WORKS/みらいの働き方

人生100年時代の武器「適応力」は、慣れ親しんだ環境をあえて捨てることで手に入れる。

PS部

上坂 武

Takeshi Kosaka
  • 転職する気はなかったけれど、学びを得るため面接へ。それがみらいワークスへの転職のきっかけ。

    大学時代からマーケティング、特に広告周りに興味があって、当時急成長していた某大手インターネット専門の広告代理店へ入社しました。最終的な夢は「事業会社のマーケティング部門で働くこと」だったので、そのためにはネット広告などの知識が必要だろうと思い、知識をつけることを目的に修行としてその企業を選びました。

    会社で一番のクライアント様を担当していたこともあり、とにかく忙しい毎日。成長したと感じる余裕もなくいっぱいいっぱいでしたが、ひたすらクライアント様のために精一杯頑張るという毎日を過ごしていました。その頑張りあってか、とある人材関連の企業から声を掛けてもらい、念願の事業会社のマーケティング部門へ転職することができました。

    大手なので広告に対する予算額なども大きく、ネット広告を複数実施したり、電車の中吊りなどの交通広告の他、ラジオやテレビ広告などを取り扱い、非常に貴重な経験ができました。

    その後、そこからまた他の企業に転職し人材業界で経験を積んできたのですが、ある日以前登録していたエージェントからご連絡をいただき、それがきっかけでみらいワークスへ転職することになりました。その時転職は特に考えていなかったんですが、エージェントから「代表取締役の岡本さんと話せますよ」とお誘いいただき、代表と話せるならば何か学びを得られるかもしれないと思って、お会いすることにしました。

    実際にお話しして、事業の考え方や今後進んでいきたい方向性などにとても興味を持ちました。そして、みらいワークスが課題だと感じていることに対し、私にも手伝えることがありそうだな、面白そうだなと感じ、転職を決意しました。

  • 「日本を元気にする」その大きな流れに貢献できるのが、みらいワークスで働く魅力のひとつ。

    これからの日本は、フリーランスをはじめ働き方の多様性はきっと高まっていくでしょう。でも、その多様性に対しすべてを対応できる人材会社はまだ存在していないはず。それをできる会社を目指し作っていこうとしているのがみらいワークスで、その過程が面白そうだとワクワクしています。

    と同時に、「プロフェッショナル人材の新しい働き方」を世の中に広め、メジャーかつ必要な働き方として一般化させていくことを実現するのもとても興味深い仕事です。そのような、代表の岡本の考え方には強く共感しています。

    プロフェッショナル人材が持つノウハウで、人や企業が持つ課題を解決させる。それが企業の力となり、ひいては国力向上にも繋がり、日本のみらいを元気にするんです。その大きな流れの一つに貢献できるのが、みらいワークスで働く魅力と言えるのではないでしょうか。「こんな働き方もあるんだよ」と、これまでの概念にとらわれない働き方を広げる活動をしていきたいですね。

    私は広報・マーケティングチームのリーダーとして働いていますが、具体的なミッションは、みらいワークスそのものと、当社のサービスを適切に認知してもらい利用者を増やすこと、そのための戦略を作ることです。

    その戦略の資本となるのは、みらいワークスの案件に参画してくださっているプロフェッショナル人材の皆さまや、営業の人たちが稼いだお金です。そのお金を元手にして、チームのメンバーと共に戦略を実行するわけですが、その中で私の役割は、事業が加速できるように方向性を定めること、チームのメンバーがパフォーマンスを最大限発揮できる環境を作ることです。お金をいかに有効に使い、広報・マーケティングチームとして結果を残していくか。そのために管理をきちんと行なうことも重要なミッションだと思っています。

    とはいえ、当チームは広報とマーケティングのスペシャリストが多いので、多くのことはお任せできると安心しています。これからさらに活動を活性化させ、売り上げに貢献できるサイクルを作っていきたいと思います。

  • 転職回数5回。「引き出しの多さ」が私の売りポイント。

    まだ入社して数か月なのですが、チームのメンバーから「前からいるみたい」「馴染んでいるね」とよく言われます(笑)。でもそれは私自身がどうこうしたものではなく、周りの人たちが馴染みやすい環境を作ってくれているからです。こういう文化や社風はみらいワークスの良いところだなと思いますね。

    皆さん忙しいですが、わからないことを聞いたり面倒をかけてしまう時でも、積極的なスタンスで回答してくれますし、お願いごとをすると精力的に動いてくれるなど、一緒に事業を作っていく仲間として良い人たちが揃っているなという印象です。いわゆる「ベンチャー企業」というイメージを持っていたのですが、実際はベンチャーというよりも、経験豊富な人が集まる学びのある環境だなと感じています。

    みらいワークスは、日本の変化や働き方の多様性に合った事業や市場、世界観を作っていく会社なので、新しいものを作ることに興味がある人にとってとても魅力的な場所なのではないでしょうか。会社を大きくしていく今のフェーズだからこそ、より一層馴染みやすいのもメリットですね。

    実は、みらいワークスは私にとって5社目の会社なんです。一般的には転職回数の面でよくないと言われてしまう経歴かもしれませんが、私自身はネガティブには感じていません。「人生100年時代」と言われている今、きっと定年の年齢も延びることでしょう。仮に80代まで延びた場合、一つの会社や決まったことだけをやっている人生は面白みに欠けるのではないかと思うんです。それに、60代になって急に会社から契約終了を言い渡されても、一つのことしかしていなかったり、一つの環境にしかいたことがない場合、そこから適応力を広げるのは苦労するだろうなとも思います。

    考えあっての転職であれば、メリットも大きいのではないでしょうか。どんな環境にも馴染めるコミュニケーション能力を身に着けることや、さまざまな業態、規模の会社を経験し自分の引き出しを増やすことは「適応力の醸成」につながります。これからの日本は、労働人口の減少やAIの発達の中で、人に求められることが多様化していくと思っています。その時複数の会社で色々な経験をしていることはきっと強みになるはず。私自身、色々なタイプの会社で働いてきたことは大きな価値を生んでいると思います。

    「自分を変える」「慣れ親しんだ環境をあえて捨てる」。そうして新しい環境に飛び込み適応力を付けるという視点で物事を考えてみる。転職する時は、もちろん迷ったり悩んだりするものですが、そういう視点から見てみるのも考え方の幅が広がりますよ。

  • mirai
    People

    久野 芳裕

    事業企画推進グループ

    マネージャー

    Yoshihiro Hisano

    心臓外科医から人材紹介会社へ転職。柔軟な働き方を応援してくれる会社で目指す、日本の医療業界の“働き方改革”。

    もっと読む
  • mirai
    People

    塚田 真仁

    Engagement部

    Shinji Tsukada

    目指すは“仕組みづくりの専門家”。多彩な人たちが活躍できるみらいワークスにするために、仕事の型となるプラットフォームを創りたい。

    もっと読む
  • mirai
    People

    加藤 祐樹

    Engagement部

    Yuki Kato

    一つの考えに染まらず、広い視野を持ち続けたい。これが私の「働き方改革」。

    もっと読む
  • mirai
    People

    石井 まゆみ

    広報・Promotion

    マネージャー

    Mayumi Ishii

    「プロフェッショナル人材と言えばみらいワークス」。新しい働き方の社会インフラのプラットフォームになれるよう、広報マネージャーの挑戦は続く。

    もっと読む