先日、弊社代表の岡本が神田祭でおみこしを担ぎました!
(詳細はこちらへ:『祭と「変化」。』http://freeconsultant.jp/ceo_blog/18044

みなさんの中にも、担がれたことがある方がいらっしゃるかと思いますが、
「わっしょい!わっしょい!」の振動で、担ぎ棒が肩に当たり赤くなったり結構痛いんですよね。
でも、お祭りで高まっているテンションで、その痛みすら心地よいというか・・・

お祭りといえば夏!のイメージがあったのですが、そうとも限らないのですね。勉強になりました。

江戸時代から続くこのお祭り。一体何人の人がこの道で、おみこしをかついだのでしょう。
思わず、遠い遠い古えに思いを馳せてしまいますね・・・。