knock 未来の扉をたたく、働き方マガジン

CAREER Knockは、みらいの働き方のデザインに役立つ情報を発信するメディアです。CAREER Knockを運営するみらいワークス総合研究所は、プロフェッショナル人材の働き方やキャリアに関する調査・研究・情報発信等を行っています。

みらいワークス総合研究所

  • 名称:

    株式会社みらいワークス みらいワークス総合研究所

  • 設置:

    2022年7月

  • 所長:

    岡本祥治

  • 所在地:

    〒105-0001 東京都港区虎ノ門4-1-13 Prime Terrace KAMIYACHO 2F

  • 活動内容:

    働き方・キャリア形成に関する研究

    各種調査分析・情報収集

    出版・広報

  • 連絡先:

    mirai_inst@mirai-works.co.jp

close close

【医師転職サイト】おすすめエージェント比較【評判・口コミ】失敗・後悔したくない人向けに解説

CAREER Knock編集部 CAREER Knock編集部

2022.8.9 Column

「医師転職サイトを利用するメリット・デメリットを知りたい」「医師転職サイトを選ぶ上でのポイントは?」「おすすめの医師転職サイトを知りたい」このような悩みを抱える人を対象に、本記事では医師転職サイトのメリット・デメリット、選び方、おすすめの転職サイトを解説していきます。

医師転職サイトのメリット

医師転職サイトには以下のようなメリットがあります。

転職のプロに転職活動をサポートしてもらえる

まずは、転職のプロに転職活動をサポートしてもらえることです。医療転職サイトのキャリアアドバイザーには業界経験者も多く、医師の転職に精通している方が多いです。特にネットなどでは知り得ない病院の内部事情を詳しく知ることもできます。これはキャリアアドバイザーが定期的に病院に足を運んで確認していることや採用担当者と繋がりが深いために入手できる情報です。内部情報を知っておくことで、実際に勤務した際のイメージを持つことができます。また、転職以外でも当初自分が想定していなかったような選択肢を提案されることもあります。例えば面談の結果、転職よりも独立の方が向いていると判断された場合、独立に関しての提案を受けることもあります。

思わぬ良質な求人案件に巡り会える

また、思わぬ良質な求人案件に巡り合える可能性もあります。どの医師転職サイトにも多くの求人が掲載されており、その中から転職先を選ぶことができます。自分で調べるとなると、1社ずつ採用ホームページを確認する必要があるため、非常に手間がかかります。その点、転職サイトを利用すれば一括で確認することができるため、効率的に転職活動を進めることができます。また、ネットに公開されていないような求人を紹介してもらうことが可能です。例えば、新規オープンの案件などはネットに公開されていないこともあります。そういった案件を転職サイトでは紹介してもらうことができます。

転職活動の面倒なプロセスを代行してもらえる

転職サイトを利用すると、転職活動の面倒なプロセスを代行してもらうことができます。医師は基本的に業務量が多く、多忙な方が多いです。その中で、転職先の病院やクリニックと頻繁にやり取りしながら転職活動を行うのは至難の業です。転職サイトでは、そのような転職活動に伴う面倒なプロセスを代行してもらうことができます。例えば、面接の日程調整や病院見学の日程調整なども転職サイトの担当者が直接病院・クリニックの採用担当者とやり取りしてくれます。

医師転職サイトのデメリット

一方、医師転職サイトにはデメリットもあります。

担当者のレベルにばらつきがある

医師転職サイトには、「担当者のレベルにばらつきがある」というデメリットがあります。基本的にキャリアアドバイザーの多くは医師の転職に精通しており、的確にサポートをしてもらえます。しかし中には質が良くないアドバイザーもいます。例えば、ノルマが厳しく求職者の希望よりも自分のノルマを優先して行動するキャリアアドバイザーもいる可能性があります。質が悪いキャリアアドバイザーが担当のままだと、転職活動を円滑に進めることができなくなってしまいます。そのため、キャリアアドバイザーのサポートに問題があると感じた場合には、担当を変更してもらうことを申請することが重要です。

