「フリーランスマッチングサービス カオスマップ」を作成・公開しました

「フリーランスマッチングサービス カオスマップ」を作成・公開しました

この度、株式会社みらいワークスは、非営利のフリーランス支援組織「一般社団法人プロフェッショナル&パラレルキャリア・フリーランス協会」(東京都中央区、代表理事 平田麻莉、以下「フリーランス協会」)と協会賛助企業と共同で、外部人材の活用検討を行なう企業向けに「フリーランスマッチングサービス カオスマップ」を作成し、公開しました。

これは、企業の人材不足・人手不足の解消、フリーランス・パラレルワーカーの稼働機会の創出を目的とするジョブ創出プロジェクトの一環とし作成したものです。これまで、複業・兼業・副業を行いたいと考える個人向けのカオスマップは存在したものの、企業が人材リソースの調達手段としてフリーランスなどの外部人材の活用を検討する際に参考とできるカオスマップは存在していませんでした。そこで今回、外部プロ人材のマッチング支援を行なうエージェント各社共同で、職種や業務内容、領域が分かりやすいカオスマップを作成しました。

カオスマップPDFはこちら

フリーランス白書2019にも掲載
このカオスマップはフリーランス協会が3月4日に発行したフリーランス白書2019にも今後のフリーランス・副業人材の活用啓蒙を目的に掲載されています。ジョブ創出プロジェクト参画企業各社からは、合わせて同白書の「第5章 企業がフリーランスを効果的に活用するために」の作成協力も行い、フリーランス・副業人材を活用する際に気をつけるべき点について情報提供を行ないました。
https://blog.freelance-jp.org/survey2019/

■一般社団法人プロフェッショナル&パラレルキャリア・フリーランス協会について
フリーランスとパラレルワーカーの支援を行う非営利団体。「誰もが自律的なキャリアを築ける世の中へ」というビジョンを掲げ、自分の名前で仕事をしたい人のためのインフラ&コミュニティとして、2017年1月の設立以来活動を続ける。年会費1万円で賠償責任補償や所得補償制度、各種優待が使えるベネフィットプラン(福利厚生制度)の提供のほか、キャリア支援PJ、ジョブ創出PJ、パーソナルスコアリングPJ、地方創生PJ、子育て支援PJ、フェアパートナーシップPJなど、様々なプロジェクトが進行し、実態調査や政策提言、多彩なイベント運営等を行っている。『フリーランス&“複”業で働く! 完全ガイド』(日本経済新聞出版社)が好評発売中。
フォロワー総数11,300名、一般会員数1,640名、賛助企業120社。(2019年2月現在)
<会社概要>
法人名:一般社団法人プロフェッショナル&パラレルキャリア・フリーランス協会
代表理事:平田 麻莉
設立日:2017年1月26日(同年4月20日に一般社団法人化)
事業内容:フリーランスの支援活動全般
URL:https://www.freelance-jp.org