WORKS/みらいの働き方

これまでの挑戦の蓄積によって「夢が叶った今」がある

PS部

佐藤 梢

Kozue Sato
  • 仕事で自分を試し、自分の根幹を作ってきた

    私は仕事を通し経験を積むことが好きで、20代の頃色々な仕事をしてきました。主なところでは、某テーマパークのキャストや戸籍謄本に関する文字照合の作業、通販サイトのweb校正やライティング。30代に入ってからみらいワークスへ入社するまでの間は、営業アシスタントとして比較的長い間働いていました。また、その合間を縫って日本語教師の学校に通ったこともあります。「語学」として日本語が好きで、いつか勉強したいと思っていたんです。このような経歴をお話すると、よく言われるのは「随分真逆のお仕事をされているんですね」ということ。たしかに自分でもそう思います。なぜそうなったのかというと、「どちらも好きだしやりがいを感じるから」という一言に尽きます。根本的な性質で考えると校正のような集中して進める業務向きなのかもしれませんが、だからこそサービス業では今までにない感覚を得ることができとても新鮮で刺激的でした。

    人には仕事という「責任が発生する状況」だからこそ発揮できる力というものがあり、それを体感することが好きなのかもしれません。とはいえ、これまで働いてきた職場の皆さまには転職時大変お世話になっていますので、感謝の気持ちでいっぱいです。

  • ベンチャー企業だったからみらいワークスを選んだ

    営業アシスタントの時に、アシスタントチームのリーダーとしてメンバー育成も担当していたのですが、その時に「人材育成とは難しいしおもしろいものだな」と興味を持ちました。それをきっかけに人を活かす仕事という観点から人材会社で働いてみたいと思ったんです。

    そして、みらいワークスを見つけ入社させていただくことになりました。

    またもう一つの大きな決定打は、みらいワークスがベンチャー企業だったこと。ベンチャー企業であれば自然と経営者層が近くにいる状態になり、その環境が良いと思っていたんです。というのも、営業アシスタント時代にクライアントと直接やり取りすることが多く、経営に近いところにいる方ともお仕事させていただいていたのですが、その時「意思決定権を持つ人のそばで働くのはおもしろいし勉強になる」と感じました。ベンチャーであるみらいワークスなら、日常的に社内の経営者層の人たちと接点を持ちながら働けるかもしれないと思い、ここを選んだんです。

    そして実際に入社し、チームのみなさんと切磋琢磨しながらそれはそれは色々な新しいことをやってきました。私が入社したのは今から約3年ほど前ですが、その頃のみらいワークスは創成期を少し抜けたくらいの時期。私が所属しているチームの会議に代表の岡本が参加している時期だったので、経営者の考えを聞きながら働くという望みも叶いました。あれから時が経ち、今はまた次のフェーズへと進んでいますが、「あれから〇か月しか経っていないのか」と思うような、挑戦や変化に富んだ毎日を過ごしています。

  • 自己成長の機会の多さはダントツNo.1。キーワードは「変化」。

    今担当している主な業務は、当社のサービスサイトやSNSの更新です。それにまつわるwebライターやコンテンツ作成のディレクション業務などを全般的に担当しています。私がこの仕事を担当させていただくことになった経緯は、自ら「ライターをやりたい」と志願したことと、会社側がこれまでの職歴からこの仕事に挑戦させてみようと思ってくれたこと。過去にライターとしての経験は一応あったものの、プロとはとても言えない私に挑戦する場を提供してくれた会社には、とても感謝しています。

    今、仕事を通して日々webやライティングについて学ぶことができているこの環境は、みらいワークスだからこその良さだと思っています。当社の行動指針「みらイズム」に「挑戦」とありますが、ある意味、会社も私にライターをやらせてみようという挑戦をしているのかもしれません(笑)。

    みらいワークスは今年で7周年を迎え8年目を走っているところですが、まだまだ日々新しいことを始めています。何もないところから土地を開墾し土壌を整えて、軌道に乗せていく・・・という作業も発生します。一度決まったことが変化していくスピードも大企業にくらべてとても速いです。そういう環境を「おもしろい」と思えるか「大変」と感じるか。おもしろい、楽しいと思えるタイプの人はきっとみらいワークスに魅力を感じると思います。

    私自身、実は速いスピードで物事が変化していく事が苦手でした。しかしみらいワークスに入社しその受け皿が大きくなったような気がします。たとえ動じることがあったとしても、慌てなくなったというか・・・これは自分にとって嬉しい変化でした。これまでずっと大企業や安定した環境にいた方がみらいワークスで働いたら、きっと「引き出しの数が増える自分」を感じることができると思います。

  • mirai
    People

    久野 芳裕

    Engagement部

    マネージャー

    Yoshihiro Hisano

    心臓外科医から人材紹介会社へ転職。柔軟な働き方を応援してくれる会社で目指す、日本の医療業界の“働き方改革”。

    もっと読む
  • mirai
    People

    加藤 祐樹

    Engagement部

    Yuki Kato

    一つの考えに染まらず、広い視野を持ち続けたい。これが私の「働き方改革」。

    もっと読む
  • mirai
    People

    塘 浩司

    Engagement部

    Koji Tsutsumi

    週4日のライスワークが、収入も人脈も支えてくれる。“週1日社長”として活動する私の最適な場所。

    もっと読む
  • mirai
    People

    池田 真樹子

    経営企画部

    部長

    Makiko Ikeda

    挑戦、主体性、チームワーク・・・“みらイズム”を体現する女性プロフェッショナルが「ぶれない目標」と「自分では選択しなかったであろう役割」から得たこととは。

    もっと読む