WORKS/みらいの働き方

「人」を扱う仕事の難しさ、楽しさ、そしてやりがい。奮闘しながら一歩一歩確実に成長する、元駅伝選手がスポーツから学んだ働き方とは

Engagement部

金澤 達也

Tatsuya Kanazawa
  • システム導入を推進する企業から、畑違いの人材紹介会社への転職。そのきっかけは、「“人材”へのニーズの高さ」に気が付いたことだった。

    みらいワークスに入社する前は、飲食店向けの受発注システムに関する仕事をしていました。飲食店は青果店などから食材を仕入れるわけですが、これまで電話やFAXなど注文方法が煩雑になっていたところを、システムを導入して一元化しましょうというものです。私は、このシステムの導入を決めて下さった業者の方々に、使い方などを説明させていただく役割を担っていました。
    ここで新卒から5年間勤めたのち、みらいワークスへ来ました。みらいワークスは人材を扱う会社なので、前職とは全くの畑違いです。ではなぜ異業種である人材関係の会社に勤めることにしたかというと、前職での仕事を通じて「“人”ってニーズがあるんだな」と分かったことがきっかけでした。前職で取り扱っていたシステムを導入したい理由は「人の工数を削減したいから」ですが、裏を返せば人が必要な場面がたくさんあるということです。そこで、人材業界に興味を持ち始め転職活動をし、みらいワークスへ入社することになりました。

  • みらいに向かって加速度的に変化するこの会社で、「パイオニアだから得られる経験」を手にしたい。

    転職活動中、みらいワークス以外の会社を知る機会もたくさんありましたが、最終的にみらいワークスを選んだ理由は「まだ誰もやっていないことを一番にやる」というビジネスモデルに強く惹かれたからでした。既存の物を売る仕事は、当然先駆者がいます。そのやり方を踏襲するというのもひとつの勉強ですが、私は新しい取り組みに関わってみたいと思いました。まだ世の中にないものを、自分の力で売っていく。それが世の中にどう浸透していくのか、どれだけ伸びたのかを見るのことって、成長度合いを客観的に見るのにとても分かりやすい指標だと思ったんです。だから、新しい取り組みをしているみらいワークスで挑戦してみようと決めました。
    弊社は昨年末にIPOしたのですが、やはり会社が受ける印象は大きく変わるようです。これまでやり取りのなかったクライアントの方々からご連絡をいただいたり、「プロフェッショナル人材を紹介してほしい」というご依頼そのものも増えています。会社が新たなステップへと挑戦を進めるフェーズを一緒に過ごせたというのも、とても貴重な経験になりました。みらいワークスはどんどん新しい挑戦をする会社ですので、これから先もきっと色々な取り組みが行なわれると思います。てもワクワクしますし、自分も携わっていきたいです。

  • 営業とマラソンの共通点は“コツコツ”頑張ること。積み上がった後に見えてくるもの、それはまさに自分を映す鏡。

    みらいワークスに入社し〇年が経ちました。本当にたくさんのフリーランスのプロフェッショナル人材の皆さんと関わらせていただきましたが、「人」を扱う仕事というのは本当に勉強になると実感しています。「自分はこういうプロジェクト経験があって、こういう領域が得意。報酬は〇〇円くらいを希望します」という入り口の会話がありますが、それを越えられた時、この仕事のやりがいを感じられるんです。踏み込んで会話をしていき、「実はこれからこういう予定があって、だからこれくらいの報酬を希望しているんです」と腹を割って話してくれた時、「あなたと私」というか、体温を感じるお付き合いを始めることができたと嬉しくなります。私も「それならなおさら頑張らないと」とクライアントとの交渉にも熱が入りますし、それを感じたプロフェッショナル人材の方も、“プロジェクトを成功させる”という形でお返ししてくれるのです。仕事をすればするほどそういう“絆”や“信頼関係”が生まれ、この仕事をしていてよかったなと思います。
    私は、中学からずっと長距離走をやっていて、大学では駅伝をやっていました。今でも、自分でサークルを立ち上げて代表として活動しているくらいのスポーツ好きです。そんな背景もあって、今後スポーツ事業を行なっている企業にアタックしていきたいと思っています。今まさにコツコツと人脈を広げているところです。そう、スポーツも今やっている仕事も“コツコツ”が共通点だなと感じますね。長距離も、毎日地道にトレーニングを続けるからこそ結果がついてくる。逆に言えばさぼったらさぼった分だけ結果に跳ね返ってくるんです。スポーツで身に着けた“コツコツ”の精神を大切にして、これからも新しいことに挑戦していきたいと思います!

  • mirai
    People

    石井 まゆみ

    広報・Promotion

    マネージャー

    Mayumi Ishii

    「プロフェッショナル人材と言えばみらいワークス」。新しい働き方の社会インフラのプラットフォームになれるよう、広報マネージャーの挑戦は続く。

    もっと読む
  • mirai
    People

    高橋 詩依

    経営企画部

    Shiori Takahashi

    「長い、私のための人生だから」納得ができる道を自分で作りながら前に進んできた。その先にみらいワークスがあった。

    もっと読む
  • mirai
    People

    上原 崇広

    管理部

    マネージャー

    Takahiro Uehara

    みらいワークスは、“仕事への理解を深める挑戦”をトコトン応援してくれる会社。

    もっと読む
  • mirai
    People

    福本 信介

    Engagement部

    Shinsuke Fukumoto

    “チームワーク”が支える、ITのプロフェッショナルが目指す次なる挑戦とは

    もっと読む