのため、現職と同等かそれ以下の給与になる傾向があります。そのため、「年収は少しも下げたくない!」と考えている方、年収アップが期待できるキャリアを確立してから転職活動をはじめるとよいでしょう。

現職で学べることがまだある人

現職で身につけられるスキルや経験がある場合は、転職するか慎重になる必要があります。なぜなら、現職で勉強をつづけると、今よりも好条件で転職できる可能性があるからです。現職でプロジェクトを任されていたり、マネジメント業務を担当したりしていると、転職活動では大きな実績になります。担当しているプロジェクトを成功させた実績が作れると、より好条件での転職も期待できるでしょう。新しいことを学べる余地がある場合は、転職せず、現職で続けながら、新しい実績やスキルを作り上げましょう。

26歳で未経験職への転職を成功させるポイント

ここからは、26歳で未経験への転職を成功させるポイントについて解説します。転職活動で躓かないためにも、ぜひ参考にしてください。26歳で未経験の職種・業界への転職を成功させるポイントは、以下の通りです。

・社会人基礎力を軸に強みを伝える
・企業側のニーズから逆算してスキルや経験をアピールする
・転職理由はなるべくポジティブに伝える
・長期的なキャリアゴールを描く
・転職エージェントを活用する

それぞれ順番に解説します。

社会人基礎力を軸に強みを伝える

26歳は、社会人経験もありながら、ある程度の実績を確立している年齢です。採用側からすると、社会人としての考え方やマナーを教育する必要はないので、採用コストは低くなります。そのため、社会人基礎力を軸に自分の強みやくい分野を伝えられると、転職できる可能性が一気に高くなるでしょう。26歳で転職する場合は、これまでの経歴を棚卸して、採用するメリットを、論理的に伝える勉強をしてください。

企業側のニーズから逆算してスキルや経験をアピールする

若さと経歴をかね備えている26歳でも、企業のニーズ調査は必要です。具体的には、企業が求める人材やスキル、企業の課題分析などが挙げられます。企業のニーズから逆算して自分をアピールできると「この人は必要な人材だ!」と考える採用担当者は多いです。若さだけを売りにしても、他の求職者と差別化はできません。26歳で転職する場合は、企業が何を求めているかを分析して、あなたの強みが企業の役にたつことをアピールしましょう。

転職理由はなるべくポジティブに伝える

転職する理由は、ポジティブな回答を用意しておきましょう。なぜなら、「前職の人間関係がきつかった」などのネガティブな転職理由の場合、「採用してもすぐにやめるのでは?」と企業側は考えます。なので、転職理由はポジティブな回答を準備しておきましょう。ただし、転職理由で嘘をつくのはNGです。人間関係での退職が理由の場合は、課題に対してどのような取り組みをしたかを伝えてください。また、転職後はしっかりと働く意欲も伝えるとよいでしょう。

長期的なキャリアゴールを描く

転職活動のゴールは、転職に成功するだけではありません。転職してから、どのような目標に向かって進むかが重要です。また、面接では「転職した場合、何をやりたいか?」などの質問が非常に多いです。このような質問に対して、具体的なキャリアゴールを提示できると、「信頼できる人だな」と採用担当者は考えます。一方で、漠然とした答えでは、企業側には好印象を与えられません。若さと経験を活かせる26歳の価値を高めるためにも、長期的なキャリアゴールを決めてから、転職活動に挑戦してください。

転職エージェントを活用する

転職エージェントとは、あなたの転職活動をサポートする、転職サービスのことです。転職エージェントでは、履歴書やエントリーシートなどの書類添削や、あなたが応募したい企業にあった模擬面接など、転職を優位にするサポートを受けられます。転職エージェントに在籍しているキャリアアドバイザーは、あなたが転職したい企業の調査を行うので、企業のニーズを簡単に知ることが可能です。また、転職エージェントは多くの求人案件を取り扱っているので、あなたに合った企業を、きっと見つけられるでしょう。すべてのサービスは無料で利用できるので、26歳の魅力が活かせる転職をするためにも、転職エージェントを活用して、転職活動を進めてください。

26歳で未経験職を目指す方におすすめの転職エージェント

ここからは、26歳で未経験の職種・業種への転職を目指す方に、おすすめの転職エージェントを紹介します。それぞれの特徴を解説するので、あなたに合った転職エージェントを見つけてください。

リクルートエージェント

リクルートエージェントは、大手人材派遣会社「株式会社リクルート」が運営している、国内最大級の転職エージェントです。取り扱っている求人案件数は50万件以上あり、30万件以上の非公開求人を保有しています。国内利用者は非常に多く、20代で未経験の職種・業種への転職成功事例も多くみられます。リクルートエージェントに在籍しているキャリアアドバイザーの質は高いので、転職が不安な方でも、安心して転職活動に挑めるでしょう。また、リクルートが開催している転職フェアや転職セミナーなどにも無料で参加できるので、転職に必要なスキルや情報を網羅することが可能です。質の高い転職サポートを希望する方には、リクルートエージェントを推奨します。

