knock 未来の扉をたたく、働き方マガジン

CAREER Knockは、みらいの働き方のデザインに役立つ情報を発信するメディアです。CAREER Knockを運営するみらいワークス総合研究所は、プロフェッショナル人材の働き方やキャリアに関する調査・研究・情報発信等を行っています。

みらいワークス総合研究所

  • 名称:

    株式会社みらいワークス みらいワークス総合研究所

  • 設置:

    2022年7月

  • 所長:

    岡本祥治

  • 所在地:

    〒105-0001 東京都港区虎ノ門4-1-13 Prime Terrace KAMIYACHO 2F

  • 活動内容:

    働き方・キャリア形成に関する研究

    各種調査分析・情報収集

    出版・広報

  • 連絡先:

    mirai_inst@mirai-works.co.jp

close close

大企業への『フリーランス・プロ人材活用実態』を調査 ~大企業の約2割が「社内での人材不足」や「社員教育」等の理由で活用~ 

Press Press

2024.2.9 Report

2月6日のプロフェッショナルの日(※1)を記念して、大企業への『フリーランス・プロ人材活用実態』調査を実施しました。

調査概要

調査概要 :フリーランス・プロ人材活用実態調査
調査方法 :インターネット調査
調査期間 :2024年1月12日〜15日
有効回答数:1,000
調査対象 :従業員規模1,000名以上(製造業)、500名以上(その他・サービス業)の会社経営者、正社員・管理職(課長職以上)
※構成比は小数点以下第2位を四捨五入しているため、合計しても必ずしも100とはなりません。

≪利用条件≫

  1. ・情報の出典元として「株式会社みらいワークス」の名前を明記してください。
  2. ・ウェブサイトで使用する場合は、出典元として、下記リンクを設置してください。
     URL:https://mirai-works.co.jp/

約5人に1人が、フリーランスのプロ人材を活用したことがある

「Q1.あなたは、フリーランスのプロ人材を活用したことありますか?」(n=1,000)と質問したところ、「はい」が18.2%、「いいえ」が81.8%という回答となりました。

  • ・はい:18.2%
  • ・いいえ:81.8%

フリーランスのプロ人材を活用する理由は、「社内に該当スキルや知見を持った人材が不足しているため」が59.9%で最多

Q1で「はい」と回答した方に、「Q2.フリーランスのプロ人材を活用する理由は何ですか?(複数回答)」(n=182)と質問したところ、「社内に該当スキルや知見を持った人材が不足しているため」が59.9%、「社員教育のため(外部人材より専門知識を学ぶため)」が42.3%、「第三者の外部視点を取り入れて、イノベーションを推進するため」が28.0%という回答となりました。

  • 社内に該当スキルや知見を持った人材が不足しているため:59.9%
  • ・社員教育のため(外部人材より専門知見を学ぶため):42.3%
  • ・第三者の外部視点を取り入れて、イノベーションを推進するため:28.0%
  • ・正社員採用が難しいため、採用までの代替をするため:25.3%
  • ・突発的なプロジェクト等、一時的な人員不足で固定費を抑えるため:22.5%
  • ・コア業務に集中するため:7.7%

プロ人材に依頼している社員教育の内容は、「DX推進」や「情報セキュリティ」など

Q2で「社員教育のため(外部人材より専門知見を学ぶため)」とお答えされた方に、「Q3.どのような内容の社員教育をプロ人材に依頼していますか?(複数回答)」(n=77)と質問したところ、「DX推進」が44.2%、「情報セキュリティ」が35.1%、「リスク管理」が33.8%という回答となりました。

  • DX推進:44.2%
  • ・情報セキュリティ:35.1%
  • ・リスク管理:33.8%
  • ・事業企画(M&A・PMI):29.9%
  • ・事業企画(新規事業):29.9%
  • ・システム設計・開発・導入:28.6%
  • ・経営戦略(人的資本/ESG/サステナビリティ等の新経営手法):23.4%
  • ・経営戦略(その他):23.4%
  • ・マーケティング:22.1%
  • ・事業企画(その他):19.5%
  • ・人事・組織設計:14.3%
  • ・クリエイティブ(企画・管理/デザイン/編集/制作等):11.7%
  • ・広報:11.7%
  • ・財務・会計・経理・税務:10.4%
  • ・業務改善:10.4%
  • ・営業:9.1%
  • ・PMO:9.1%

