knock 未来の扉をたたく、働き方マガジン

CAREER Knockは、みらいの働き方のデザインに役立つ情報を発信するメディアです。CAREER Knockを運営するみらいワークス総合研究所は、プロフェッショナル人材の働き方やキャリアに関する調査・研究・情報発信等を行っています。

みらいワークス総合研究所

  • 名称:

    株式会社みらいワークス みらいワークス総合研究所

  • 設置:

    2022年7月

  • 所長:

    岡本祥治

  • 所在地:

    〒105-0001 東京都港区虎ノ門4-1-13 Prime Terrace KAMIYACHO 2F

  • 活動内容:

    働き方・キャリア形成に関する研究

    各種調査分析・情報収集

    出版・広報

  • 連絡先:

    mirai_inst@mirai-works.co.jp

close close

【ハイクラス転職50代】おすすめ転職サイト・エージェント比較ランキング

CAREER Knock編集部 CAREER Knock編集部

2024.3.19 Column

50代でのハイクラス転職を考えている人の中には「50代になってから上手く転職できるか心配」「50代からの転職で良い求人が見つかるだろうか」という不安を抱えている人も少なくありません。結論から言うと、50代からハイクラス転職するためには、希望の求人が見つかる転職エージェントを上手く活用する必要があります。本記事では、50代でのハイクラス転職を成功させるためにおすすめな転職エージェントや必要なスキル、成功する人の特徴、転職エージェントの活用方法などを詳しく紹介します。50代からのハイクラス転職は簡単なものではありませんが、正しく対策することで転職の成功率を高めることができるため、本記事を参考に対策してくださいね。

【50代】ハイクラス転職エージェントの選び方

50代でのハイクラス転職エージェントは、50代向けの求人数で選びましょう。50代向けのハイクラス求人は、求人全体の割合で考えるとかなり少ないため、ハイクラス求人をどれだけ扱っているか確認する必要があります。なお、転職エージェントには総合型、特化型、サーチ型などさまざまな種類がありますが、中でも50代向けの求人を取り揃っているエージェントを活用しなければ転職を成功させるのは難しいです。また、管理職をはじめとした、ハイクラス転職を考えている人向けの求人が揃っているかどうかも重要です。求人の数が多くても、ハイクラス向けの求人があまりなければ、意味がありません。他にも、転職エージェントによって転職サポートの分厚さや非公開求人数、登録されている企業の情報量などに違いがあるため、何を重視すべきか考えて転職エージェントを選ぶと良いでしょう。

【50代】ハイクラス人材におすすめの転職エージェント

50代のハイクラス人材におすすめの転職エージェントを12社紹介します。ハイクラス人材におすすめできる転職エージェントでは、年収800万円を超える求人を多く扱っているため、ぜひチェックしてくださいね。

ビズリーチ

ビズリーチは、即戦力としての採用を考えたハイクラス転職向けのスカウトサービスです。社長直下の広報責任者や課長クラスの事務マネージャーなど、管理職以上の求人が豊富で、ビズリーチが扱っている求人の3分の1以上は年収1,000万以上となっています。そのため、ビズリーチを活用することで、ハイクラス転職が実現できる可能性が高いと言えるでしょう。また、2023年7月時点で6,600人のヘッドハンターが在籍しており、より多くの求人を紹介してもらいやすいため、マッチする求人を見つけやすいです。なお、ビズリーチの特徴として月額制の転職エージェントである点が挙げられます。一般的に、転職エージェントは完全無料で利用できるサービスが多いですが、ビズリーチでは求人への応募などに登録が必要で、月額料金がかかります。ですがその分、扱っている求人の質が高いため、本気で転職したい人にはおすすめの転職エージェントといえます。

リクルートダイレクトスカウト

リクルートダイレクトスカウトは、株式会社リクルートが運営しているハイクラス特化型の転職エージェントです。年収800万円から最大年収2,000万円までの求人を12万件以上扱っており、キャリアアップに期待ができます。また、リクルートダイレクトスカウトを利用した場合の転職決定年収は平均925万円以上と非常に高く、スカウトを通して年収が100万円以上アップしたという例も多数あります。なお、希望条件を選択することで独自のレジュメが完成し、それを確認し興味を持った企業からスカウトを受け取ることが可能です。そのため、転職活動の時間や手間を削減できます。さらに、企業やエージェントとのやり取りはチャットで行うためスピーディーで、効率よく転職活動が進められます。

ASSIGN(アサイン)

ASSIGN(アサイン)は20代〜30代向けのハイクラス転職に特化した転職エージェントです。50代の方のハイクラス転職がターゲットになっているわけではないため、複数登録したエージェントの1つとしてサブ的な位置付けで考えておくとよいでしょう。また、ASSIGNは短期的な転職支援を行っているわけではないため、じっくりと転職のサポートに付き添ってくれます。そのため、スピードよりも条件面を重視したい方や、キャリアプランをしっかりと考えたいという方におすすめです。なお、ハイエンド層向けの求人が多く、必然的に求められるスキルや経験のレベルも上がるため、求人紹介してもらうハードルが高い傾向にあります。そのため、利用してもすぐには求人を紹介してもらえない可能性もあります。ですが、その点に関しては、知識や経験、スキルをもった50代の方であれば突破できる可能性があるため、安心して利用して良いでしょう。

