「東洋経済ONLINE」に、代表岡本の執筆記事が掲載されました。

「東洋経済ONLINE」に、代表岡本の執筆記事が掲載されました。

東洋経済が運営する日本最大級のビジネスニュースサイト「東洋経済ONLINE」に、代表岡本の執筆記事が掲載されました。

■東洋経済ONLINE
2019年09月12日
https://toyokeizai.net/articles/-/302140

□「社員が休まない会社」が抱える根本的な問題 経営者からみて休みはメリットでしかない
『「自分がいないと仕事が回らないのでは」と心配する社員に気兼ねなく休みを取得してもらうためには、特定の誰かがいない状況でも、ほかの誰かが代わって業務に当たれる状況を作っておくこと。そのためには、マニュアル整備や情報共有、引き継ぎ方法の統一が重要だ。これが「休み方改革」につながる。』(一部抜粋)

企業所属、フリーランス、経営者といった複数の働き方を経験した代表岡本が、「休み方改革」について執筆いたしました。

過去、「働き方改革」に触れた記事も執筆しています。ぜひ比較してご一読ください。
日本人の働き方が「時代遅れ」である根本理由 「働き方改革」に欠けている視点とは?
https://toyokeizai.net/articles/-/216151