マイナビエージェント

はじめて転職活動をはじめる方には、マイナビエージェントを推奨します。マイナビエージェントは、リクルートエージェントと同様、大手人材派遣会社である「株式会社マイナビ」が運営している、国内大手転職エージェントです。求職者に寄り添ったサポートに定評があり、20代後半〜30代前半の求職者から、絶大な支持を集めています。自己分析サポートやキャリア診断など、どのような仕事が自分に合っているかわからない方に嬉しいサービスが充実していることも、マイナビエージェントの魅力です。取り扱っている求人案件数も多いので、さまざまな企業を比較しながら転職先を決めることが可能です。転職活動に慣れていない方は、マイナビエージェントを利用するとよいでしょう。

dodaエージェント

dodaエージェントは、転職活動に慣れていない方に最適の転職エージェントです。マイナビエージェントと同様、求職者に寄り添ったサービスに定評があり、20代から人気のある転職エージェントです。転職先紹介実績は国内トップクラスなので、質の高いサービスを提供していることが理解できます。また、dodaエージェント独自の非公開求人も多数紹介してくれるので、転職難易度を下げることも可能です。転職エリアは全国に対応しているので、地方への転職を検討している方にも、使い勝手のよい転職エージェントといえるでしょう。実績の多い転職エージェントを利用したい方には、dodaエージェントを活用した転職活動を推奨します。

ハタラクティブ

未経験の仕事で新しいキャリアを作りたい方には、ハタラクティブを推奨します。ハタラクティブは、既卒・新卒・第二新卒に特化した転職エージェントであり、未経験可の求人案件を多数取り扱っています。そのため、やりたい仕事や職種が決まっている方におすすめできる転職エージェントです。さらに、12時間以上の個別転職サポートを受けられることも、ハタラクティブの魅力です。従来の転職エージェントでは、個別転職サポートには限りがあります。しかし、ハタラクティブであれば、納得いくまで転職サポートを受けることが可能です。未経験の業界に挑戦したい方は、ハタラクティブの転職サポートを受けて、転職を成功に導きましょう。

Re就活エージェント

Re就活エージェントは、キャリアアップに特化している転職エージェントです。優良ベンチャー企業や大手企業の求人を多数取り扱っているので、ステージを上げたい方には、最適の転職エージェントといえるでしょう。Re就活エージェントでは、質の高い転職サポートを受けることが可能です。そのため、大きな実績や、目を見張る経歴がない方でも、大手企業へ転職できるでしょう。適職診断や自己分析サポートも充実しているので、あなたに合った仕事を見つけることも可能です。新しい仕事に挑戦してキャリアを作りたい方には、Re就活エージェントの利用をおすすめします。

就職Shop

就職Shopは、未経験での転職に特化した転職エージェントです。フリーター・ニート・第二新卒でも応募できる求人案件を紹介してくれるので、転職難易度を下げたい方は、就職Shopを利用するとよいでしょう。提供している転職サポートにも定評があり、転職活動に慣れていない方でも、安心して利用することが可能です。また、書類選考不要の求人案件を多数取り扱っていることも、就職Shopを利用するメリットです。従来の転職サイトでは、書類選考で落とされる可能性があります。しかし、就職Shopで用意されている求人案件を活用すれば、すぐに面談まで進むことが可能です。転職難易度を気にしている方は、就職Shopを利用して、確実な転職活動をするとよいでしょう。

ジェイック

「自分に合った仕事が全くわからない…」と考えている方には、ジェイックの利用を推奨します。ジェイックでは、自己分析サポートはキャリア診断などはもちろん、質の高い研修サービスを提供しています。研修サービスでは、自己PRの方法やビジネスマナー、企業向けのプレゼンテーション方法などのスキルを身につけることが可能です。ジェイックの研修を利用すれば、企業から「即戦力になる人材!」と判断される可能性は高くなります。未経験可の求人案件も多数取り扱っているので、キャリアアップ以外でも使い勝手の良い転職エージェントです。自分に合った仕事を明確にしながらビジネススキルを身につけたい方には、ジェイックを推奨します。

キャリアスタート

キャリアスタートは、就職・転職未経験の方に特化している転職エージェントです。プロのキャリアアドバイザーがあなたのキャリア形成を一緒に考えてくれるので、長期的なキャリアプラン作成が苦手な方には、最適の転職エージェントといえるでしょう。さらに、キャリアスタートでは、転職活動に役立つ「転職BOOK」をもらうことが可能です。転職に必要なスキルやノウハウ、転職活動の進め方などが詳しく記載されているので、自発的に転職活動をしたい方にも、おすすめの転職エージェントです。本格的なキャリアプランを作りたい方は、キャリアスタートを利用して、本質的な情報を入手してください。