JACリクルートメント

JACリクルートメントはハイクラス、ミドルクラス向けの転職に定評のある転職エージェントです。2019年〜2024年の間、ハイクラス、ミドルクラスのオリコン顧客で満足度6年連続No.1になっており、利用者から高く評価されています。JACリクルートメントは利用者の年齢層が高く、2017年の実績では45歳以上の転職決定者の割合が4分の1以上を占めているというデータもあるため、50歳以上で転職を考えている人にもおすすめです。日本の大手企業以外にも、メガベンチャーや外資の求人が豊富なため、スキルアップを目指している方でも、希望に合った求人が見つかるでしょう。また、JACリクルートメントは国内12拠点を構えており、都心部以外の求人も多数扱っているため、UターンやIターンで転職先を探している人にも利用しやすいサービスとなっています。

アクシスコンサルティング

アクシスコンサルティングは、コンサルティング業界への転職に特化した転職エージェントです。コンサル業界からのキャリアアップはもちろん、未経験からコンサルタントを目指す方も利用できます。シニアコンサルタント以上の入社実績も多く、ハイクラス転職を考えている50代以上の方に最適な転職となる可能性が高いでしょう。アクシスコンサルティングの特徴の1つとして挙げられるのが、支援期間の長さです。一般的な転職期間は3ヶ月程度で、転職後は定期的な就業サポートがある程度ですが、アクシスコンサルティングの平均支援期間は3年、長い方だと20年にもなります。なお、アクシスコンサルティングは生涯のキャリアパートナーを目指しており、無理に転職させようとすることもなく、転職した後もサポートが続くため、長期でのキャリアの相談ができる転職エージェントです。コンサル業界は数年でキャリアアップすることも少なくない業界なので、長年寄り添ってくれる転職エージェントを探している方におすすめのサービスといえるでしょう。

ランスタッド

ランスタッドは、オランダに本社を構える世界最大級の総合型転職エージェントです。世界39カ国に拠点を抱え、日本国内にも97拠点を構えていることから、そのネットワークの広さから外資系企業、グローバル企業への転職を得意としています。また、ハイクラス向け求人が約5,100件掲載されているため、キャリアアップを考えている方が活用しやすい転職エージェントです。年収1,000万円以上の求人を約3,200件取り扱っており、求人へ応募するには高いスキルが求められますが、実務経験が豊富な50代の方でもあれば、問題なく利用できるでしょう。なお、ランスタッドでは、スキルアップのための研修制度や講座も充実しているため、更なるスキルアップを目指している人にも利用しやすいサービスと言えます。

エンワールド

エンワールドはハイクラス転職、グローバル転職に特化した転職エージェントです。世界6カ国で拠点を設けていますが、公開求人数は約1,000件と比較的少なく、質の高い求人のみを扱っています。英語力を活かして働くことを前提とした求人が多いため、ビジネス英語に自信がない方にはあまり適さないサービスといえるでしょう。また、エンワールドは転職がゴールではなく、入社後のサポートにも力を入れており、入社後1年間はフォローアップアンケートが行われます。アンケート結果をもとに作成された、入社後社内で活躍できるまでのロードマップが公式サイトで公開されているため、今後のビジョンを把握しやすいでしょう。転職後もサポートしてもらいたい人には、エンワールドのサポート力が向いているでしょう。

Liiga

Liigaは、キャリアアップ支援を行っている転職エージェントです。管理職候補になるようなハイクラス人材を獲得したいと考えている企業が数多く登録しています。扱っている求人の業種はコンサルタント、営業職が多いため、これらの業種での転職を考えている方におすすめです。選考で実際に出たケーススタディの添削を受けることもでき、転職活動のサポートも受けられます。ちなみに、ケーススタディとは実際に起こった過去の事例を詳しく分析することによって、問題解決方法を探る研究方法を指します。なお、若手のハイクラス人材向けの転職エージェントとなるため、50代でハイクラス転職を考えている方はメインの転職エージェントとして活用するのではなく、複数登録するうちの1つ程度に考えておく方がよいでしょう。

AMBI

AMBIは、20代〜30代前半の若手ハイキャリア層向けの転職エージェントです。若手を積極的に採用する求人が掲載されていますが、50代向けの求人も登録されています。AMBIではスカウト機能が無料で利用でき、職務経歴書を匿名で公開することで、企業から連絡をもらえることがあります。直接企業とやりとりができるため、転職活動をスピーディーに進めたいと考えている方におすすめです。さらに、ヘッドハンターの掲載求人にエントリーすることで、合格可能性判定という独自の判定結果が確認できるため、選考に応募すべきか効率よく考えられます。また、15分程度のテストを受けることで「ジブン分析」という自己分析ツールも利用可能です。自身の仕事に対する価値観や、適性のある職務がわかるため、自己分析を徹底的に行いたいと考えている方にもおすすめです。

パソナキャリア

パソナキャリアは、年収800万円を超えるハイクラス求人を多数扱っているハイクラス向け転職エージェントです。利用者は1人あたり平均5.9社の求人へ応募しているため、求人の質や量が優れていることがわかるでしょう。さらに、パソナキャリアで扱っている求人の92%は日本の大手企業、優良企業で、47都道府県に拠点を構える数少ない転職エージェントでもあります。そのため、日本での転職を考える人にとって利用しやすいサービスといえるでしょう。また、パソナキャリアを利用して年収がアップした人は61.7%と、約3人に2人が年収アップに成功しているため、年収アップを目的とした転職を考えている人におすすめの転職エージェントです。