希望の求人を紹介してもらえないことがある

転職サイトは登録後、初回面談でいくつかのヒアリングを受けて求人の提案が行われます。基本的には、希望に沿った求人の紹介が行われますが、中には希望の求人を紹介してもらえないこともあります。その原因としては以下の2点が挙げられます。1点目は、ヒアリングが不十分なことです。この場合には、再度面談を行い、希望のすり合わせを行う必要があります。2点目は、あなたが医療機関のニーズに合わない求職者である可能性です。この場合には、これまでの経歴の見直しを再度行うことが重要です。

自分のペースで転職活動が出来ないことがある

転職サイトのキャリアアドバイザーは、ヒアリングによって聞き取ったあなたの希望、転職期間をもとに転職活動のサポートを実施します。それゆえデメリットとして、自分のペースで転職活動ができなくなる可能性があります。特に自分のペースで転職活動を進めたい、短期間で転職活動を終わらせたい人にとっては、ストレスに感じる可能性があります。そのような場合には、キャリアカウンセラーに相談するか、転職活動の方法を変更する必要があります。

医師転職サイトの選び方

医療転職サイトの選び方は以下の通りです。

求人案件の豊富さ

求人数の多さは、自分にあった転職先を見つけるのに、大きな判断基準になります。求人数が多ければ良いというわけではありません。しかし求人が多い転職サイトと、少ない転職サイトを比較すれば、求人が多い転職サイトの方が、検索した際の選択肢が広がります。そのため求人数が多い転職サイトに登録するのがおすすめです。

キャリアアドバイザーの質

キャリアアドバイザーの質も転職サイトを選ぶ上で重要です。医師の転職活動はすぐに決まることは少なく、2ヶ月以上と長期間に渡ってかかることが多いです。その中で、一緒に転職活動を行う、キャリアアドバイザーの存在は非常に重要です。仮に、キャリアアドバイザーの質が悪く、適切なサポートを受けることができなければ、転職活動をうまく進めることができません。逆に、質の高いキャリアアドバイザーが担当になれば、その分円滑に転職活動を進めることができ、転職の成功確率が高まります。キャリアアドバイザーの質に関しては、各転職サイトの口コミを調べるようにしましょう。

転職サポート機能の豊富さ

転職サポート機能の豊富さは、転職サイトを選ぶ上で重要です。転職サイトが提供する転職サポートには、以下のようなものがあります。転職サイトを検討する際に、上記のようなサポートが豊富に用意されているか確認するようにしましょう。特に書類添削や面接練習に関しては、選考の際に重視される部分のため、サポートが充実しているか、口コミも含めて確認する必要があります。また内定後の条件交渉や退職に不安がある人は、アフターフォローの面でも、どの程度までフォローがあるのか調査することで、登録後後悔することがなくなります。

希望エリアの求人の網羅性

転職サイトの全てが全国の求人に対応しているわけではありません。例えば、地方での転職を希望しているものの、登録している転職サイトが、都市部中心の求人を扱っていたら、求人の選択肢は狭まってしまいます。そのため、転職サイトを探す際には、そのサイトがどのエリアを中心に求人を掲載しているのか確認する必要があります。検討している転職サイトが、どのエリアを中心に求人を展開しているかを確認するには、公式サイトを確認することで知ることができます。公式サイトに載っていない場合には、SNSの口コミを確認して、自分の希望しているエリアが網羅されているか確認するようにしましょう。

運営会社が信頼できるか

運営会社が信頼できるかどうかは、転職サイトを利用する上で重要です。転職サイトの中には、適切なサポートをしてくれない/希望の求人を提案してもらえないといった質の悪いサイトもあります。しかし公式サイトの内容を確認するだけでは、信頼できる運営会社かどうかを確認することは難しいです。運営会社が信頼できるかを調べる方法は2点です。1点目は、「口コミを確認すること」です。口コミを見れば、実際に利用した人の実体験を確認することができます。そこで悪い口コミが多い場合には、注意が必要です。2点目は、「求人数の多さ」です。求人数が多いことが必ずしも運営会社の信頼性に繋がるわけではありません。しかし、病院やクリニックも、信頼できない運営会社に求人を依頼する可能性は低く、求人数が多いことは転職サイトが信頼されている可能性が高いと考えられます。

