みらいワークスに入社を決めた理由や入社前後のギャップなどについて、
2017年度に入社した社員に聞きました!

みらいワークスを選んだ理由は?

みらいワークスを選んだ理由

前職では部署内の経理に携わっていました。さらに経理のスペシャリストになりたいと考え、簿記等の勉強をしていたところ、ご縁があり、みらいワークスへ入社することになりました。 また、法学部出身のため法務の勉強もしていたので、みらいワークスの管理部では両方に関わることが出来ると聞き挑戦してみたいと思いました。

みらいワークスの最初の印象は?

個人で挑戦しているプロフェッショナル人材をサポート

面接の時『上からではなく、対等に接してくれている』という印象を受けました。岡本社長が会社のビジョンを話されている時も、説明される姿に『理解してもらおう』という気持ちを感じ、とても共感しました。また、個人で挑戦しているプロフェッショナル人材をサポートすることに、社会貢献度も高いと感じました。

入社して感じたことを教えてください

みらいワークスに入社して感じたこと

まずスピードの速さの違いを感じました。前職は会社規模も大きく仕事が細分化され、特に経理はルーチンワークが多く、決められた業務のみになりがちでした。みらいワークスに入社してからは、業務の幅も広がり、期限に向けてスケジュールや効率を考えるようになりました。また、裁量権を持たせてもらえたことも、責任と同時にやりがいを感じています。

今後ご自身はどうなっていきたいですか?

今後の目標

まずは経理のスペシャリストを目標としていますが、法務に携わるチャンスもあるので、経験したうえで将来のキャリア観が変わるかもしれません。みらいワークスにはさまざまなバックグラウンドを持った先輩がいるので、皆さんの良いところを吸収していきたいです。

 

採用への応募はこちら