マイナビエージェント

マイナビエージェントは、多種多様な求人を取り扱っている転職エージェントです。ITエンジニアやものづくり系、金融、営業などの求人に定評があります。また、マイナビエージェントはマイナビグループが運営している転職エージェントのため、マイナビエージェントが独占している非公開求人が豊富です。他社が扱っていない求人を紹介してもらえることが多いため、マッチング力も高く、転職活動をスムーズに行えます。なお、マイナビエージェントでは志望する業界ごとに専任の担当者が就いてくれます。サポート期間も無期限のため、転職活動の期間が長くなっても問題なく、求人紹介やカウンセリング、選考対策をじっくりと行ってもらうことが可能です。そのため、サポート面は競合の転職エージェントよりも充実しているといえるでしょう。

doda X

doda Xは、ハイクラス転職活動のサポートをしてくれる転職エージェントです。職務経歴書を登録することで、大手企業、優良企業からのスカウトが届きます。また、スカウトを待つだけでなく、ハイクラス求人を探して応募するという活用方法もできるため、積極的な転職活動を行いたい方にマッチする転職エージェントといえるでしょう。doda Xのヘッドハンターは専門性が高く、業界に精通しているため、自分の条件に合った求人を提案してくれます。そのため、条件面で絶対に妥協したくないと考えている方でも、納得度の高い転職が実現できるでしょう。さらに、doda Xでは登録情報を限定公開にして転職活動ができるため、現在の勤務先に転職活動をしているという情報が漏れてしまう心配もありません。現職で仕事をしながら転職活動を行うことに後ろめたさを感じる必要もないため、doda Xを利用することで安心して転職活動を行えるでしょう。

【50代】ハイクラス人材以外におすすめの転職エージェント

50代から転職したいと考えているものの、スキルや経験値を考慮すると、ハイクラス人材としての転職は厳しいのではないかと考えている方もいるでしょう。そこで、ハイクラス転職ではなく50代からの転職を考えている人におすすめの転職エージェントを9社紹介します。それぞれ詳しく解説していくため、ぜひチェックしてください。

リクルートエージェント

リクルートエージェントは、転職支援実績No.1位を誇る、総合型転職エージェントです。公開求人数は約376,000件、非公開求人は約227,000件と非常に豊富で、日本国内の有名企業の多くが揃っているともいえるほど、たくさんの求人が掲載されています。そのため、さまざまな業界、業種から転職先を選びたい人におすすめです。また、面接や職務経歴書なども手厚く対策してくれるため、初めての転職を考えている人でも安心して利用できます。転職エージェントを複数利用したいと考えている方は、まずリクルートエージェントから登録してみると良いでしょう。リクルートエージェントのサポート期間は約3ヶ月となっており、期間内に転職が決まらなかった場合はサポート終了となってしまう恐れがあります。そのため、じっくりと条件面やキャリアプランを検討しながら転職活動したい方よりも、転職活動をスピーディーに進めたいと考えている方に向いている転職エージェントと言えます。

dodaエージェント

dodaエージェントは10万件以上の求人数を誇る、総合型の転職エージェントです。doda Xはハイクラス転職を希望する人に向けた転職エージェントであるのに対して、dodaエージェントは幅広い方が利用できる転職エージェントとなっています。doda Xを利用したハイクラス転職は難しいと感じる人はdodaエージェントを利用すると良いでしょう。メールや電話でのやり取りはもちろん、LINEでもキャリアアドバイザーと連絡が取れるため、気軽に転職活動を進められるのもポイントです。また、dodaエージェントには求人を紹介してもらうエージェントとしての機能や、自身で仕事を探して応募する転職サイトとしての機能の他、企業からのスカウトを受けられる機能も存在しています。そのため、dodaエージェントに登録しておくことで、転職に関する幅広いサービスが利用可能です。応募書類の提出や日程調整なども代行してもらえるほか、書類作成や面接対策などのサポートも受けられるため、転職活動が初めての方でも安心して利用できるでしょう。

マイナビエージェント

マイナビエージェントは、高い顧客満足度を誇る転職エージェントです。求人数が約24,000件と豊富なためハイクラス人材としての転職でない方も活用できます。マイナビエージェントが保有している求人は、約80%が非公開求人であり、独占求人も取り扱っている点が強みです。好待遇な求人が豊富なため、転職によって年収が下がるのを避けたい方はもちろん、キャリアアップを目指している方にもおすすめと言えるでしょう。また、マイナビIT AGENT、マイナビメーカー AGENTなど、業界や職種に特化したサービスも用意されており、その分野に特化した担当者がサポートしてくれるのがマイナビエージェントの強みです。転職成功のためにマイナビ独自で培ってきたノウハウを提供してもらえるため、上手く活用すれば転職活動を有利に進められるでしょう。

パソナキャリア

パソナキャリアはハイクラス転職を考えている利用者が多い転職エージェントではありますが、ハイクラスではない転職を考えている人にもおすすめです。一般的にハイクラス転職は年収800万円以上の求人を指すことが多いですが、パソナキャリアは年収600万円〜年収1,200万円の求人も多く、ハイクラスではない一般的な求人も取り扱っています。また、パソナキャリアは女性の転職にも力を入れており、他の転職エージェントよりも女性に人気の職種や女性が活躍できる求人を探しやすくなっています。女性管理職30%以上の求人やフレックスOKの求人など、条件から絞り込み検索を行えるため、女性でキャリアアップを考えている人や女性が働きやすい環境に転職したいと考えている人にもおすすめの転職エージェントです。

type転職エージェント

type転職エージェントは、サービス開始から25年という長い歴史を誇る転職エージェントです。長期にわたって転職支援してきた実績から、転職ノウハウや独自の求人を持っており、type転職エージェントを活用することで満足度の高い転職が臨めます。営業や事務、IT業界、販売サービス、ハイクラスの領域に強く、それらの専門知識を備えたアドバイザーがサポートしてくれますよ。また、転職相談会やセミナーが毎週無料で開催されており、1対1での相談にも乗ってもらえるため、転職に関する不安や疑問の解決に繋がるでしょう。さまざまなジャンルでの転職相談会が設けられているので、積極的に利用することをおすすめします。

