WORKS/みらいの働き方

みらいワークス採用情報をご覧の方へ

岡本祥治

Nagaharu Okamoto
  • 自分の働き方を選べる時代に

    いま「働く」ということに対して、新しい価値観を持つ人が増えてきています。
    終身雇用を前提とした会社の仕組みや社会システムはこのままでは立ちゆかない可能性が高くなっています。また日本を代表するような大企業が業績不振に陥り、倒産や外資系企業による買収、あるいは大規模なリストラを実施するといったニュースも珍しくありません。
    会社が社員を守ってくれる時代は終わりを遂げ、一人ひとりが自らの価値観に沿って働き方を選択する、そんな時代になったのです。
    2016年に発売された「LIFE SHIFT」がベストセラーになり、この本で描かれた「人生100年時代」という概念が日本中で使われるようになりました。
    人々の寿命が延びる一方で、AIやロボットの実用化など時代の変化はますます加速し、一生同じ仕事をする、同じ会社で働き続けるといった旧来の働き方は通用しない時代に突入しました。100年人生をどう生きるのかが問われる時代になったのです。

  • プロフェッショナル人材のためのプラットフォームを創る

    我々「みらいワークス」はその社名の通り、世の中に新しい働き方を提案し続けなければなりません。経済産業省のデータによると、日本国内で広義のフリーランスとして活動する人は1100万人いるそうです。そして日本国内に有料職業紹介(人材紹介エージェント)を営む会社は約2万社ありますが、フリーランスなど新しい働き方をサポートする企業はまだまだ少ないのが実態です。新しい働き方を実践する人が増える中で、その働き方をサポートする社会インフラが今必要とされています。
    プロフェッショナル人材が雇用という働き方にとらわれず、独立・起業も含めた働き方を、自らの価値観に沿って選択する社会。プロ人材が自らのライフステージに合わせて柔軟に働き方を選択できる社会。みらいワークスのビジョンである「プロフェッショナル人材が挑戦するエコシステムを創造する」という世界観を実現するために、みらいワークスはこれを支えるプラットフォームとなって参ります。

  • 「みらい」に挑戦したい方へ

    日本が元気になるためには、日本の経済がより発展するためには、「みらいの働き方」を普及させることが不可欠です。そしてみらいワークスで働くということは、日本に「みらいの働き方」を広げていくこと、そのものです。
    世の中の「変化」をどのように前向きにとらえ、そしてどのような「挑戦」に取り組むのか。みらいワークスで働く一人ひとりが「主体性」と「チームワーク」を発揮して、会社としての/個人としての「挑戦」に取り組む。そしてプロフェッショナル人材やクライアントとの「持続的な関係」を築き、皆で一丸となって「日本を元気に」する。
    みらいの働き方を実践する社会を一緒に創造していきましょう。