医師の転職活動でやってはいけないこと

医師が転職活動を進める上で、やってはいけないことは以下の通りです。

誰にも相談せずに転職活動を進める

誰にも相談せずに転職活動を進めることは避けた方が良いです。確かに転職活動自体は書類作成や面接など1人で行うことが多いです。しかし、その都度、客観的な意見やアドバイスが必要になります。1人で全て考えて実施していると、途中誤った認識で進めていた際に方向修正ができず、無駄な時間を過ごしてしまうことに繋がります。また途中悩むことがあり、相談する人がいない場合、解決策を見つけるために多大な時間と労力を要してしまいます。しかし親族や友人のような近しい関係者になると、踏み込んだ意見をもらえない可能性があります。そこで転職サイトのキャリアアドバイザーに相談することで、より円滑に転職活動を進めることができます。

キャリアプランを持たずに転職活動を進める

キャリアプランを持たずに転職活動を進めることは、転職後イメージしていたことと異なった場合、後悔することに繋がるため注意が必要です。例えば、キャリアプランを持たずにその時の希望だけで転職活動を進めるのと将来のキャリアを明確にした上で進めるのでは選考を受ける企業や転職後の動きも変わってきます。仮にキャリアプランが明確にできていない場合には、転職サイトのキャリアアドバイザーに協力してもらうのも1つの手です。キャリアアドバイザーが、面談でのヒアリングの中で、あなたの現在のスキル・経験と今後の希望を整理した上で、キャリアプランにあった求人や転職活動の進め方をアドバイスしてくれます。

年収だけを軸に転職活動を進める

年収だけを軸に転職活動を進めることも、避けた方が良いことの1つです。年収にこだわることは重要です。年収に不満を持った状態で転職しても、いずれ年収への不満から再度転職を検討してしまうようになる可能性が高いです。しかし年収だけにこだわりすぎてしまうと、採用担当者からは他に年収が高いところが見つかればそちらに行ってしまうと捉えられてしまう可能性があります。年収を1つの軸にしつつも他の軸も持っておくことが重要です。キャリアアドバイザーに相談して、希望条件を相談することで、条件に近い求人を提案してもらうようにしましょう。

医師におすすめの転職サイト【総合編】

医師におすすめの転職サイト【総合編】は以下の通りです。

エムスリーキャリア

エムスリーキャリアは日本最大級の医療従事者専用サイトである「m3.com」を運営するM3グループが運営する、医師専門の転職サイトです。エムスリーキャリアは、待遇やお金に関する条件交渉や、豊富な転職成功実績をもとにしたサポートを受けられるといったメリットがあります。一方エムスリーキャリアには、拠点が東京と大阪のため、地方の医療機関に詳しくないことや、口コミで連絡がしつこいなどデメリットもあるので、注意が必要です。

医師転職ドットコム

医師転職ドットコムは、株式会社メディウィルが運営している医師転職サイトです。株式会社メディウェルはクリニックの運営支援を行っているため、所属するエージェントも現場に精通しています。そのため、採用サイトでは得ることのできない、病院・クリニックの職場の雰囲気などの情報を得ることができます。医師転職ドットコムには、他社に比べ求人情報が多いことや、地方の医療業界に詳しいメリットがあります。一方、医師転職ドットコムは担当コンサルタントの対応にムラがあることや、求人数が他の転職サイトよりも少ないといったデメリットがあるため、注意が必要です。

マイナビドクター

マイナビドクターは株式会社マイナビが運営している医療業界に特化した医師転職サイトです。人材業界の中でも大手であるマイナビが運営していることもあり、取引医療機関が2万剣を上回っており、求人を多数保有しております。またその多い求人数の中でも約8割が非公開求人なので、登録後自分にあった転職先が決まる可能性が高まります。一方で、拠点が首都圏に集中しており、地方の求人が少ないといったデメリットもあるため、注意が必要です。

民間医局

民間医局は株式会社メディカル・プリンシプル社が運営している医師転職サイトです。職種を幅広く扱っており、常勤の転職支援だけでなく、非常勤やアルバイトの紹介を行っています。現在サービス開始から20年立っており、取引医療機関が12,000人を超えています。民間医局には地域の事情に精通しているエージェントのサポートを受けるというメリットがあります。また面接にはエージェントが同行してくれるため、初めての面接でもサポートしてもらうことができます。一方で、色々聞き出されることや、電話受付の対応時間が短いといったデメリットもあるため、注意が必要です

