みらいワークスに入社を決めた理由や入社前後のギャップなどについて、
2017年度に入社した社員に聞きました!

みらいワークスを選んだ理由は?

企業とフリーランスで活躍されているコンサルタントの方とのマッチング

私は、新卒で入社した会社で法人営業を長く経験しました。その後、前職までコンサルティングファームを数社経験したので、エージェントからもコンサルティング会社の案件紹介が多かったのですが、その中でみらいワークスの人材コンサルタントの紹介がありました。人材コンサルタントについては知見がなかったのですが、“企業とフリーランスで活躍されているコンサルタントの方とのマッチング”という仕事に興味を持ち、面接を受けました。面接でさまざまな話をお聞きする中で、今までの法人営業やコンサルタントとしての経験、両方のキャリアが活かせると思い、入社を希望しました。

入社の決め手は?

入社の決め手

転職活動中の面接で、必ず『その会社の課題』について質問していたのですが、他社を受けた際面接官の一人に「当社の課題よりも、塚田さんが何をしたいかです」と言われ、違和感を覚えました。事業の構想が既に明確にあれば自身で起業すれば良いわけですし(笑)それに対し、岡本社長はビジョンや課題が明確で、会社の理念に共感できる人に入って欲しいとはっきりと言われ、私の経験とスキルが貢献できるのではないかと考え入社を決めました。

入社して感じたことを教えてください

ITやクライアント企業様の業務を深く理解

ITやクライアント企業様の業務を深く理解していないと難しいと思います。日々進歩していく領域であるため、キャッチアップのスピード感は重要で、ネットや本で調べたり、社内で詳しい人に教えてもらうなど、常に走りながら知見を広めています。みらいワークスの事業は、発展途上にあるこれからのビジネスだと思っているので、失敗しながらでも創り上げていくことにやりがいを感じています。

今後ご自身はどうなっていきたいですか?

自身の目標

私は、プロセスや仕組みを創るところから確立するまでを、一緒にやっていきたいと思っています。コンサルタントの立場で他社の組織作りには携わってきましたが、『中に入って自分も一員として一緒に』という経験はあまりないので、そのような経験ができることも大きいです。

 

採用への応募はこちら