WORKS/みらいの働き方

経理のプロを目指す!道のりは長いけれど、全力で応援してくれる仲間がいる。この会社でならきっとやり遂げられる。そう確信している。

管理部

永田 智子

Tomoko Nagata
  • キャリアアップの限界を感じて転職活動を開始。経理系で仕事を探し、巡り合ったのがみらいワークスだった。

    みらいワークスに入社する前は、主に大手企業で証券事務として働いていました。証券外務員の資格も持っています。住所変更や顧客口座の相続といった手続き関係を担当していたのですが、全体の流れのごく一部にしか関われないことに、物足りなさを感じていました。途中、一度会社は変わりましたがトータル4年間証券事務として働いたので“やり切った感”もあり、また証券事務は担当する作業の範囲が狭く、キャリアアップの面でも限界を感じていたため、転職活動を始めました。その一環として簿記を勉強し始めたのですが、それがとても楽しくて!数字を合わせていったときに、貸借が絶対に合う。どんなものでも最後にはすべて合うようにできていて、合致した瞬間がとてもすっきりして気持ちがいいんです。そのような経緯で「経理をやりたい」と思うようになり、経理で仕事を探していたところ巡り合えたのがみらいワークスでした。

  • 大手企業からベンチャー企業へ。得たものは“常識は共通認識ではない”という気づきと、“チャレンジできる環境”。

    みらいワークスを選んだ理由のひとつに、「経験のないことに挑戦してみたい」という思いがありました。たまに「大手企業からベンチャーへの転職に抵抗はなかった?」と聞かれますが、私の場合は「部分的に担当するのではなく、全体を知りたい」「幅広く挑戦してみたい」という思いがあったので、一人ひとりの業務分担が広いベンチャーへ転職することに抵抗は感じませんでした。そして実際に転職したわけですが、大きな気づきだったのは「自分の中の常識が、世の中すべての常識ではなかった」ということ。“常識”という言葉はとてもあいまいなもので、基準があるようでないんですよね。いつの間にか当たり前のように「自分がいた世界の常識」が世の中の共通認識であるような感覚になっていました。入社して、馴染みのないこともたくさんあり戸惑う時もありましたが、柔軟に対応していかなければと思い、自分を変えていきました。
    管理部に所属し、経理以外にも労務管理などの業務も担当していて、好奇心旺盛な私にとっては色々なことにチャレンジできて毎日楽しく過ごせています。システム化などのインフラはやはり大企業の方が整っていますが、その代わりベンチャーは、今整備中だからこそ自分で変えられるというメリットもあります。繁忙期は大変ですが、充実した毎日を送れています。

  • 「獅子の子落とし」方式で育ててくれるから“本当の自分の力”を身に着けられる。「運命」と思えるこの場所で、キャリアアップを目指す。

    当面の目標は、まず経理を極めることです。そもそもやるべきことがたくさんある中で、それをこなしつつ新しいことを覚えなければいけないので、道のりはまだまだ長いです。
    経理なので、数字に差異が発生した時にズレの原因を求めるのですが、これが結構大変な作業なんです。チームの中にはその求め方がわかっている方もいますが、あえて私ひとりで対応しています。そうしないと、私が成長できないからです。要領をつかみ自分のものにするために温かく見守り手は出さない、でも困った時には全力でサポートしてくれる。私がいる部署はそんな環境です。
    今のチームの上長や先輩には面接の時に初めてお会いしたのですが、その時すごく「この人たちと一緒に働いてみたい!この人たちの仕事を見てみたい!」と思いました。緊張で舞い上がる私に、とても優しく冷静に、対等な目線で話してくれたんです。きっと、上の人がこういう人たちなら、現場の人たちも似た雰囲気なのだろうなと思って・・・それがみらいワークスで働きたいと思った理由です。その後みらいワークスに入社し「毎日仕事が面白い」と思いながら過ごしているので、あの時に感じた「この人たちと働きたい!」という直感に間違いはありませんでした。
    みらいワークスは、「社長」「部長」とは呼ばず、みんな「〇〇さん」と呼びます。社歴や年齢に関係なくきちんと話を聞いてくれますし、本当にフラットな社風だと感じます。
    実は、“みらいワークス”と初めて聞いた時に、「どこかで聞いたことがある・・・」と既視感のようなものがありました。転職を数回経て今ここにいるのは、「運命なのでは!?」と思っていたりします。この運命の場所で、経理のプロフェッショナルを目指してキャリアを積み、今後は新しい分野についても勉強していきたいです。時間はかかるかもしれませんが、この会社なら叶えられると思っています!

  • mirai
    People

    永妻 寛哲

    経営企画部

    Hironori Nagatsuma

    “人生100年時代”に、子育てパパがパラレルワークを選んだ理由。

    もっと読む
  • mirai
    People

    金澤 達也

    Engagement部

    Tatsuya Kanazawa

    「人」を扱う仕事の難しさ、楽しさ、そしてやりがい。奮闘しながら一歩一歩確実に成長する、元駅伝選手がスポーツから学んだ働き方とは

    もっと読む
  • mirai
    People

    塚田 真仁

    Engagement部

    Shinji Tsukada

    目指すは“仕組みづくりの専門家”。多彩な人たちが活躍できるみらいワークスにするために、仕事の型となるプラットフォームを創りたい。

    もっと読む
  • mirai
    People

    印南 邦夫

    Engagement部

    Kunio Innami

    企業と人材を「繋ぐ」、若手営業とベテラン営業が気持ちを「繋げて」活動する・・・ 「人との出会いが好き!」な営業が作り出す、さまざまな“Engagement(エンゲージメント)”とは

    もっと読む