フリーランスのプロ人材を活用しない理由は、第1位「正社員採用を推進しているため」

Q1で「いいえ」とお答えされた方に、「Q4.フリーランスのプロ人材を活用しない理由は何ですか?(複数回答)」(n=818)と質問したところ、「正社員採用を推進しているため」が28.7%、「個人や零細企業との直接契約ができないため」が24.2%、「社内に該当するスキルや知見を持った人材が存在するため」が19.9%という回答となりました。

  • 正社員採用を推進しているため:28.7%
  • 個人や零細企業との直接契約ができないため:24.2%
  • 社内に該当するスキルや知見を持った人材が存在するため:19.9%
  • ・活用方法がよくわからないため:19.2%
  • ・存在を知らなかったため:19.1%
  • ・業務指示の仕方がわからないため:6.8%
  • ・その他:4%

約半数が、フリーランスのプロ人材を活用しない理由が解消されたら、フリーランスのプロ人材を活用したいと回答

Q1で「いいえ」とお答えされた方に、「Q4で回答したような障壁がなければ、フリーランスのプロ人材を活用したいと思いますか?」(n=818)と質問したところ、「とてもそう思う」が11.2%、「そう思う」が34.0%という回答となりました。

  • とてもそう思う:11.2%
  • そう思う:34.0%
  • ・そう思わない:34.5%
  • ・全くそう思わない:20.3%

約3人に1人が「システム設計・開発・導入」や「DX推進」で、フリーランスのプロ人材を活用したいと回答

Q5で「とてもそう思う」「そう思う」とお答えされた方に、「Q6.どのような内容で、フリーランスのプロ人材を活用したいですか?(複数回答)」(n=182)と質問したところ、「システム設計・開発・導入」が34.6%、「DX推進」が28.6%、「情報セキュリティ」が25.3%という回答となりました。

  • システム設計・開発・導入:34.6%
  • DX推進:28.6%
  • 情報セキュリティ:25.3%
  • ・リスク管理:20.9%
  • ・事業企画(M&A・PMI):19.8%
  • ・事業企画(新規事業):19.2%
  • ・クリエイティブ(企画・管理/デザイン/編集/制作等):18.7%
  • ・経営戦略(人的資本/ESG/サステナビリティ等の新経営手法):17.0%
  • ・マーケティング:14.3%
  • ・事業企画(その他):12.6%
  • ・経営戦略(その他):11.5%
  • ・業務改善:9.3%
  • ・人事・組織設計:8.8%
  • ・営業:7.7%
  • ・財務・会計・経理・税務:6.6%
  • ・PMO:6.6%
  • ・広報:6.6%
  • ・その他:4.4%

フリーランスのプロ人材を活用している内容は、「システム設計・開発・導入」が25.3%、「DX推進」24.7%

Q2で「社員教育のため(外部人材より専門知見を学ぶため)」以外をお答えの方に、「Q7.どのような内容で、フリーランスのプロ人材を活用していますか?(複数回答)」(n=182)と質問したところ、「システム設計・開発・導入」が25.3%、「DX推進」が24.7%、「情報セキュリティ」が22.0%という回答となりました。

  • システム設計・開発・導入:25.3%
  • DX推進:24.7%
  • 情報セキュリティ:22.0%
  • ・クリエイティブ(企画・管理/デザイン/編集/制作等):19.8%
  • ・事業企画(新規事業):18.7%
  • ・経営戦略(人的資本/ESG/サステナビリティ等の新経営手法):18.7%
  • ・事業企画(M&A・PMI):16.5%
  • ・リスク管理:15.9%
  • ・事業企画(その他):14.3%
  • ・マーケティング:13.7%
  • ・経営戦略(その他):10.4%
  • ・人事・組織設計:9.3%
  • ・業務改善:8.2%
  • ・営業:7.7%
  • ・財務・会計・経理・税務:6.6%
  • ・PMO:4.9%
  • ・広報:3.3%
  • ・その他:6.6%