第二新卒エージェントneo

第二新卒エージェントneoは、その名の通り、第二新卒の転職に特化した転職エージェントです。未経験でも応募できる求人案件を多数取り扱っているので、新しい職種・業種に挑戦したい方には、最適の転職エージェントといえるでしょう。第二新卒エージェントneoは、求職者に公開する求人案件の実態調査を行っています。そのため、ブラック企業の求人案件は、ほとんどありません。ただし、第二新卒エージェントneoは、関東・関西の都市部に偏っている傾向があります。なので、関東・関西で新しい仕事にチャレンジしたい方は、第二新卒エージェントneoを利用するとよいでしょう。

DYM就職

質の高い転職サポートを希望する方には、DYM転職をおすすめします。DYM転職では、未経験の業界に転職する求職者に、必要な情報や、習得するべきスキルなどを紹介しています。そのため、成長しながら転職活動を進めることが可能です。未経験でも応募できる求人案件を多数取り扱っているので、転職のハードルを下げたい方にも、最適の転職エージェントといえるでしょう。ただし、DYM転職は「既存のキャリアを伸ばしたい」と考える方には、物足りない印象があります。なので、新しい世界に挑戦する意志の強い方には、DYM転職がおすすめです。

26歳で未経験職に挑戦する際の注意点

ここからは、26歳で未経験の業界や職種に挑戦する際の注意点について解説します。注意点を理解したうえで、転職活動に挑みましょう。26歳で未経験の業界や職種に挑戦する際の注意点は、以下の通りです。

・年収が下がる可能性がある
・転職回数の多さがネックになることもある
・転職が決まってから退職を伝える
・高卒だと応募できる求人が制限される

それぞれ順番に解説します。

年収が下がる可能性がある

前述したように、26歳の転職は年収が下がる傾向にあります。そのため、年収を絶対下げたくないという方には、転職は推奨できません。「未経験の職種に転職しながら年収を少しでも上げたい」と考える方は、転職エージェントのキャリアアドバイザーに相談して、転職までに身につけるべきスキルなどの情報を入手しましょう。

転職回数の多さがネックになることもある

20代で転職を複数回した場合、転職回数がネックになる可能性があります。そのため、未経験の業種に転職する場合は転職先をしっかりと調査して、長く勤務できる企業に転職するとよいでしょう。企業調査が苦手な方は、転職エージェントを利用して必要な情報を入手してください。

転職が決まってから退職を伝える

転職先が決まる前に退職する旨を現職に伝えると、転職活動に焦りが生じます。そのような場合、冷静な判断ができず、すぐに入社できる企業に転職する可能性があります。冷静な判断をするためにも、転職先が決まってから、現職の退職手続きを行いましょう。

高卒だと応募できる求人が制限される

求人案件によっては、高卒では応募できない可能性があります。しかし、学歴不問の求人も多数あります。学歴がネックと考える方は、転職エージェントの「学歴不問」の求人案件を紹介してもらいましょう。

26歳転職に関するQ&A

ここからは、26歳転職に関する、よくある質問を紹介します。転職活動をこれから始める方は、参考にしてください。

26歳資格・スキルなしで転職できる?

可能です。しかし、業種によっては、資格やスキルが必要になるケースはあります。未経験での転職に挑戦する方は、資格やスキルが必要かについては事前に調査しておきましょう。

26歳転職は2回目/3回目/4回目でも転職できる?

転職は可能です。しかし、転職回数が多くなると転職活動は不利になります。なぜなら「どうせすぐやめるのでは?」と採用担当者に思われるからです。転職をはじめる際は、企業調査を行い、長期的に勤務できる職場を見つけてください。

公務員への転職は可能?

可能です。ただし、公務員転職には、採用試験を通過する必要があります。公務員への転職を希望する方は、転職エージェントを利用して、必要な準備をしてください。

資格はあった方が有利?

職種によって異なります。しかし、資格があって不利になるケースはありません。転職したい業種によっては、資格の取得を検討してもよいでしょう。

最後に

本記事では、26歳で転職するメリット・デメリット、転職を成功させるコツなどについて解説しました。26歳は転職に最適な年齢なので、新しい仕事に挑戦したい方は転職活動に取り組むことを推奨します。ただし、未経験の仕事に調整する場合は年収が下がる傾向にあります。転職理由も明確にする必要があるので、26歳での転職は簡単ではないといえるでしょう。しかし、転職エージェントを利用すれば好条件での転職も期待できます。未経験転職に必要な情報も網羅できるので、26歳で新しい職種・業種に転職する方は転職エージェントを利用するとよいでしょう。