日本証券新聞に、代表岡本のコメントが掲載されました。

日本証券新聞に、代表岡本のコメントが掲載されました。

日本証券新聞に、代表岡本が2020年の労働市場展望についてお話した記事が掲載されました。

■日本証券新聞
2020年1月7日(火)

□2020年・労働市場展望 空前の人手不足時代に突入 フリーランス、セカンドキャリア、”関係人口”などの活躍がカギに

「本格的な”人材不足時代”に突入した2019年。株式市場ではフリーランス系企業の新規上場(IPO)が相次いだ。経済全体の労働生産性をあげていくためにはフリーランスの活用、特にホワイトカラーに対する取り組みが重要となる。大企業では副業に関する実証実験などが行われ、これに伴い様々な副業関連サービスが立ち上がり始めた。19年を”解禁元年”とするならば、20年はこうしたサービスが実際に利用され始める”活用元年”となるだろう。」(一部抜粋・中略)

電子版はこちら
https://www.nsjournal.jp/2020年・労働市場展望 空前の人手不足時代に突入/
※ご覧いただくには会員登録が必要です。