約4割が、今後、「システム設計・開発・導入」で、フリーランスのプロ人材を活用したいと回答

Q1で「はい」とお答えされた方に、「Q8.今後はどのような内容で、フリーランスのプロ人材を活用したいと思いますか?(複数回答)」(n=370)と質問したところ、「システム設計・開発・導入」が21.6%、「DX推進」が21.1%、「事業企画(新規事業)」14.1%という回答となりました。

  • システム設計・開発・導入:21.6%
  • DX推進:21.1%
  • 事業企画(新規事業):14.1%
  • ・情報セキュリティ:13.5%
  • ・クリエイティブ(企画・管理/デザイン/編集/制作等):11.9%
  • ・経営戦略(人的資本/ESG/サステナビリティ等の新経営手法):10.8%
  • ・マーケティング:10.3%
  • ・営業:9.2%
  • ・経営戦略(その他):8.6%
  • ・事業企画(M&A・PMI):8.1%
  • ・業務改善:8.1%
  • ・リスク管理:6.8%
  • ・事業企画(その他):5.4%
  • ・人事・組織設計:5.4%
  • ・財務・会計・経理・税務:4.3%
  • ・広報:3.5%
  • ・PMO:0.8%
  • ・その他:6.2%

約8割が、フリーランスのプロ人材活用を他の企業や同僚にお薦めしたいと回答

Q1で「はい」とお答えされた方に、「Q9.フリーランスのプロ人材活用を他の企業や同僚にお薦めしたいと思いますか?」(n=182)と質問したところ、「とてもそう思う」が30.2%、「そう思う」が52.7%という回答となりました。

  • とてもそう思う:30.2%
  • そう思う:52.7%
  • ・そう思わない:14.3%
  • ・全くそう思わない:2.7%

フリーランスのプロ人材をお薦めしない理由は、「業務範囲の整理が難しいため」が35.5%で最多

Q9で「そう思わない」「全くそう思わない」とお答えされた方に、「Q11.フリーランスのプロ人材を他の企業や同僚にお薦めしたくない理由は何ですか?(複数回答)」(n=31)と質問したところ、「業務範囲の整理が難しいため」が35.5%、「単価に見合っていないため」25.8%、「業務管理が難しいため」が22.6%という回答となりました。

  • 業務範囲の整理が難しいため:35.5%
  • 単価に見合っていないため:25.8%
  • 業務管理が難しいため:22.6%
  • ・契約や支払い等の社内手続きが面倒なため:19.4%
  • ・個性が強すぎて、コミュニケーションが難しいため:19.4%
  • ・何を依頼してよいかがわからないため:16.1%
  • ・優秀過ぎて、一緒に仕事がし辛いため:9.7%

まとめ

今年も従業員規模1,000名以上(製造業)、500名以上(その他・サービス業)の会社経営者、正社員・管理職(課長職以上)1,000名に、フリーランス・プロ人材活用実態調査を行いました。


約2割の経営者や管理職の方が、「社内に該当スキルや知見を持った人材が不足」「社員教育のため(外部人材より専門知識を学ぶため)」などの理由から、フリーランスのプロ人材を活用したことがあることがわかりました。対して、フリーランスのプロ人材を活用したことがない企業のうち、フリーランスのプロ人材を活用しない理由としては、「正社員採用を推奨している」や「個人などと直接契約ができない」などがあり、それらの障壁がなければ、フリーランスのプロ人材を活用したいと思っている経営者や管理職の方は約5割いました。また、活用しない理由の「その他」のコメントで「人事権がない」といった回答がありましたが、フリーランスのプロ人材は人事部が採用するのではなく、事業部の予算として活用する企業がほとんどのため、フリーランスのプロ人材の活用方法について詳しく知っていただくことで、企業の人材不足といった課題解決に繋がるのではないかと推測します。


フリーランスのプロ人材を活用したことがある経営者のうち、8割以上が「他の企業や同僚にお薦めしたい」と回答していますが、「業務範囲の整理」などの難しさからお薦めできないといった声も一部あがりました。


スキルや知見をもった人材が不足している「DX推進」といった部分においてフリーランスのプロ人材を活用している企業は増えていますが、まだまだ課題も多くあることが判明しました。これから労働人口は益々減少し、正社員採用が更に難しくなる中、企業がフリーランスのプロ人材の上手い活用の仕方を知る事で、企業の人材不足の解消や事業推進の加速に繋がるのかもしれません。