後編:インターンが突撃インタビュー!「面接は〇〇〇〇の場である」とは?

後編:インターンが突撃インタビュー!「面接は〇〇〇〇の場である」とは?

前回の記事、『前編:インターンが突撃インタビュー!新卒採用担当者に聞いた「みらいワークスを選んだ理由」』は、もうご覧いただけましたでしょうか?

突撃インタビュー後編、今回は就活生の皆さんへのメッセージを聞かせていただきました。

————————–

「面接は〇〇〇〇の場である」

Sさんが就活生だったときから変わらない考え方、それは「面接は相互理解の場である」ということ。Sさん自身、そのような意識を持って就活に取り組んでいたそう。

この考え方が、みらいワークスでの採用活動にもつながっています。
例えば“新卒説明会”。説明会の後に、社員と密に話せる「座談会」の場を設けているのですが、学生3人に対して社員が1人つく、まさに「相互理解の場」です。
また他にも「カジュアル面談」という場も設けられていて、できるだけリラックスした自然な状態で過ごせる環境を作り、お互いがお互いを理解できるよう工夫しています。

このように、お互いの為になる採用の場を作るべく、日々奮闘しているSさん。
就活生へのメッセージをお願いします!

「皆さんの親御さんや周りの社会人の方々が就活していた頃と比べ、世の中は変わってきています。大手企業だから安心だとか、この業種だから安定だとか、かつて当たり前だった感覚が、いつの間にか当たり前ではなくなってきたと感じます。会社よりも個人の寿命が長くなっていると言われるような時代ですので、一生同じ会社で勤めていくという価値観も今では過去のものだと言えるのではないでしょうか。それであれば、最初の会社で何をしたい、これからどういうキャリアを構築したいという目線で、働く場所を選んでみるというのもお勧めです。
就活はゴールではなくて、あくまで通過点。『世の中にこんな会社もあるんだ』『こういう考えもあるんだ』『ここ面白そうだな』と楽しみ、働く未来を想像しながら就活してみてください!応援しています!」

新卒採用についてぜひチェックしてみてくださいね!
https://en-gage.net/mirai-works/

————————–

インターンのNさん、緊張しながらも頑張ってインタビューを成功させました!
これからもNさんの活躍は続きます♪