リクルートドクターズキャリア

リクルートドクターズキャリアはリクルートグループのリクルートメディカルキャリアが運営している医師転職サイトです。リクルートドクターズキャリアでは内定まで1ヶ月程度の期間とスピーディであることや、病院やクリニックとの関わりが深いため、内部情報を教えてもらうことが可能です。また個人情報の権利が徹底されているため、安心して利用することができます。一方、リクルートドクターズキャリアには、連絡が多すぎる、大都市近郊以外の求人が少ないといった、デメリットもあるため、注意が必要です。

医師におすすめの転職サイト【その他編】

医師におすすめの転職サイト【その他編】を紹介していきます。

ドクタービジョン

ドクタービジョンは、日本調剤グループが運営する医師転職に特化した転職エージェントです。都心部が中心の転職サイトは多いですが、ドクタービジョンは全国各地の求人を扱っており、求人数も13,000件を超えています。ドクタービジョンは、運営会社の信頼度が高い点や、求人エリアの網羅性にメリットがあります。一方、他の医師転職サービスと比較して求人数が少ないことや、転職が決まるまで時間がかかるという口コミが多いなどのデメリットがあるため、注意が必要です。転職が決まるまで時間がかかるのは、担当者がじっくりサポートするため、早めに決めるのではなく、時間をかけて転職活動を行いたいという人にはおすすめです。

DtoDコンシェルジュ

DtoDコンシェルジュは医師の転職以外にもアルバイト、開業支援、経営支援と幅広い分野でサポートを行っている医師転職サイトです。開業支援も行っているため、転職ではなく開業を考えている人には、さまざまなサポートを受けることができるため、おすすめです。DtoDコンシェルジュは医療業界での40年の実績や、幅広い営業ネットワークを持っていることにメリットがあります。また医師の転職に関するセミナーを開催しているため、常に最新の情報や、転職活動に役立つ情報を得ることができます。一方で口コミを確認すると、コンサルタントごとで質が異なる、条件にあっていない求人を紹介されたといったデメリットもあるため、注意が必要です。仮によくないコンサルタントが担当に着いた場合は、担当変更や条件に関しての再度のすり合わせを行う必要があります。

JMC

JMCは日本メディカルコネクション株式会社が運営する医師転職サイトです。JMCは大都市を中心に求人を用意しており、口コミでもコンサルタントのサポート力が高いというメリットがあります。そのため転職活動に関するアドバイスや、病院・クリニックの提案から内定まで、より丁寧な転職サポートを受けたい人にはおすすめです。一方、JMCは求人が大都市に集中しており、地方向けの求人が少ないことや、担当によって質に差があるといったデメリットもあるため、注意が必要です。特にエリアに関しては、登録前に問い合わせやサイトを確認し、自分が希望しているエリアの求人の掲載があるか調べるようにしましょう。

Dr.転職なび

Dr.転職なびは医療人材総合サービス事業を展開するエムステージグループが運営する医師転職サイトです。Dr.転職なびは他の転職サイトとは異なり、転職者と医療機関双方に専任コンサルタントがつきます。そのため、採用のポイントやその病院のサイトでは調べることのできない内容まで、深掘りして確認することができます。Dr.転職なびは所属のキャリアカウンセラー全員が、医療経営士の資格を保有しており、全国対応で地域と連携しているため、スムーズな対応をしてもらえる面でメリットがあります。一方、求人が都市部に集中しており、地方だと求人に限りがあることや、担当コンサルタントの質に差があるといったデメリットがあるため、注意が必要です。仮に良くない担当のキャリアアドバイザーがついた際には、運営会社に相談して、担当を変更してもらうか改善してもらうようにすることが重要です。