Type女性の転職エージェント

Type女性の転職エージェントは、女性向けの求人を多く扱っている転職エージェントです。扱っている求人数は首都圏が中心のため利用者は限られますが、首都圏でのキャリアアップを考えている女性は登録することをおすすめします。Type女性の転職エージェントを利用する大きなメリットとして挙げられるのが、女性の転職について相談しやすい点です。転職するにあたって女性ならではの悩みは誰しも持っているものですが、Type女性の転職エージェントでは転職経験のある女性が担当者となるケースが多く、悩みを親身に聞いてもらえるため、相談しやすいです。また、Type転職エージェントと同様に、Type女性の転職エージェントでも、女性のための転職相談会が開催されています。ワークライフバランスや子育てとの両立など、会社の人に相談しづらい内容を相談しやすい場のため活用すると良いでしょう。

LIBZ(旧リブズキャリア)

LIBZ(旧リブズキャリア)は、自分らしく働きたい人のために企業を紹介してくれる転職サービスです。求人検索の条件で「フレックス」「転勤なし」「キッズルーム」「男性の育休支援」などの条件を選択できます。ライフワークバランスを重視して働ける求人が多いため、ライフイベントに備えて働きたい女性向けのサービスといえますが、求人数が多くないため他の転職エージェントとの併用を考えておきましょう。また、LIBZを利用することで、フルリモートやフレックスなどの条件を最初から絞れるため、転職で感じるストレスが軽減できるでしょう。正社員求人はもちろん、業務委託案件やエグゼクティブ案件なども取り扱っているため、理想のキャリアプランを実現できる可能性が高いです。明確なキャリアプランがある方は、ぜひLIBZを利用してみてください。

ミドルの転職

ミドルの転職は30代〜50代の転職に特化した求人を扱う転職エージェントです。総合転職サイトであるエン転職を運営するエン・ジャパン株式会社が運営しており、ミドルの転職は比較的年齢層の高いミドル世代向けの転職サイトという位置付けになっています。年収1,000万円を超える求人を5,000件以上扱っているため、ハイクラスな転職を考えている人も利用可能です。また、ミドルの転職では非公開求人も扱っており、非公開求人からのスカウトも届くため、時間が取りづらい方でも転職活動が進められます。また、転職活動の軸や転職理由など、さまざまな項目のアンケートを実施し、その結果をサイト上で公開しているため、情報収集としても役立つでしょう。転職コンサルタントに中途採用実態を調査したアンケートの結果も公開されているため、ぜひチェックしてください。

マイナビミドルシニア

マイナビミドルシニアは40代〜60代に向けた転職サイトです。ノック機能という独自の機能があり、自分が企業の採用対象になるのかを確認できます。この機能を活用することで、効率よく転職活動が進められるでしょう。なお、マイナビミドルシニアは40代以上がターゲットになっているため、即戦力として働けるスキルや経験が必要になります。過去の経歴やスキルを洗い出し、自身の強みを把握してから利用することで、より効率的に転職活動を進めることが可能です。また、マイナビミドルシニアはエージェントやアドバイザーが担当してくれるわけではないため、職務経歴書作成や面接対策などの準備を個人で行う必要があります。求人情報を仕入れる以外にも、転職活動のサポートを受けたい方は転職エージェントと併用した方がスムーズに転職できるでしょう。

【50代】ハイクラス人材に求められるスキル

50代ハイクラス人材には、総合的なスキルが求められます。転職後の成長を見越して採用されることはほとんどなく、即戦力を期待されて入社することになるため、これまでの仕事で培ってきた経験や、高い専門性が必要です。経営幹部として採用されることも多いため、マネジメント能力も必須といえるでしょう。また、ハイクラス転職を行う場合、良いポジションに転職できる代わりに勤める企業の規模がスケールダウンする可能性もあります。そのため、ベンチャー企業への転職や新規事業立ち上げに参入する場合、実務経験の中でこれまで培ってきた人脈をアピールすることができれば、企業にとっては顧客開拓に繋がる可能性が高いため、転職活動で有利に働く可能性もあるでしょう。

【50代】ハイクラス転職で成功する人の特徴

50代のハイクラス転職を成功させる人には、自己分析を入念に行い、自分の強みを正しく理解している人が多いです。転職活動をするのに自己分析するのは当たり前と思われるかもしれませんが、多くの経験を積んできたことで、明確な強みが曖昧になってしまう方もいます。そのため、転職活動を進める前に、これまでのキャリアを振り返り、棚卸しや自己分析をやり直すのがおすすめです。また、50代のハイクラス転職は40代の転職よりも難しくなるため、転職活動期間が長期化しがちですが、転職に成功する人は焦らずに転職活動を進めています。一般的な転職活動期間は3ヶ月程度ですが、50代のハイクラス転職の場合は半年程度かかるものと想定して活動すると良いでしょう。

