マーケ広報meetup 2017のご報告、第4弾。これでラストです。

最後にご紹介するのは、KDDI株式会社の中東孝夫さんによる『ブランディングはもはや宣伝部の仕事ではない』のご講演についてです。

IMG_8943

IMG_8947

中東さんのお話で印象的だったのは、“第三者による好意的なレッテル”というもの。

中東さんがIBMにお勤めだったころのお話です。
採用が決まったことをお父様に報告されたところ、「IBMなんてすごい!」という反応をされたそうです。

そこで中東さんはギモンをもちました。
「うちの父親はIBMの製品なんて知らないはずなのに、どうしてその会社に入社することを「すごい」と思うのだろう?」

お父様の答え:「新聞や雑誌に書いてあったから」

これが、“第三者による好意的なレッテル”です。
「詳しくは知らないけど、新聞や雑誌で見かけるものだから、有名だし良いものなのだろう」という感じでしょうか。
会社にとって、この“レッテル”はとても強いですよね。良いイメージがひとり歩きして、まるでポンポンと花が咲いていくようです。フェイスブックの拡散にも似ていますね。

みらいワークスの広報として働いて、“日本のみらいを元気にする”を実現するため、世の中のみなさんにもっと弊社を知っていただくにはどうしたらよいだろうと日々考えています。

今回のお話を伺い、宣伝は自分たちだけの口や手を使ってするのものではなく、それを伝えた相手の方からさらに外側へお話が広がる。そうやって広く大きく伝わっていくのだと感じました。
(ですので、フェイスブックのシェアは大歓迎です!)

IMG_8955

そして、すべて終了したあとは、飲み物と一口カツサンドをいただきながらの交流会です。
(このサイズだと食べやすいですね。これも広報として、メモメモ!)
今回講演をされた方をはじめ、色々な会社の広報の方々とお話をすることができました。

勉強になり、人と人とのつながりができたとても素敵な会でした!

IMG_8961