WORKS/みらいの働き方

目指すは“仕組みづくりの専門家”。多彩な人たちが活躍できるみらいワークスにするために、仕事の型となるプラットフォームを創りたい。

Engagement部

塚田 真仁

Shinji Tsukada
  • チャレンジングな環境に身を置いて気付いた、「組織とは?人を育てるとは?」

    私は、新卒で半導体商社に入社しました。その会社はいわゆる体育会系で、「仕事は先輩の背中を見て覚えろ」という教え方でした。悩みながらも開き直って仕事を覚え入社して2年目、長野県松本市の支店への転勤の機会があり、自分の成長のチャンスかもしれないと感じ志願しました。今思えば、これが私にとって大きなターニングポイントになりました。
    支店は、とにかく何でも自分でやらないといけない環境でした。逆に言うと、何にでもチャレンジできるんです。一社員でありながら、上のクラスの人たちと渡り歩かなければ仕事が進みませんし、毎日勉強になることばかりでした。
    数年後、本社に戻ってきたのですが、ちょっとしたカルチャーショックを受けたんです。本社では、主任や係長、部長・・・とたくさんの上長がいますが、正直に言うと一人でやらなければならない仕事が多かった支店での仕事とは違い、決定のスピードも含め違和感を感じることが多々ありその時初めて「マネジメントって何だろう?」と考えるようになりました。たくさん本を読みましたが、どうもしっくりこない。ここは一度体系的に勉強しようと思い、MBAへ行くことを決めました。MBA2年目に差し掛かったころ、リスクコンサルタントとして契約社員で働くお話をいただき、MBAでの勉強も続けつつコンサルタントとして働きました。MBA修了後はマネジメントのコンサル会社含め数社、コンサルタントとして従事し、その後みらいワークスと出会いました。
    私は弊社代表と同年代で、生きてきた時代が同じです。それもあって、世の中に対する感じ方に近いものがあり、会社の経営理念もすんなり入ってきましたし、事業内容や課題を伺って「自分でも手伝えることがあるかもしれない」と思い、入社することにしました。

  • 「永遠に続く改善の仕組み」。皆で作り上げるみらいワークスの叡智“みらペディア”。

    今私は、社内の取り組みとして“みらペディア委員会”というものを先に入社された方と一緒に運営しています。“みらペディア”とは、皆がそれぞれの営業活動で知り得たノウハウを「見える化」して共有する仕組みのことなのですが、委員会の活動としてはワークショップ形式でノウハウを収集しみらペディアをアップデートしていくことがメインですが、先輩社員から新入社員への知の共有の場として、またみんなが共通言語を持てる場になるようワークショップの進め方についても力を入れています。みらいワークスは、このような取り組みを「やりたい!」と手を挙げた時に、反対されないところがとても良いところだなと思います。フェーズに合わせて能動的に提案することを、前向きに受け入れてくれるんです。新卒で入社した会社で支店に行った時もそうでしたが、やはり“チャレンジできる環境”というのはとても勉強になりますし、成長のスピードが違うと思います。特に今のみらいワークスは成長フェーズにあるので、既存のものが変わっていったり、新しい取り組みが生まれたり、めまぐるしく変化しています。例えば、この“みらペディア”はこれまでのみらいワークスのノウハウが蓄積されたデータバンクですが、ここに入っている仕事のやり方も今現在、現場で行われているベストの方法かはわかりません。時間とともに何が正しいかも変化します。蓄積されたノウハウを皆で見直し、改善していく。全員が当事者ということです。私のメイン業務は営業ですが、メイン業務はもちろんのこと、これまでやってきたことを活かし、このような取り組みをさせてもらえることにとてもやりがいを感じています。

  • “弟子入り”ではなく、“ノウハウの共有の場”を作りたい。社員教育における仕組みを作ることが私の大切な次のミッション。

    「背中を見て学ぶ」。昔の日本社会では、こういった仕事の教え方が当たり前だったと思います。でも私としてはこれはもう古いと思う。仕事は理論化できるはずです。
    もちろん会社のフェーズにもよりますよね。会社を立ち上げたばかりでとにかく前にどんどん進まなければならない時は、「ちゃんとしたマニュアルを作ってから動こう」という悠長なことは言っていられません。しかし、みらいワークスはそのフェーズは終了し、次の成長フェーズに入っています。続々入社する社員の方々はさまざまな背景を持ち、経験も年齢も多種多様。きっと、それぞれが“常識”と思っていることにも相違があるでしょう。そんな中、重要になってくるのは“型”です。常識や文化が違う人たちが集まった時に「これが標準」と定める仕事の型。それが、とても重要だと思っています。
    その型があることによって、ノウハウを理論的に身に着けることができる。このノウハウがわかって、仕事がうまく動き出すと、もっとチャレンジしたいという気持ちにもなり、きっと仕事が楽しくなると思うんです。
    みらいワークスには「日本のみらいの為に挑戦する人を増やす」という理念があり、「みらイズム」という行動指針もあります。これらに共感した人たちが仲間入りしてくれた時に、ノウハウがわからないばかりにチャレンジ精神をなくしてほしくない。
    だから、活動の基盤となる仕組みを作ることが大切なミッションだと思っています。皆が個性を活かしながら、同じ型を持って活動できる。そんなみらいワークスづくりに貢献していきたいと思っています。

  • mirai
    People

    加藤 祐樹

    Engagement部

    Yuki Kato

    一つの考えに染まらず、広い視野を持ち続けたい。これが私の「働き方改革」。

    もっと読む
  • mirai
    People

    上原 崇広

    管理部

    マネージャー

    Takahiro Uehara

    みらいワークスは、“仕事への理解を深める挑戦”をトコトン応援してくれる会社。

    もっと読む
  • mirai
    People

    久野 芳裕

    Engagement部

    マネージャー

    Yoshihiro Hisano

    心臓外科医から人材紹介会社へ転職。柔軟な働き方を応援してくれる会社で目指す、日本の医療業界の“働き方改革”。

    もっと読む
  • mirai
    People

    石井 まゆみ

    広報・Promotion

    マネージャー

    Mayumi Ishii

    「プロフェッショナル人材と言えばみらいワークス」。新しい働き方の社会インフラのプラットフォームになれるよう、広報マネージャーの挑戦は続く。

    もっと読む