【50代】ハイクラス転職エージェントを利用する流れ

ここからは、50代でハイクラス転職エージェントを利用する際の流れについて解説します。

転職エージェントに登録

まずは転職エージェントを選び、登録しましょう。転職エージェントのWebサイトから希望する業界や職種、転職希望時期、勤務地などの必要事項を入力して登録を行います。また、転職エージェントは併用も可能なため、比較するために2〜3社に登録し、後から1つに絞るという利用方法もあります。むしろ、1つの転職エージェントに絞らず複数の転職エージェントを利用することでより多くの求人と出会える可能性が高いため、気になるサービスがあれば積極的に登録してみましょう。

キャリアカウンセラーから連絡が来る

転職エージェントへの登録が完了したらキャリアカウンセラーから連絡が来ます。まずは初回キャリアカウンセリングを行うための日程を調節し、対面・オンラインなどカウンセリングの手段についても確認します。この段階ではまだ志望動機などを聞かれることはないため、あまり気負いせずに、フラットな気持ちで連絡を取りましょう。

初回キャリアカウンセリング

初回キャリアカウンセリングではキャリアカウンセラーと面談を行い、最適な求人紹介をしてもらうための話し合いを行います。転職先に求める条件の確認やスキルの棚卸しなど、転職活動をスムーズに行うためのヒアリングが行われるため、しっかりと回答していきましょう。希望する条件や自身のスキルをはっきりと伝えることで、キャリアカウンセラーとの認識の相違が防止でき、より自分の理想に近い求人を紹介してもらえる可能性が高まります。なお、カウンセリングでは転職に関する相談も可能ですので、転職に関する不安や疑問点があれば気軽にカウンセラーに質問しましょう。

求人紹介

初回キャリアカウンセリングでの面談内容を参考にして、最適な求人を紹介してもらいます。提案される求人は自分以外のエージェント利用者にも紹介している可能性があるため、面接したい場合は募集が締め切られないよう早めに連絡しましょう。また、希望する求人が紹介されなかった場合は断っても問題ありません。その場合は何が希望に沿わなかったのかを伝えることで、次に紹介してもらう求人の質が高くなります。

企業見学や面接

転職したいと思える求人が見つかれば、書類選考に応募し、合格すれば面接に進みます。企業によりますが、企業見学ができる場合もあるため、事前に企業の雰囲気を確認しておきたい方は、企業見学が可能かどうか確認してみましょう。また、面接の日程調整や面接までのやり取りは転職エージェント側で行ってもらえるため、面接対策や書類作成だけに注力することが可能です。ほとんどの転職エージェントで面接対策や自己PRなどの相談にも乗ってもらえるため、転職の成功確率を上げるためにも積極的に活用しましょう。なお、面接回数は企業によって異なりますが、50代のハイクラス転職となると企業は経営幹部での採用を考えていることも多いため、企業の社長と1度だけ面接が行われる場合もあります。何を聞かれてもしっかりと対応できるよう、入念に対策しておきましょう。

内定が決まる

面接に合格し晴れて内定となれば、転職エージェント経由で内定が通達されます。内定後は、条件や処遇、入社意欲などを確認するためのオファー面談が行われるため、自身の希望をハッキリと伝えましょう。企業側にとっては入社意欲が高いのか、再び採用活用を進める必要があるのかを見極める機会になりますし、内定者にとっては労働環境や社内の雰囲気を知り、就業後のミスマッチを防ぐ機会になります。なお「希望条件や待遇を企業に直接伝えるのは抵抗がある」という方は、条件や待遇の交渉まで代行してくれる転職エージェントも存在するため、利用してみると良いでしょう。

退職後に転職先へ入社

内定企業への入社を決めたら、現在の仕事を退職した後に転職先に入社することになります。転職先が決まる前に退職して転職活動に力を入れる人もいますが、50代のハイクラス転職活動は長期化する傾向にあるため、基本的には内定先が決まってから退職する方が良いでしょう。また、転職エージェントでは退職の伝え方についてもアドバイスが受けられます。円満退社のコツなども教えてもらえるため、蟠りを残さずに転職するためにも、一度キャリアアドバイザーに相談することをおすすめします。退職日が決まれば、速やかに内定企業に内定予定日を伝えましょう。

【50代】ハイクラス人材が転職エージェントを最大限に活用する方法

ここからは、50代のハイクラス人材が転職エージェントを最大限に活用する方法を解説します。転職エージェントを効果的に利用することで、より理想通りの転職に近づけるため、ぜひチェックしてくださいね。

複数のエージェントに登録する

転職エージェントを最大限に活用するために、複数の転職エージェントに登録しましょう。1社しか利用しない場合、案件の質や量が他社と比較できないため、理想の求人に出会える可能性が下がってしまいます。複数のエージェント同士を比較しながら利用することで、質の高い求人を見つけられる可能性が高まるため、2~3社程度は登録しておくと良いでしょう。ただし、複数エージェントに登録する場合、うっかり別々の転職エージェントから同一求人へ応募してしまう可能性もあります。同一企業へ別々の転職エージェントから応募してしまうと、企業から「管理が甘い」「適当にいろいろな企業に応募しているのではないか」と悪い印象を抱かれる原因となってしまうため、他のエージェントも利用していることを必ず伝えておきましょう。

スキルや経験を盛らずに伝える

キャリアカウンセラーには、スキルや経験を盛らず、ありのままの自分を伝えましょう。盛って伝えたことがキャリアカウンセラーにバレてしまうと、信用の低下につながります。仮にキャリアカウンセラーの目を誤魔化せたとしても、企業との面接では辻褄が合わなくなり、見破られてしまうことがほとんどです。また、スキルや経験を盛って伝えることで、転職先のミスマッチや転職活動期間が長期化する恐れもあるため、キャリアカウンセラーや面接官には正しいスキル、経験を伝えましょう。