MRT

MRTは医師情報のプラットフォームの提供を行うMRT株式会社が運営している医師転職サイトです。MRTには、アルバイト案件数が他社よりも多いことや、求人検索がしやすいといったメリットがあります。一方、MRTは、自分専任のキャリアアドバイザーがいないことや、特定の求人案件が閲覧できなくなるといったデメリットがあるため、注意が必要です。そんなMRTは医師としてのスキルを高めたい人や、非常勤求人を探している人には、おすすめです。

e-doctor

e-doctorは医療福祉に関連した人材紹介事業を行う株式会社リンクスタッフが運営する医師転職サイトです。他の求人サイトとは異なり、匿名で希望条件を後悔してもオファーを受けることができます。e-doctorは求人数も多いため、多くの求人から転職先を見たいという人にはおすすめです。また医療機関側からのオファーを受けることができるため、オファーを欲しいという人は登録しておくことが重要です。

MedPeer Career

MedPeer Careerは業界トップクラスの求人数を持つ医師転職サイトです。MedPeer Careerは情報更新が早いことや医師目線でのサポートを受けられるのがメリットです。また求人情報の更新頻度が高いため、すぐに最新の情報を得たいという人にはおすすめです。一方で、得られる情報量が少ないというデメリットもあるため、注意が必要です。仮に送られる情報に物足りなさを感じる場合は、運営に確認を実施し、極力情報を渡すように働きかけることが重要です。

医師転職サイトを使わない転職方法

ここで医師転職サイトを使わない転職方法を紹介していきます。

直接応募

まずは病院やクリニックに直接応募する方法です。病院やクリニックのサイトから応募する方法と、直接連絡を取り応募する方法の2つがあります。しかし病院やクリニックは基本的に忙しいため、選考の日程のすり合わせには時間がかかります。

知人からの紹介

次に知人からの紹介です。知人に病院・クリニックのつてがある人は、知人の力を借りるのも1つの手です。知人からの紹介であるため、通常の応募よりも、選考通過率が高まる傾向があります。

一般の転職サイト

一般の転職サイトにも、医師の求人はあります。しかし、基本的に求人数は多くないため、医師の求人を探す場合には、医師転職サイトを利用するのがおすすめです。

医師転職に関するQ&A

ここでは医師転職に関するQ&Aを紹介していきます。

医師転職で後悔しないためには?

医師転職で後悔しないためには、「勤務条件や給与が自分の希望に沿っているか」「転職先の情報を事前に詳しく調査しておく」「内定後の採用条件を細かく確認しておく」ことが大切です。

医師転職サイトは使わない方がいい?

医師転職サイトは、使う方が良いです。通常の転職サイトでも、医師の求人を見つけることが可能です。しかし求人数・専門的なサポートは、医師転職サイトの方が充実しています。

医師転職サイトはなぜ無料

医師転職サイトにかかる手数料は基本的に無料です。転職サイトは、手数料を病院やクリニックから採用が決まるごとに、受け取っている場合が多いです。そのため、求職者側は無料で転職サイトを利用することができるのです。

医師転職サイトに登録しても職場にバレない?

医師転職サイトに登録しても、職場にバレることは基本的にありません。転職サイトは、職場にあなたの転職活動がバレないように細心の注意を払って運営されています。

複数の医師転職サイトに登録しても大丈夫?</h3>

同じ医師転職サイトであっても、転職サイトごとに強みやサポート内容は異なります。複数の医師転職サイトに登録すれば、それぞれの強みを活用し、転職成功率を上げることができます。

地方在住でも登録できる?

地方在住でも、転職サイトに登録することは可能です。現在は事務所が近くにない場合でも、Zoomや電話相談で面談を行うことができます。

担当者からのメールが多い時の対処法は?

担当者によっては、メールが多い場合もあります。しかし、担当者側も必要である認識を持って送っています。そこで1度自社の担当者にメールの頻度と量を確認することが重要です。

医師転職サイトはいつでも退会できる?

医師転職サイトはいつでも退会することができます。転職先が決まった/転職活動を終了するといった場合に担当者に確認を取ることでスムーズに退会することができます。

再登録は可能?

転職サイトの再登録は可能です。転職サイトは1人でも多くの転職者を内定に導くことによって手数料が増える仕組みを採用しています。再登録することは、お互いのためにもなるため、再登録は可能です。

最後に

今回は医師転職サイトに関して、メリット・デメリット、選び方からおすすめの転職サイトを紹介していきました。医師転職を検討している人は、是非本記事を参考にしてください。