WORKS/みらいの働き方

IT畑のプロフェッショナルが“人生100年時代”に向かう次なる目標とは

Engagement部

加藤 幹成

Yoshinari Kato
  • 時代の先を見てIT業界への就職を決意。その後早期退職を選び、フリーランスの道に。そして縁あってみらいワークスへ。

    最初に入社したのはとあるIT企業で、そこでプログラマーやシステムエンジニア、プロジェクトマネージャーなど色々な職種で35年近くお世話になりました。もともと大学では土木工学を専攻していたのですが、「これからの時代、コンピューターの方が価値が出るのではないか」と思い、IT企業を選んだのです。それから充実した毎日でしたが、ある年齢になってくると現場から離れて働く機会が多くなり、もともとプログラマーやエンジニアになりたかった私は気持ちが満たされなくなってきました。そして「やはり現場に近いところの業務をやりたい」と思い、56歳で早期退職してフリーランスとして働き始めました。それから4年ほど、フリーランスでプロジェクトマネージャーとして活動しており、その最中に知人を通じてみらいワークスを知ることになったのです。それまでは知り合いを通じて案件を獲得していたのですが、「働く先を広げられれば」という思いで“FreeConsultant.jp”に登録。案件をご紹介いただく中で、紹介先のひとつにみらいワークスがあり、ここで働くことになりました。

  • 「私がやりたかったのはこれだ!」みらいワークスと自分のビジョンが見事に合致。

    56歳での転職だったので、自分が希望するプロジェクトマネージャー職での仕事がすぐに見つかるかというと、正直なかなか難しい部分がありました。だから、やりたい仕事をやる近道として、フリーランスという働き方を選んだのです。では、なぜみらいワークスに参画しようと思ったかというと、私が最終的にやりたいと思っていたことと、みらいワークスのビジョンが見事に合致したからなのです。
    私には「自分がフリーになって成功したら、自分の周りにいるプロフェッショナル人材を活かすような会社を立ち上げたい」という目標があったのですが、みらいワークスで話を聞いたらそれと非常に近い考えを持っているとわかって。「私がやりたかったのはこれだ!」と思い、入社に至りました。
    みらいワークスに参画し、毎日が楽しいですよ。自分で会社を興すところまではいきませんでしたが、やりたかったことを具現化できていますから。プロフェッショナル人材の方や、クライアントの皆さまとお話させていただいている時が一番楽しいです。
    会社と私のビジョンが一致しているから、「みらいワークスをもっと良い会社にしたい!」という思いも自然と強くなります。私のこれからの目標は、みらいワークスを超一流企業にすること。超一流企業の条件はさまざまあると思いますが、私は“会社に関わる人たちが幸せを感じられる”ことが大切だと考えています。プロフェッショナル人材やクライアントの皆さま、株主の皆さまの幸せはもちろんのことですが、その皆さまのプラットフォームとなる会社で働く我々従業員や、その家族がまず幸せであることが基本なのではないでしょうか。会社にいて“幸せ”と感じることは“仕事が好き”という気持ちにもつながっていると思うのですが、そういう気持ちがあるかどうかで発揮する力の大きさに違いを生みますよね。だから“従業員の幸せ”があってこそ、色々な物語が始まるのではないかなと思うのです。

  • やりたいことをやり、楽しいことを考える。みらいワークスで実現する、豊かに生きるシニアパートナーの“人生100年時代”とは

    フリーランスで働き始めたのが56歳、そして現在は61歳になりました。各職場ではもちろん年齢的に上になることが多かったですが、あまり気にしたことがないですね。プロジェクトマネージャー職をしていると、年配の方や役員の方とコミュニケーションを取る機会も多いので、むしろやりやすさを感じていました。
    年齢を重ねた今、みらいワークスで働く若い仲間から、エネルギーやパッションをたくさんもらっています。年齢的・身体的に若くなるのはなかなか難しいことですが、精神的に若さを保つことはできますよね。私にとっては、営業やPromotionチーム、管理部や経営企画部など、会社のみんなの元気が私のパワーの源です。みらいワークスには私と同世代のメンバーが他にもいて(Engagement部/印南 邦夫)、その方は若手営業のメンバーと二人三脚をしていて、良いバランスで活動しています。私もそのような存在になれたらとても嬉しいですね。
    こんな風に夢中になって働けるのも、健康だからでしょう。私の母親はとてもおおらかな人だったのですが、その気質を譲り受け私自身も楽天家です。仕事が終わって家路を辿る時「明日のランチは何にしよう?」と考えたり、毎週末やっているサッカーでは、前日の夜ワクワクして眠れないほど!仕事もプライベートも、やりたいことをやって楽しいことを考える。それも健康の秘訣かもしれません。“人生100年時代”とも言われている今、大好きなみらいワークスで、これからも充実した毎日を過ごしていきたいと思います。

  • mirai
    People

    久野 芳裕

    Engagement部

    マネージャー

    Yoshihiro Hisano

    心臓外科医から人材紹介会社へ転職。柔軟な働き方を応援してくれる会社で目指す、日本の医療業界の“働き方改革”。

    もっと読む
  • mirai
    People

    塚田 真仁

    Engagement部

    Shinji Tsukada

    目指すは“仕組みづくりの専門家”。多彩な人たちが活躍できるみらいワークスにするために、仕事の型となるプラットフォームを創りたい。

    もっと読む
  • mirai
    People

    上原 崇広

    管理部

    マネージャー

    Takahiro Uehara

    みらいワークスは、“仕事への理解を深める挑戦”をトコトン応援してくれる会社。

    もっと読む
  • mirai
    People

    石井 まゆみ

    広報・Promotion

    マネージャー

    Mayumi Ishii

    「プロフェッショナル人材と言えばみらいワークス」。新しい働き方の社会インフラのプラットフォームになれるよう、広報マネージャーの挑戦は続く。

    もっと読む