希望条件を明確に伝える

希望条件を明確に伝えることで、希望に沿った求人を紹介してもらうことが可能です。希望条件が曖昧なままだと、キャリアカウンセラーから紹介してもらう求人の精度も下がってしまい、ピンとくる求人になかなか出会えず転職活動が長引いてしまう恐れがあります。ただし、自分のスキルに見合わない希望条件を設定し高望みしてしまうと、紹介してもらえる求人が少なくなってしまう可能性が高いです。仮に紹介してもらった求人へ応募し、内定をもらったとしても入職後の環境についていけず、早期退職の原因になってしまう恐れもあるため、希望条件は自分のスキルや経験に適しているものでなければいけません。もし自分の希望がうまくまとまらない場合は、キャリアカウンセラーに相談に乗ってもらうこともできるので、気軽に担当者に相談しましょう。

早めのレスポンスを心掛ける

転職エージェントへ早めにレスポンスを行うことで、転職活動をスムーズに進めることが可能です。当たり前ですが、レスポンスが遅くなるとその分転職活動の進みが遅くなってしまいます。50代のハイクラス転職は長期化しやすい傾向にあるため、少しでも早く転職活動を行うためにも、レスポンスの速さは重要だと言えるでしょう。また、キャリアカウンセラーは多くの求職者を掛け持つことになりますが、転職への意欲が高い人も低い人も担当することになります。早めのレスポンスを心掛けることは、転職に対して意欲的だと感じ取ってもらえるため、キャリアカウンセラーからも評価してもらえる可能性が高いです。例えば新規求人の募集が始まった場合、意欲的な人に対して優先して募集を案内してくれるかもしれません。求人の質に関しては、レスポンスの速さが必ずしもプラスに働くとは限りませんが、早めのレスポンスを心掛けておくことに損はないでしょう。

担当者との相性が悪い場合はすぐに切り替える

転職エージェントを活用するためには担当者との相性も重要です。担当者との相性が悪い場合、自分の希望条件がうまく伝わらなかったり、ストレスの原因になってしまったりする恐れがあります。転職活動を行う約半年程度の間、担当者と2人3脚で転職活動を行うことになるため、相性が悪いと思ったら別の担当者に変更してもらいましょう。相談や提案がしにくいと感じてしまうとストレスになりますし、転職活動の長期化や失敗につながりかねません。転職エージェントに伝えれば担当者を変更してもらえるため、信頼できる担当者を見つけて転職活動を行いましょう。

【50代】ハイクラス転職におすすめのキャリアコーチングサービス

50代でハイクラス転職を考えている人の中には「本当に転職に踏み切ってよいのだろうか」「身内の人ではなく第三者に相談したい」と考える人もいることでしょう。このように今後のキャリアについて相談したい場合は、キャリアコーチングサービスの利用がおすすめです。キャリアコーチングサービスは、これまで紹介してきた転職エージェントや転職サイトと違って、転職という1つのゴールを目指した提案が行われるわけではありません。中立の立場から転職しないという提案もしてもらえるため、キャリアコーチングサービスを活用することで最適なキャリア設計が実現できることでしょう。ここからは50代のハイクラス転職におすすめのキャリアコーチングサービスを12社紹介します。

ポジウィルキャリア

ポジウィルキャリアは、理想の未来から逆算してキャリアプランを考えるパーソナルトレーニングサービスです。キャリア設計だけに関わらず、人生設計についても中立的な立場からサポートしてくれます。そのため、満足のいく結果を得やすく、利用者の満足度は92%を誇っています。また、無料カウンセリングの内容をもとに相性の良い専属キャリアトレーナーをマッチングしてもらえるため、本音で相談しやすいでしょう。さらに、専属キャリアトレーナーが自身の環境に合わせて最適なプログラムを作成してくれるため、無理なく自己成長が望めます。ポジウィルキャリアの利用料金は、最低額でも385,000円+入会金55,000万円(すべて税込)と決して安いとはいえませんが、初回カウンセリングだけでも利用する価値があるため、気になる人は無料の初回カウンセリングを利用してみましょう。

マジキャリ

マジキャリは「2ヶ月で人生を変える」というコンセプトを掲げているキャリアコーチングサービスです。年間3,000名の転職支援経験に基づいて作成された3種類のコースが用意されており、性格診断やキャリアの棚卸しなどを行いながらキャリア設計ができるほか、転職活動やキャリアプランに関するさまざまな悩みを解決できます。初めての転職を考えていて、転職すべきか否か答えを出すのに戸惑っている方の利用が多く、転職だけでなく、自身の潜在的な悩みや考え方を引き出してくれる手厚いサポートが受けられるため、顧客満足度は92%と高水準です。なお、料金は385,000円(税込)と高めではありますが、初回のカウンセリングを無料で受けられますし、有料カウンセリングを受けても全額返金保証が受けられるため、キャリアコーチングを試してみたい方におすすめです。

キャリドラ

キャリドラはキャリアアップの実現を目的としたパーソナルトレーニングサービスです。月額で利用でき、2ヶ月〜6ヶ月のコースでキャリア形成を行います。1回あたりの料金は選択するコースによって異なるため、無料カウンセリングを利用する際に問い合わせてみましょう。キャリドラでは徹底的に自己分析を行うことができ、分析結果から自身にマッチした職種や業界を提案してもらえます。さらに、キャリアプラン作成後は、企業研究や書類作成、面接対策などを通して自身の市場価値を高めることに集中可能です。キャリドラのカリキュラムには、キャリアアップのためのプロセスが詰まっているため、年収アップを目指している方にも向いているでしょう。また、キャリドラのパーソナルトレーニングはオンラインで行われるため、場所を選ばず手軽に受講できます。さらに利用者の平均年収は916,000円アップしていることから、転職成功に高い期待が持てます。選択するコースによって受講できる講義も変わってくるため、どのようなカリキュラムを選択すべきなのか考えて受講しましょう。

doda Xキャリアコーチング

doda Xキャリアコーチングは、doda Xやdodaエージェントなどを運営するパーソルキャリア株式会社によるサービスです。コーチとの対話から気づきを見つけ、行動の選択肢が増えるように助力してもらえるため、転職活動に不安を感じている方やこれからどうしていこうか迷っている方におすすめです。また、AIが相性の良いサポーターをマッチングしてくれるため、本音で話せるサポーターを提案してもらえます。万が一相性が合わないと感じた場合にはサポーターの変更も可能なため、サポーターの質を重視する方にもおすすめです。なお、無料カウンセリングはありませんが、税込21,780円で30分のセッションを4回受けられるため比較的安価に利用できます。初回セッション後の返金保証もあるため、まずは気軽に利用してみるのも良いでしょう。

キャリアアップコーチング

キャリアアップコーチングは、転職活動や自己分析の支援をしてくれるキャリアコーチングサービスです。コーチングを利用して転職に重要となる意思決定力を向上させることで、転職時に感じるギャップやミスマッチの起きにくい転職ができるようになります。また、キャリアアップコーチングにはIT業界に精通したコーチが多いため、IT業界での転職を検討している人が利用することでより効果を得られるでしょう。なお、最低料金が330,000円(税込)と高額ですが、入会金やオプション費用などが発生することはなく、利用期間内であれば無制限でLINE相談が活用できます。

ライフシフトラボ

ライフシフトラボは、人生後半のキャリアサポートを行う、40代〜50代向けのパーソナルトレーニングサービスです。転職よりも起業や副業をメインにしたセカンドキャリアを見据えたサポートが充実しており、生涯年収+3,000万円を叶えるためのパーソナルトレーニングを受けられます。パーソナルトレーニングでは、ビジネス経験だけでなく、趣味や日々の生活などの人生経験から見えてくる自身の強みを棚卸できるほか、実際に副業や起業をするまでサポートしてもらえるため、手厚いサービスを求めている方におすすめと言えるでしょう。自身のスキルや強みの棚卸しから、企業の際の収益化ノウハウまでマンツーマンで指導してもらえるため、ライフシフトラボのトレーニングを受講した卒業生の95%はパラレルキャリアを実現しています。再現性の高い働き方をコーチングしてもらえるため、起業を考えている方はぜひ利用してみてください。

mento

mentoはキャリアのみでなく、人生におけるさまざまな壁の相談に乗ってもらえる1on1のコーチングサービスです。転職や企業はもちろん、子育ての悩みやメンタルなど人生の大きな課題についても相談できます。コーチから投げかけられるさまざまな質問を通して自分を顧みることができるため、自ずと自身の課題や理想像を明確にできるでしょう。なお、料金は60分のセッションの料金が5,500円から55,000円(すべて税込)まで幅があります。初回セッションは体験価格の5,500円(税込)で利用でき、相性の良いコーチに出会えるまで何度でも体験価格で利用できるのもmentoの特徴です。相性の良いキャリアアドバイザーを探しながら、自身のライフプランを徹底的に相談できるため、長期にわたってコーチングしてもらいたい人におすすめのサービスといえるでしょう。

me:Rise(ミライズ)

me:Rise(ミライズ)は、理想のキャリアプランの実現を支援してくれる、オンラインキャリアコーチングサービスです。コース料金が30万円を超えるコーチングサービスが多いですが、キャリア実現に特化したme:Riseのコース料金は49,900円(税込)からとなっており、相場よりも安くコーチングが受けられます。また、me:Riseでサポーターとして登録されているのは現役で活躍しているビジネスパーソンのため、キャリアについてのリアルな声を聞くことが可能です。さらに、女性のサポーターも多数在籍しているため、キャリアに関する女性特有の悩みも相談できる環境が整っています。

きづく。転職相談

きづく。転職相談は転職に踏み切るべきか悩んでいる方におすすめのキャリアコーチングサービスです。相談がメインで、利用者を転職させることが目的ではないため、中立の立場から忖度ないアドバイスが得られます。書類添削や面接指導などのサポートはもちろん、価値観分析やキャリアゴールの設定もできるため、自分の考えを整理したい方におすすめです。なお、きづく。転職相談のコースは最短1ヶ月となっており、利用者ごとに違ったプログラムを提供してくれます。自己分析をはじめとした9種類のサポートが受けられるため、キャリアに関するさまざまな悩みの解決につながるでしょう。

ZaPASS

ZaPASSはビジネス経験の豊富なコーチと面談できるオンラインコーチングサービスです。管理職や経営者のように、なかなか自分のことを指摘してくれることが少ない方が、自分の癖を理解したり、思考を整理するために利用しています。また、ZaPASSでは、性格診断と事前面談から最適なコーチを案内してくれます。ビジネス経験の豊富なコーチが、伴走しながら自分が本当にやりたいことや、ライフプランについて考えてくれるため、働き方だけでなく、理想の人生を叶えられるでしょう。なお、3つのプランから自身にあったものを選択することができ、1回のセッションは8,800円〜77,000円(すべて税込)とコーチングの難易度によってかなり幅があります。体験セッションを利用すれば初回は半額以下の料金で利用できるため、まずは体験セッションから利用してみましょう。

スゴキャリ

スゴキャリは、年収アップを目的とした転職を考えている人におすすめのキャリアコーチングサービスです。年収アップ成功率は94.8%と非常に高い数値を誇っており、サービス内容にも期待が持てます。コーチと伴走しながらキャリアプランを作成できるほか、求人紹介も受けられるため、明確な目標を持ちながら転職活動を進められるでしょう。また、スゴキャリでは14日間受講料返金保証と無期限転職サポート保証という2つの制度が用意されています。決して安い金額とはいえないサービスのため、利用を躊躇う人も多いと思いますが、スゴキャリには保証制度がついているため、お金を無駄にしたくない人も安心して利用できるでしょう。年収アップを考えている人以外にも、キャリアに対する危機感を持っている人や、今の仕事が自分に合っているのかわからないという人にもおすすめのサービスです。

REEED(リード)

REEED(リード)はビジネスパーソン向けのパーソナルコーチングサービスです。転職や独立、起業を考えている人のキャリア設計や、キャリアプランに関する問題の解決をサポートしてくれます。目標達成だけを目的とせず、思考プロセスを重視したコーチングが受けられるため、コーチング終了後も自己実現に向けて、自走できるようになるでしょう。なお、REEEDは単発での利用ではなく、中期的なサポートで理想の人生に近づけていくコーチングのため、サポート期間は最短3ヶ月からとなっています。そのため、今すぐ転職や独立に踏み切りたいというわけではないものの、今後のキャリアを考えて早めに動き出したいと考えている人にうってつけのサービスです。また、体験コーチングは3,300円(税込)と格安で利用できるため、高額なパーソナルコーチングサービスに登録するのが不安な方は体験コーチングを受けてみましょう。

【50代】ハイクラス転職でよくある質問

50代のハイクラス転職に関するよくある質問をまとめました。それぞれ詳しく解説していくため、ぜひチェックしてください。

転職エージェントの登録は必須ですか?

50代のハイクラス転職を成功させるために、必ずしも転職エージェントを利用する必要はありませんが、転職エージェントを利用する人は非常に多いです。50代のハイクラス転職は管理職以上のポストになることが多いため、公開される求人が少なく、非公開求人から見つけることになります。転職エージェントを利用することで希望する条件の求人が見つけやすくなるため、50代のハイクラス転職を成功させるためには転職エージェントを積極的に利用した方が良いでしょう。

非公開求人とは何ですか?

非公開求人とは、転職サイトなど一般向けに公開されていない求人のことです。大企業の求人も多く、条件面でも好待遇な傾向にあります。そのような求人は一般に公開してしまうと応募が殺到し、選考に手間や時間がかかってしまう恐れがあるため、条件がマッチした特定の人にのみ求人情報を伝え、企業と求職者がスムーズにマッチできるよう、求人が非公開になっているのです。また、非公開求人は新規プロジェクト立ち上げのためのメンバーを募集しているなど、口外できないような極秘の求人もあるため、入職後すぐに重役を与えられる可能性もあります。キャリアアップややりがいを重視して転職したいと考えている方は、非公開求人の豊富な転職エージェントに登録することで、より多くの選択肢に出会えるでしょう。

キャリアカウンセリングはどこで行われますか?

キャリアカウンセリングは、全国各地の転職エージェントの拠点で行われることが多いです。最近ではチャットや電話、Zoomでキャリアカウンセリングを行う転職エージェントも増えてきているため、地方に住んでいる方でも気兼ねなく利用できるでしょう。

気が合わないキャリアカウンセラーの変更は可能ですか?

キャリアカウンセラーと気が合わないと感じた場合、転職エージェントに依頼することで変更可能です。50代のハイクラス転職を考えている場合、相応の知識や経験があるキャリアカウンセラーに対応してもらうことで、より転職の成功確率を高められます。キャリアカウンセラーとしての歴が浅い方や、業界の理解度が乏しい方が担当になると、思ったように転職活動が進められない可能性もあるため、キャリアカウンセラーが合わないと感じた場合はなるべく早めに変更を依頼すると良いでしょう。また、転職を成功させるためには別の担当者に変えてもらう以外にも、他の転職エージェントを利用するという手もあります。転職エージェントごとに強みがあるので、自分が転職したいと考えている業界に対して強みを発揮できる転職エージェントを活用しましょう。

転職エージェントは複数利用できますか?

転職エージェントの複数利用は可能です。転職エージェントが抱えている非公開求人はあまり出回らないことが多いため、複数の転職エージェントを利用することで、豊富な求人から自分に合った企業を選べるようになります。また、転職エージェントによって特化している業界やサービス内容が異なるため、2〜3社程登録し、並行して転職活動を進めるのが良いでしょう。ただし、転職エージェントに登録しすぎるとカウンセリングなどの手間が増えるため、自身で対応できる数だけ登録するようにしましょう。

最後に

50代の転職は20代〜40代の転職と比較すると、かなり難しくなります。さらにハイクラス転職はともなると、企業から求められる経験やスキルの質が求められるほか、求人数も少なくなるため、中長期戦になることを覚悟して臨むと良いでしょう。なお、好条件となる求人は一般に出回らない可能性が高いため、非公開求人を扱っている転職エージェントの活用がおすすめです。転職エージェントにはさまざまな特徴や強みがありますが、本記事で紹介した転職エージェントを活用すれば転職が成功する可能性が高いため、上手く活用していただければと思います。